FC2ブログ

救われない命たち

Category : ねころぐ
★お知らせ★
こはる日和.では楽天アフィリエイトで得たポイントで
保健所からの保護猫たちのご飯代や猫砂代に
使用させて頂いています^^
寄付報告もブログ内で行っておりますので
もし良かったらネットでのお買い物の際は
こはる日和.サイドバーの楽天バナーをご利用下さいね!
今現在の獲得ポイントは23300Pです
御協力ありがとうございます!
★犬猫譲渡会のお知らせ 長崎猫の会★

下記の日程で譲渡会を開催します^^

良かったら保護猫たちに逢いに来て下さいね!

日時 12月14日(日) 午後2時から6時まで

場所 佐世保市島瀬公園アーケード側
5127-114.jpg

近県の方もかなり遠い方も^^;是非是非!遊びにいらして下さいませ!

今日は沢山の方に読んで頂きたくて

東京の個人の猫ボラの
KAZUさんのブログに書かれていた記事を転載させて頂きました↓

毎日新聞に掲載されている森絵都さんの『君と一緒に生きよう』
ご覧になられた方も多いと思いますが、転載させて頂きました。

森さんの連載が2008年9月19日で最終回となりました。
最終回は森さん自ら処分場を訪れ、目にされた事が記事になっています。

以下、許可を得て転載致します。

少し長めですが、皆様、是非お読み下さい。



君と一緒に生きよう ~最終回~

『救われない命たち』 

8月の末、私はこの連載最後の取材として某施設を訪ねた。

捨て犬や迷い犬が収容されるセンター、俗にいう保健所だ。

人との出会いで救われた犬の話を伝えつづけた1年だった。

が、それはごくごくひと握りの幸運な例にすぎず、

大多数の捨て犬は救済を待てずに死んでいく。

その現実に直面しつづけた1年でもあった。

私はもう1年前のように単純な気持ちで、犬との生活を人様に勧められない。

簡単に犬を飼う人は簡単に捨てる。飲み物に毛が入るから、

との理由で犬を手放す飼い主がいる。

不妊手術をしていない飼い犬に何度も子犬を産ませ、

そのたびにセンターへ持ちこむリピーターがいる。そんな話を聞きすぎた。

人間の気まぐれで飼われ、捨てられ、センターへ収容された犬はどうなるのか?

最後にそれを伝えてこの連載をしめくくりたい。

犬の不幸を書くのはつらい。

読むのもつらいと思う。無理強いはできない。けれど、できれば目をそらさないでください。

これは遠い世界の惨事ではなく、私たちの社会の片隅に常にある茶飯事なのだから。




その建物は人気のない土地にひっそりとあった。

足を踏み入れると、敷地内の空気は重かった。これは私の感傷のせいかもしれない。

午前9時半、センター職員の案内で犬の収容場所へ通された。

どうか、いませんように。祈りもむなしく、

檻(おり)の中には多くの犬がいた。恐怖で表情を失っている犬。

所在なげに徘徊(はいかい)している犬。

尾を振り寄ってくる犬。その多くは飼い主に捨てられた犬たちだ。

中には首輪をつけた迷い犬もいるけれど、

飼い主が現れる犬は全体の2パーセント程度にすぎないという。

だから、死んでしまうのだろう。

今日ここにいる犬たちも、飼い主が迎えにくると信じたいけれど、

そう信じて救われるのは私だけだ。

実際問題、彼らは数日後に葬られる。その現実を噛(か)みしめながら、

1頭1頭の姿を瞳に刻んでいく。

歩みを進めるにつれ、檻の中にいる犬たちに残された時間は減っていく。

収容されたばかりの犬は一番手前の部屋に入れられ、

日を追うごとに奥へ、奥へと移動させられるのだ。

収容期間は自治体によって異なるが、最も奥の部屋へ行きついたその日が

彼らの命の果てるときだ。

奥へと進むほどに私の足も重くなる。鼓動も速まる。殺処分の時刻が近づいていた。

犬の保護に携わる方々のお陰で今回は特別に許可が下りたが、

通常、殺処分の現場へ部外者は立ち入れない。

どこのセンターでも見学できるのは死の一歩手前までだ。

理由は「規則だから」の一点張りで、なぜそのような規則があるのかと尋ねたところ

「あまりにもショッキングで見せられないため」との声も返ってきた。

「あまりにもショッキング」な方法で犬たちは殺されているわけである。

その日、処分対象の成犬は12頭いた。どの犬も元気で若々しく、

毛並みもきれいで飼い犬となんら変わらない。

彼らだって捨てられるまでは誰かに飼われていたのだ。

今、この瞬間も飼い主が迎えにくるのを待っているかもしれない。

しかし、迎えは現れない。死へ直結する最後の部屋にいた彼らは、

リモート操作で動く壁により、否(いや)応なしに通路へ追われていく。

最後までいやがり、逃げまわっている白い犬がいた。

白熊(しろくま)みたいにもこもことした中型犬。人懐っこそうなその犬も、

ついには通路へ追いやられた。

今度は通路の壁が動き、12頭をガス室へと誘導する。

人の手を一切介することなく、彼らは処刑場に収納された。

ガス室はステンレス製の四角い箱型で、側面にはのぞき窓がついている。

その窓から見える12頭は皆、ひどく混乱しておろおろとしている。

ここはどこ? 何が始まるの? 恐怖と不安で息が荒い。

炭酸ガスの注入が始まると、ますますその息は荒くなる。

そして彼らはがくがくと痙攣(けいれん)を始める。

1頭、また1頭と倒れていく中で、さっきの白い犬が窓ガラスを隔てた私たちの存在に気づいた。

助けを求めるようにやってくる。

最後の力をふりしぼって窓ガラスに前脚をかける。

目が合った。死にたくないと全力で訴えている目。

ごめんね。

私には心で謝るしかできなかった。

ごめんね。助けてあげられない。あなたの名前もわからないから、誰にも伝えてあげられない。

これだけ鮮明な死を前にして何もしないのは、

私が殺しているのも同然だ。そう思いながら犬たちの絶命を見届けた。

炭酸ガスの注入から数分後には、どの犬も動きをなくしていた。

苦しみ、あえぎながらみんな死んでしまった。

「なぜせめて安楽死をさせてやれないんだろうね」

殺処分から十数分後、職員のひとりがガス室に入り、

12頭の臨終を確認していった。1頭1頭きれいに横たえ、

両手を合わせるその目は濡(ぬ)れていた。

「毎回、涙が出る」

多い日には30頭以上が処分を受けるという。

それが日本各地のセンターで毎朝くりかえされている。

一方でペット産業は大いに栄え、インターネットのオークションでは1円から犬が取引されている。

この社会は果たして健全だろうか。

私たちは子供に「命を大切にしましょう」と言えるのか。

生きたい。そう叫んでいた犬の瞳を脳裏に焼きつけ、今後も考えつづけたい。



「あなたはどう感じましたか?」


転載ここまで…






私には忘れられない写真があります

それは…

子猫の保健所への持込がピークに達した時期

毎週月曜日保健所への持ち込み数を確認するボランティアをされている

長崎のメンバーのとらきちさんが撮った一枚の写真

この時期、私達メンバーはみな手一杯で

保健所から引き出して隔離して病気の有無を確認する場所さえなかった

キャパを超えたら助かる命さえ不幸にしてしまうからと

引き出しは全く出来なかった

そんな時に保健所で撮られた一枚











10114267952.jpg

もうこの世にはいない、この子の目が忘れられません

助けることが出来ない命ばかりで

切なくなります

殺される為に生まれてきたんじゃないよね

ごめんね…ごめんねと何度も詫びた

私達がこの一年どんなに頑張っても

長崎市の猫の持ち込みピーク時の1日の殺処分数さえ

救えていない



元を止めなきゃと思う

元を止める方法を考えなきゃいけないと思う




君をそこに連れてきた人が君を忘れても

私達は君の事を忘れない




声を上げ続けなければ

この国の動物行政は変わらない

私達の時代で

変わって欲しい

みんな幸せになる為に生まれてくるのだから


今日は悲しい話ばかりですみません

明日からまたいつもの更新に戻りますね

今度の譲渡会は保健所から来た子が出ます

また写真で紹介しますね

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログへ
いつも応援有難うございます!お手数をお掛けしてスミマセン^^;

~スポンサーリンク~
【Pets!】22日は『猫の日』送料無料キャンペーン♪

 Pets! SHOP~ペットの為のペットサイト~





テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

Comment

No title

今更ですが、こちらの記事を読ませていただきました。

悲しいです。本当に。

はじめまして

私はこの写真の子猫を知りません。初めて見ました。
なのに涙が止まりません。
私も助けてあげれられなくてゴメンナサイと言うしか出来ません。

悲しい事実は知っているけど、どうしてあげることもできない現実。
何かを訴えてるこの子が哀れで心が痛みます。

はじめまして。毎日楽しく記事を拝見しています。
ろーずまりーさんの活動をいつもパソコンの前でしか応援できません。
記事は楽しいことだけじゃなく、いろいろ考えさせられたり思わず泣いてしまうような内容もあって、命の重みをいつも感じさせられてます。

今回の記事。
私も途中で読めなくなりました。
読めなくなっただけではなく、呼吸することもできないくらいショックでした。
思いが溢れて処理しきれなくなるなんて。
写真も音声も無く文字だけで、なんというチカラでしょう。

私はブログを持っていませんがmixiで日記は書いています。
ぜひこの記事をいろんな方に読んでもらいたい。

そう。
保健所に安易に捨てに来る人たちを、元を減らさなければ!
人の考え方を変えてもらわなければいけないんですよね。

KAZUさんのブログに行って転載の許可を頂こうと思います。
ありがとうございました。

知る

保健所で犬達が安楽死ではなく、苦しみながら死ぬということを、最近まで知りませんでした。長崎で活動されている方に猫の場合、犬よりももっと命の期限が短いと聞きショックでした。

ショックだけど、現実を知らないままよりいい。現実を知る。

昔は、可愛い子犬や子猫がいるペットショップをみるのが楽しみでした。でも
犬や猫をファッションのように扱うペットブームそしてブームに乗せられて買ったものの飼いきれなくて安易に捨てる飼い主が多い現状を知るにつけ、命を
商売にすることに違和感を覚えるようになり、最近ではペットショップにいる子
達を見ると胸が苦しくなります。
人気種の無理な繁殖、悪質なブリーダーや業者への行政の取り締まりも
必要ですし、飼い主もまずは捨てないこと、そして増やしても育てる責任がとれそうにないなら不妊・去勢手術をするという最低限のことをするべきですよね。
私は少しですが、公園猫ボラをしてます。それを言うと皆「偉いね」「優しいね」っていうけど実際には、猫に自分が救われていると感じてるので、そういわれると不思議な気持ちになります。
人間を癒してくれる動物に対して裏切る人間にはなりたくないと思っています。
上手くまとめられないですけど、「救えない命」を増やさぬよう各自
自分のできる範囲でがんばっていきましょう!

辛い。

現実に起きている事。
けど、きれいごとを受け入れていたい自分はそこには目を向けたくない。
実際、処分されているって事を感じると辛くなるのでそれすらもあまり触れない。

けど、それをどうにかしようと努力してる人は、綺麗な心の持ち主で小さな
動物をいたわることができる優しい人たち。
通常の人よりももっともっと胸を痛めてるんだと感じました。

捨てられたわんちゃん達は最後まで飼い主を待ってて信じてると、犬の
忠誠心を考えたら思います。
同じ生き物として信頼関係に差はないと思います。
自分が捨てられたって感じたら悲しいと思う。

写真の子猫。
ちょうどシャーと同じくらいの大きさです。
あんな小さな子が外でSOSの叫びを上げてるときに誰も外に出てこなかった
のを少し疑問に感じました。
外に居る時は普通に何かあったらどうしよう・・・って心配でした。

写真の子猫。
ほんまかわいい。綺麗な目。

何もできませんが、少しできることがあれば今回のシャーのように
何かしてみようかと思います。

ろーずまりーさん
ブログで笑わせてくれたり、考えさせてくれたりいつもありがとうございます。

ろーずまりーさんありがとう。
よくこの記事を紹介してくれました。

私は、このシリーズを毎回欠かさず読みました。
最終回は、涙で一気には読むことができませんでした。

私は、この現場をつぶさに見学したことがあります。
最後に、あのガス室で死んでいく犬たちの目が
今も脳裏に焼き付いています。
人間の身勝手で殺されていくその姿を、
今でもはっきり覚えています。苦しまないなんて嘘です。
「なんで?何で!!」と犬たちの恐怖におびえる眼を忘れられません。
もがきながら、だんだんと動きを止める犬たちの姿。
そして、そのまま焼却室へ送られるのです。
泣きながらも、目を逸らすことはできませんでした。

そして、クリアケースに入れられ、山と積まれた骨。
それは3~4ヶ月分ですという説明でした。

そこで働く人たちの話も聞きました。
「身勝手な人間のなんと多いことかと・・
悔しく、むなしくなりますよ。犬たちには何の罪もない」と。
飽きたから、吠えるから、大きくなりすぎたから、
引っ越すから、別の犬を飼ったからetc

死を待つケージには、もちろん猫たちもいました。

今日の記事を読みながら、またあの悲しい眼を思い出しました。

こんばんは
コメントではお久しぶりです

毎日楽しみにお邪魔しています
行動に起こせなく心苦しい毎日ですが
私なりに出来る事で頑張っています
一昨日から大阪の猫捕りから公園猫を救いたい
とパウエイドさんの記事をリンクさせて貰っています
ぜひ今日の記事を転載させて下さい
よろしくお願いします

同感です

本当に悲しくなります。
人間に「飼われて」いないと生きてはいけないなんて・・・・人間って本当に勝手だなと思います。

私はペットショップで猫を買ったけど、今はペットショップもなくなればいいのにと思います。
外国のように、捨て犬も捨て猫もそうでない動物も、センターで引き取るようにすれば、救われる命はたくさんあるのにな。

残酷です・・・。

mixiからお邪魔させていただいて、毎日HPを楽しく見させていただいてます。

自分もアパート暮らしなので、ネコを飼いたくても飼えない環境で小さな命を救えなくて悲しいです。

ペットも人間のワガママやステータスで飼われ、用がなくなれば捨てる。
挙句の果てにはペットを商売道具で扱われ営利を得る。悲しい現実ですよね・・・。

テレビでペットが売られてるのを見るとやりきれない気持ちになります。

ローズマリーさん達が一生懸命、小さな命を救おうとしてる行動には頭が下がります。

行政も自分たちのことばかり考えないで、こういった動物たちにも目を向けてほしいです。

いまは1匹でも多くの動物たちが救われますようにとしか書けません。

幼くして旅立った動物たちに神のご加護を与えください。

リアルで拝読してました。

M新聞とってたので......。
保健所の事、うすうすはわかってたけど、かなりショックで涙が溢れました。
取材された森さんもさぞお辛かったこととお察ししました。

KAZUさんのところで、ぶんたたさんのところで読みました。

名無しの子猫ちゃん
許してくれなんて言わない。
ごめんね。

私たちは何をしてるんだ !?

私のブログにも貼らせてもらいました。
訪問者さんは少なくても、自分自身の刺激になります。
この現状を決して忘れないために。常に心にとどめるために。
自分には何も出来ない などと言ってる場合ではないのです。
そうこうしてる日にも多くの命が葬り去られている。
自分にも何か出来ることがきっとあるはず。
大きいこととか ちっさいこととか そんなこと関係なく、
この現状を誰かに話したりブログに貼ったり。
誰かが犬・猫を飼いたいと言ったら
「ペットショップで買わないで、里親さんになってあげて」と勧めたり。

KAZUさんやろーずまりーさんや保護活動されてるみなさんのご苦労は
それはそれは想像以上のことでしょう。
アタシにはとてもそこまでは。。。という方もいます。当然です。
ご自分の手元の命が最優先ですもの。
最後まで面倒をみるのが基本ですから。
でも 私たちは もう 何かしなければいけないんです。
ほんとにそう思いました。

すっごく長くてごめんなさい。

記事を読む勇気がありませんでした。
仔猫の写真、切なくて胸が打たれました。
こんな弱い私は何もできずにいます。
我が家には捨て猫2匹と里親募集で我が家にきた
猫1匹の合計3匹います。
とても愛おしい存在です。

皆さんと同感でこの世に無駄な命はありません。
命をつなぐローズマリーさん達の活動には
頭が下がります。
これからも活動を遠くから応援しています。
ご自愛してください。


難しいもんだいですね。。。

私も、普段からいつもこういう問題を考えているわけではないので、えらそうなことは書けないんですが……。ふと思ったことを書きます。

まず、犬や猫ちゃんを登録せずに飼うことにペナルティが無いのは、結局、責任の所在が曖昧になるので、愛護法推進とセットで登録の仕組みづくりが進まないのかな、と時々思います。
それに、捨てる方に、引き取り前にこの実態(ビデオでも)を見ていただくことを義務付ける、里親探しのやり方を指導する、しつけのアドバイスを行うボランティアを紹介する、など、最初のハードルを超えるまでのネット作るなどの、仕組みづくりはできないのかなと思います。。。
知らなかったり、ちょっとしたアドバイスで、救われる命も、多いと思うのです。持ち込む方も、何が何でもそう(殺処分)して欲しい、と言う人がほとんどとは、思えないのです。

と、思っただけで行動しない、私も駄目かもしれない……。
どこまでもこんがらかった毛玉をほどいているようで、苦しいですね。
憤り、哀しみ、模索、行き止まり……。
自分の考えや、感情を整理整頓するのも難しいです。

なぜ安楽死なんてつかうんでしょう?苦しんで死んでいくのに・・
やはり苦しんで死んでいく姿を世間に知ってもらうことではないでしょうか?
ペットショップで生体販売しているのを見るのもつらいです。
今のこの国はどこに向かってるのでしょうか?

ありがとうございます

ローズマリーさん、こんばんは。貴重な記事の転載をありがとうございました。ローズマリーさんのブログを読みながら、涙をぼとぼと落としてしまいました。人間は自らの命を断つということをしてしまいますが、動物はきっと死にたいなんて思わないでしょう。そう考えると、日々人間の都合により死んでいく動物がよけいに気の毒です。わたしが今出来ること、やっていることは本当に微々たるものです。ローズマリーさんの活動の足もとにも及びませんが、まずは自分が意識することがはじめの一歩だと思うようにしてます。ローズマリーさん、ありがとう。

泣いてしまいました
この文章を打っていたろーずまりーさんの気持ちを考えるとまた涙が出てしまいます
こうしている間にも消えて行く命があると思うと・・・
直接保護活動に加われない自分も歯がゆいのですが・・・
出来る事から、まずは出来る事から・・・と思ってます

悲しすぎますね。。。

初めてコメントさせていただきます。 いつも読み逃げばかりですみません。
でも今日はこの最後の写真の子猫ちゃんの目がつらすぎて涙がでてきました。

命の大きさはどんな動物でも同じです、なのに物扱いされて、せっかく生まれてきても楽しいことも嬉しいことも感じることなく、闇に葬られていく状況は
決してこの国が先進国とは言えないと思います。
捨てる飼い主に実際にこのガスのボタンを押させるべきです。
安楽死させるなら抱いた腕の中で見させるべきです。
私は今、こういったところから保護された犬の預かりをしています。
このくらいのことしかできませんが、1匹預かることでまた他の子たちに光があたるのです。
小さいことですが、少しでも助かるのなら、続けるつもりです。

記事の転載、ありがとうございました。
残酷な現状はわかっているつもりでも、
いつも心の隅にとどめているつもりでも、
改めて心につきささります。

記事を拝見して、あふれそうになる涙をこらえ、
「目をそらすな、泣くな!自分が泣いたって
何も変わらない」と言い聞かせました。

でも、皆さんがおっしゃるように、ひとりひとりが
できることをやっていけば、少しずつでも変わって
いくと信じてます。
ましてや、ろーずまりーさんたち、すばらしい活動を
されている方々もいらっしゃるのだから!!

犬や猫のガス室の話は、ここで知りました。
彼らは安楽死なんかではなく、窒息死だと。
こんな惨い死なせ方しか行政は行えない
のかとショックでした。
人の我が儘で殺されていrく犬・猫たち。
あまりにかわいそうでうちで犬も飼えたら
と思ってしまいます。
ペット不可の公社住宅で住んでいるか
ら、これ以上は受け入れられない私が、
歯がゆいです。
ローズマリーさんがしている事だって大変
そう。
天国へ行ってしまった、犬・猫ちゃんたちが
今度は飼い主とめぐり合えますよう祈るば
かりです。

うちも2匹が限界かなと思って、救えなくてごめんと思う。
人間は欲しがりすぎだ。もっと違う価値観を持った方が幸せに近づけると思う。
日本以外の国はやっている国もあるのだから・・・。
でも、行動しなくて、申し訳ない。同じ地球に生きる者として。
できることや、時期があれば協力します。こんな私ですが・・・。

殺人事件はニュースになるのにね。
私には同じ重さの命としか思えません。

知ってはいても

悲しいです。
田舎であるこのあたりでは今も子猫を川に流すなんてことも耳にします。
「モノ」と同じにしか扱われない命があるなんて悲しすぎます。
さっきまで家族だったコたちを捨てる人がいることも悲しいです。
何もお手伝い出来なくてごめんなさい。
遠くから応援するだけでごめんなさい。

このブログを知ってから色々勉強させていただいています。
ありがとうございます。
変なコメントでごめんなさい。
感謝しています。

ありがとうございます

貴重な経験をシェアさせていただいてありがとうございます。
殺されるために生まれてきたんじゃない、、、。
何の疑いも知らないこの子猫の写真をみて涙がでました。
第一線でかかわっているローズマリーさんたちは本当にすごい。
私はまだこのような現実を見つめる勇気がありません。
でも、できることはやっていこうと思います。
とてもつらい記事ですね、でもローズマリーさんのような方たちがいるってこと素晴らしいです。動物たちにとっての女神様のような人ですね。

とにかく

私には 不妊手術しか 思い浮かばない。 どんなに どんなに がんばっても 追いつかないから。 限界があって たとえ家の中で飼ってあげられなくても 捕獲して 不妊手術。それだって限界があって。 こんな私は 涙で目の淵が痛くて最期まで 読めなかった。ごめんなさい。仔猫をみかけると わぁ可愛いという気持ちがした頃もあったけど、今は胸が痛んでしまう。 くじけそうになると こはるちゃんに 喝を入れてもらいに ろーずまりーさんに会いに ここにやってくるのです。

猫好き南国でQ♪

悲しい現実を知らない人・知らないふりをする人が多い中、あえて立ち向かっていくローズマリーさん他すべての方に敬意を表します。

そして、私は何も出来ない・・・と、思っている方がいるとしたら、
それは絶対に違います!!!

猫ボラの方達の作成しているカレンダーを買ってみませんか?
500円でも、1000円でも、寄付をしてみませんか?
近所にいる野良猫たちを一匹でも虚勢・避妊させてあげませんか?
野良猫の餌やり糞掃除を手伝ってみませんか?
あなたの大切な人たちにこの問題を、命の話を伝えてみませんか?
犬・猫を欲しがっている人に、里親募集サイトを紹介してみませんか?

その行動すべてが、力になるのです!!私達一人ひとりが小さな行動を起こすだけでも大きなパワーになるのです!!!

ローズマリーさんのブログには、私達を動かす力があります♪
救えなかった命の為にも、ご自分の活動に自身と誇りをもって、がんばってください。

大丈夫です。その輪は確実に広がっています。。。
出来なかったことより、出来ること!!に感謝して元気に楽しくいきましょうね♪

私も私に出来ること・・・ほんとに小さいことですが(^.^;)行動にしていきます♪

ローズマリーさん、お仲間の皆様にはいつも応援・感謝しています。
ありがとうございます。

写真の仔は・・・・・私もわすれません。。。

変えなくては、の思いが束になって大きな流れになるように

毎日拝見しています。ローズマリーさんのご活躍にいつも
頭が下がります。猫ちゃんたちも超かわいい~♪♪♪

先日日本TVで処分場の現実を放映されました。
私はつらくて最後まで見られませんでした。
それ程恐ろしい事を人生の伴侶にもなりうる、心ある動物にしているのですね。毎日毎日、日本中で・・・・。

私にも2頭の猫がいます。伴侶です。決してつらい思いはさせたくない。
そしてそれは、どの動物にだって思います。

日本の動物行政は変えなければいけないです。
まず元を断つ事をしなくてはけないと思います。

愛すべき犬や猫をあんな恐ろしい方法で毎日殺しているのに、
クリスマスイルミーネションで飾り立てるような社会は思いっきりゆがんでいると
思います。

どうしたらいいのでしょう。いず私自身がしっかり立つことから、かな。
頑張らないといけないです。同じ思いが束になって大きな流れになるように。

救える数も僅かなら この現実に関心がある人も僅か そして自分の家族が保健所にいたらと自分のことのように考える人も僅か 涙を流すも僅かなのではないでしょうか。そしてろーずまりーさんのように心を痛めながら活動してくださる人も僅かですね。そして無関心 動物は飾りで飽きてしまえば捨て場所があるから捨てに来ると思っている人の数はこの世にどの位いるのでしょう。。動物は意思や気持ちなど持たないと思っている人の多さが現実だと思います。 人はいつから勝手に命を増やしたり減らしたりするようになったのでしょう。
でも心を痛めでも個人ではどうする事も出来ないと悩んでる人も沢山いると思います。今のこの現実に異議を唱える活動に個人でも参加出来るしくみがあればと思いながらも毎日が過ぎていってしまいます。

ごめんなさい。何もできない私を許してください。そして、ろーずまりー様、いっしょに活動してくださっている皆様。ありがとうございます。一匹でも、どこかで殺される運命にあった命が救って頂けていると思うと、ホッとします。自分の不甲斐なさを再認識もしてしまいますが、それでも、人間の身勝手の犠牲になるコが減った、と思うと”よかった”と思います。

”飲み物に毛が入る”のが殺処分の理由になるのを初めて知りました。同じ人間としてショックでした。それとも、別の世界の生き物なのでしょうか。私にとって猫は家族でした。お空に出発した後は、しばらく、ほかの子を飼う気にはなれません。でも、次に飼うときも、近所の野良猫を拾うんじゃないかな。だから、高いお金を払って動物を買ってきて、不潔だったから捨てる(殺す)という人は、私は理解できないのです。小さい人間でスイマセンが、そんなことを理解するのが人間として大きいなら、私は小さくていいです。

長くなってしまって申し訳ないです。ろーずまりー様、活動してくださっている皆様。これからも、かわいそうなコが一匹でも少なくなるよう、よろしくお願いします。そして、勇気のない私を許して下さい。

わんにゃん達。ごめんなさい。

私にも忘れられない写真があります

私にも何か出来る 一歩前に踏み出すきっかけになった写真です

一人一人の出来る事は小さいです
でもその小さな事がたくさん集まって大きな力になる
そう信じてます
頑張って下さい

☆頑張って下さい!!!!!

何も出来ない私たちはローズマリーさんを応援しています!
      〃                尊敬しています!
元を断つ!
↑安易に保健所に持ち込む人間の心を変えるのは難しいですね?!
私はテレビなどで保健所の実態を見るたびにその「飼えなくなった理由」に怒りを覚えます!
その非情の飼い主に最後の瞬間を見せたらと思います!

一歩一歩

多く書くことできません・・・すいません、これだけ・・・出来る範囲でガンバルしかない。

同感です

はじめまして。こんばんは。いつも楽しんで読ませていただいています。

私も去年仔猫を保護しました。
へその緒がついたサイズで、初めて育てるのには難しく、2匹のうち片方は救えませんでした。
思い出すと、未だに、本当は助けられたんじゃないか、
もっと出来ることがあったんじゃないか、と考えてしまいます。

ホームセンターが好きでよく利用しますが、片隅のペットコーナーに犬猫が売られていることが多いですね。
家の中の物と同じような手軽さで生き物が買えるような社会、見るたびにやるせない気持ちになります。

元を変えなければいけない、同感です。

ローズマリーさんのような保護活動が出来ない環境ににいても、
別の形で出来ることがないか、考えて見ます。

私も昨日、KAZUさんのところで読みました…途中まで
辛くなってその先がどうしても読めなかった弱い私です。
そして今日も…
決して目を逸らしてはいけないことなのに、わかっているのに。
ろーずまりーさんや、保護に関わっていらっしゃる方には
ただただ頭が下がるだけです。ごめんなさい何もできなくて
自分が情けないです

何も疑うことを知らない目
生まれてきてごめんなさいじゃなく
生まれてきてありがとうって
どうして言ってあげることができないのか
無駄な命なんて何一つないのに…
ろーずまりーさんご自分を責めないでください!
おっしゃるように元を変えなければ何も変わらない
そのためには1人でも多くの人に知ってもらうため
私にも出来ることから声を上げていこうと思います。
ブログを持っていない私はただ応援することしか出来ませんが
それしかできなくてごめんなさい
本当にごめんなさい

頭が下がります・・

こんばんは
KAZUさんのところの昨日の記事はわがブログにも転載させていただきました
今夜の記事もとても悲しくて苦しい記事です
でも、KAZUさんやローズマリーさん達はとても頑張っていらっしゃると思います
何もできないでいる僕らよりもものすごく素晴らしい人たちだと思います

この写真の子の目
確かにせまってくるものがあります
今はもうこの世にいない・・と考えるだけで心臓が痛くなります
泣くなんて生易しいものじゃないです
ローズマリーさん
ご自分を責めないでくださいね
元を断とうとする努力
これはいつかは必ず実を結ぶと思います
そう思いたいです
日本人がこれ以上悲しい人間にならないためにも
僕達もブログや掲示板を使って「声」を出していこうと思います
とても小さな声ですが多くの人の声が集まればきっと大きな力になるはずです
頑張っていきましょう
いつも応援しています
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペットと暮らす責任。

基本的に嫌な話題は書かないことにしていますが… 今日は書いてしまいます。 辛い話、腹が立つ話は読めない人は回れ右。 ■□■□■□■□■□ 本日、実家のコロが膀胱炎になったので病院に。 検査結果をまっていると、熟年夫婦が先生と話をしている。 どうも...
プロフィール

ろーずまりー。

Author:ろーずまりー。
長崎県佐世保市在住です

●こはる日和へのメールはこちら↓●

chibiumeharu777☆yahoo.co.jp

☆を@に変更して下さいね!

(大変申し訳ありませんが

保護依頼は一切受けておりません

子猫の育児相談・野良猫相談等は

時間的体力的に無理なので

全てのメールに対応出来ない場合がありますので

予めご了承下さいね^^)

医療相談は素人ですから

無責任になりますので相談は受けていません

こうめたんの角膜炎から角膜潰瘍

角膜穿孔の

治療等(フラップ手術)の経緯については

こちらを参考にされて下さい↓

http://daijyoyuukoharu.blog62.fc2.com/blog-entry-516.html

http://daijyoyuukoharu.blog62.fc2.com/blog-entry-481.html

●こはる日和はランキングに参加しています●
4ニャンへ応援クリックお願いします↓
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 猫ブログへ

●著作権について●

こはる日和内の文章及び写真の著作権は
管理人ろーずまりーにあります。
他のブログ・HP・掲示板等への転載を一切禁止します。
画像の使用に関しては
個人のパソコン内に限らせて頂きます。


●出演猫紹介●

kochibikun.jpg
こちび君ことニャンコ先生♂
1995年5月4日、目が開いたばかりの頃に
ろーずまりー家の庭に捨てられる。
里親募集をしたが問い合わせがなく
そのままろーずまりー家の一員へ
性格はおっとりで面倒見がよく優しいので
みんなから好かれるニャンコ先生だが
本当は年上好き♪
2015年3月21日午後12時05分
慢性腎不全の為
19歳11カ月で旅立ちました。

koharusama.jpg
こはるちゃん(こはる姐さん)♀
2002年4月の中旬
ろーずまりーの勤務先のドアの前で
行き倒れていた所を保護(成猫)
虐待によると思われるパニック症状があった為
里親募集はせずにそのままろーずまりー家へ
コチ君が大好きなのだが
素直になれないキレキャラ
2012年9月1日午前1時天国からのオファーが来て
大女優こはるは潔く旅立ちました。
11歳 
病名は 消化器系LGLリンパ腫



koumetan.jpg
こうめちゃん(こうめたん)♀
2006年7月8日ろーずまりーの勤務先の
ビルの中で保護(生後2ヶ月)
保護当時猫風邪がひどくブチャイクだったので
里親募集はせずにそのまま
ろーずまりー家の一員へ
甘えたさんで世話好きさんの保母キャラ
chimakisan.jpg
ちまきちゃん(ちまたん)♀
2007年7月5日道路の真ん中を歩いている所を
保護され(生後2ヶ月半)
里親募集をする為にろーずまりー家で
預かる事に…しかし車酔いがひどく募集を断念
そのままろーずまりー家の一員へ
世話好きなこうめ保母とニャンコ先生のお陰で
伸び伸びと育っています。

長崎猫の会.HPです
長崎猫の会.

こはる屋.です

こはる屋.f

全国犬猫助成金リスト

ぜんこく犬猫助成金リスト


インスタグラム

こはすたぐらむ

twitterやってます

こはる日和._twitter.jpg

mixiページ
猫様のお世話係のつぶやき

mixi.jpg

facebook

fecebook

皆様のお陰で
こうめたんがYou tube Video Awards jp2011の
ペット動物部門大賞を受賞しました^^



猫のお世話係検定フォトムービーです^^




こはるちゃん達が出てます^^



長崎猫の会.保護猫さんたち掲載の

児童書です。

長崎猫の会.編著



こはるちゃんがインタビューを受けました^^

アイリスペットどっとコム





猫用湯たんぽなどを購入しています^^







乾燥性敏感肌の方に是非お奨め



真冬の肌にはコレが欠かせません
めちゃ効きますよ




保護猫用お奨めの殺菌剤です


お奨めペットキャリーです




巨大結腸症のコチ君はコレ↓(ペット健康便さん)

2010年秋からコレを食べています




いつまでも美しくいて欲しいから

こはる姐さんはコレ




保護猫用猫砂はコレを使っています^^










時々ブログに出てくる
我が家の猫さん全員が大好きな猫缶です↓






乳飲み子保護したら





哺乳瓶はコレ





子猫用フードはコレ



美味しいらしい





中猫さんはコレ




若い猫さんはコレ



男子用




女子用



保護猫トイレはケージに入るから

やっぱりこれ↓



女子はこのサイズでも快適みたいです





多頭飼いや大きい子は








我が家の最新のキャットタワーです

高齢猫さんでも登れる低い段差が素敵です^^

コチ君お気に入りです!




トフカスサンドならココがお買い得
税込み3150円で送料無料
爽快ドラッグさん↓



いぬたま&ねこたまのMKひのきの紙砂↓


いぬたま&ねこたまのMKトフカス森の香↓



ペッツビレッジクロス↓



完全有機栽培猫草ニャッパ↓猫用品のゴロにゃん






松波動物病院です↓
保護猫のお薬でお世話になっています






我が家で使用しているカメラです




2015年からはコレ




(これは動き回る子猫には向いてなかったので手放しました)


コレ↓



カレンダーはコレで撮影していました



その後




pentax kp


更に2017年購入




ニコン d7200


2018年購入






ニコン d500



安く買いたいならまずは検索↓




個人的に照明器具マニアなので


旅行行くなら


アジアン雑貨屋さんです










ネコまるでご紹介して頂きました^^



猫生活7月号に掲載して頂きました





こはるちゃんが出ています




吉川景都先生とのコラボ企画で

我が家の4にゃんずが漫画で登場しています^^

帯コメントを書かせて頂きました!

































イイ歌です↓





☆ペットを愛する人たちの為の
コミュニティサイトで
こはる日和を紹介して頂きました☆
サイトはこちら↓
E-petwebへGO!

☆女性にとって「残したい・伝えたい」、
価値ある情報をみんなでノートしよう!☆
サイトはこちら↓
B-noteへGО!

WebSpace 無料レンタル掲示板・日記

障害者スポーツ応援クリック募金



☆トラバックについてのお知らせ☆
スパムが多くてトラバックを承認制にしています。

☆ブログの内容に関係のないコメント
(スパム・宣伝目的と思しき内容)
または嫌がらせ・言いがかり・不愉快な内容など悪質コメントと
管理人が判断した場合は予告なく
削除させて頂きますので予めご了承下さい。

また他のサイトへのリンクもご遠慮下さいませ。

☆ただ今コメントのお返事はお休みさせて頂いて
いますが、いつも楽しく読ませて頂いています^^
コメレスしなくて大変心苦しいのですが
それでもいいよと…
コメントを残して下さると大変嬉しいです!☆

コメント頂きました!
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
Powered By FC2ブログ
skyticket 無料blog 無料・レンタル・掲示板 アフィリエイト カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
70匹の里親募集
河原猫ブログへ"
リンク