FC2ブログ

避妊手術が出来ない理由

Category : ねころぐ
以前コメント欄で「最初の発情が来る前に避妊手術をされた方が

病気のリスクを減らせるのでいいですよ」と

アドバイスを頂いていまして

皆様に今回の事をお知らせすべきかどうか、かなり迷いましたが

もしかしたら避妊手術が出来ないままかもしれないので

事前に説明をさせて頂いた方がいいのではないかとの

結論に至りましたのでお知らせさせていただきます↓


生後約5ヶ月半になる我が家のちまたんですが

実は先週の木曜日(27日)の夕方

退院したばかりのこうめたんをさとぴーに見てもらってる間に

ちまたんとコチ君を病院へ連れて行きました。

4883-1-3497.jpg

コチ君はいつもの浣腸でしたが

ちまたんは避妊手術までに

どうしても気がかりな点がありましたので

事前に診て頂く事に…

ご存知の通り

ちまたんは保護当時

激しい運動をさせると口で呼吸をしていました



4883-2-3497.jpg

先代猫の中にも心肺機能が弱い子で同じように

子猫の時に口で呼吸をする子が居たので

そのうち治るだろう程度にしか考えていませんでした

生後4ヶ月の頃には口呼吸がまったく見られなくなりましたので

治ったのだろうと…

ただよく休んでいる事が多い点や相変わらず車酔いをしたりと

普通の子猫とは違うなと漠然と感じてはいたのですが…

体重は普通に増加しているし

私の思い過ごしだろうと…


そして今回のこうめたんの入退院で

こうめたんに遊んでもらえなくて、寂しいだろうからと

おもちゃで遊んであげましたら

6分ほどでハアハアと口呼吸を始めました。

まだ治っていなかったのです

よくよく観察すると

ちまたんは一人遊びをしていて苦しくなると休んでいる

自分で呼吸が苦しくなるのを分かっているから

苦しくなる前にセーブするようになっていたんです

それが私に遊んでもらって嬉しかったのか自制が利かなくなって

口呼吸をしたようなのです


先代猫のヒメ様を思い出しました

ヒメ様は19歳の時、高齢による心疾患になりました

そのヒメ様がよく口呼吸をしていたのです

そしてちまたんが最初に口呼吸をした時の投稿に

口呼吸をする子は心疾患があることが多いので気をつけてと

コメントを頂いたのを思い出しました。


もしかしたら先天的に気管支か肺か心臓に欠陥があるのではないかと…


このまま避妊手術を受けさせるのに不安がありました。



これらの症状を掛かり付けの獣医師に相談し

診て頂きましたら、やはり心音が普通と少し違うとの事

コチ君の心音と比べて聞かせて頂きましたら

確かに違う

一音と二音の境目が分かりにくい

たぶん左心系の異常で運動不耐性ではないかと


4883-8-3497.jpg

病院から頂いたものです

避妊手術は全身麻酔を掛けるのでかなりのリスクがあり

大変申し訳ありませんが当院では受けれませんとの事でした。

先天性心疾患は犬は1000匹に1匹ですので症例も多く

掛かり付けの獣医師も犬なら出来ますと


ただ猫の場合は2000匹に1匹で症例が少なく

重篤な心疾患の外科手術など全国的にも症例がないそうです


こうめたんが退院してきたばかりでしたので

やっと立ち上がったのに



また地面にめり込む位落ち込みました

落ち込んだまま

病院を出て

帰路につきました。


運転しながら…


「こんなに小さいのにな」




なんて…


4883-3-3497.jpg

ちまたんを見ていたら涙が出てきましたが

そんな私に

後部座席から


「ろーずまりー!何グズグズしているんだ!飛ばせ!飛ばして

一刻も早く家に帰れ!」と

浣腸されたニャンコ先生の激が飛びました…


家に帰ってニャンコ先生にウンチをさせて

ニャンコ先生の尻を拭いていると


さとぴーがやってきたので

先生から言われた事を説明しました


するとさとぴーは






「本当に心疾患なら里子に出さなくて良かったね


うちだから気付いてあげられたかもしれないやん


よそに出してたら、もしかしたら気付かれないまま


避妊手術されていたかもしれないしね」と


私が思っていた事と同じ事を言ってくれたので

嬉しくなりました。



それから2日掛かりで病気や症例について調べたり

専門医を探したりと前向きに頑張りました。

ちまたんは強運の猫さんなのだからと自分に言い聞かせて


間違いであって欲しい


だから専門医に見せる事にしました。


幸いに自宅から車で2時間半程度の場所に

循環器の専門病院がありました

(長崎県西彼杵郡時津町というところです^^)

ただ

ちまたんてば

車に弱いので耐えれるかどうか…



先週の土曜日に事前にその病院に電話をして

ある程度の説明をさせて頂き

今月の中旬にちまたんを連れて行くことにしました。

それまでに

発情が来なければいいのですが^^;うーん



そうそう…それから今回気付いたのですが

ちまたんてば

ニャンコ先生と一緒なら

安心して車に乗れるからか車酔いが殆ど見られないのです

なので







4883-7-3497.jpg

病院に行く時ニャンコ先生付き添いしてもらおうかな^^

あ…冗談です^^;


それからこうめたんが帰ってきて

大暴れの2ニャンですが




4883-5-3497.jpg

最初はやはり激しく暴れて口呼吸していたちまたんですが

口呼吸するたびに2匹を引き離していたら

引き離される理由が分かったらしく

ちまたんが苦しくなったら休むようになっていますので

ご安心下さいね!猫って賢いですよね^^

でも未だに2にゃんが暴れるとこうめたんの右目と

ちまたんの口元に目が行きますが^^;

皆様にはまたご心配をお掛けしてスミマセン

まだ確定診断が付いた訳ではありませんので

希望を持って頑張りたいと思います!

色々考えると滅入ってしまいますので

また明日からはいつもの楽しいこはる日和に戻ります^^

良かったら応援して下さい↓


4861-2-3526.jpg

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログへ

こちらも是非!二度も押させてごめんなさい!

~スポンサーリンク~
「散歩が出来ない猫ちゃんも【名刺】を作って愛猫自慢!」

  Pets! SHOP~ペットの為のペットサイト~

テーマ : ねこ大好き
ジャンル : ペット

Comment

何度も言うが

サトピー様最高級、ロズマリお疲れ様でした。

はじめてまして。

毎日拝見させていただいています。
ローズマリーさんに感謝です。
家のキキ(1歳)も遊び過ぎると口呼吸をしています。
猫の知識が無いので口呼吸は心疾患の疑いと書いてあり
早速病院に連れて行ってみようと思います。
キキも結膜炎・角膜炎と繰り返しており
猫の目の専門医がいることもこちらを拝見して初めて知りました。
 ちまちゃんが里親募集されている時に拝見し一目惚れして、ぜひ!家に!
と思いましたが、関東在住なので諦めました。
でも我が家に来なくて良かったです。ローズマリーさんだからこそ
気付いた上に、キキの異常にまで気付かせていただきました。
もっと猫のことを勉強しようと反省しています。
本当にありがとうございます。
お互い何でも無いといいですね!

えっ!

ちまちゃんは「ろーずまりー家に残るべきして残った猫だね。」
とオットと言ってました。
養子先で気付かずに手術してしまってたら!(ないとは思いますが)
でも、うちの子も遊び過ぎると口で呼吸します。
でも避妊手術もしました。
麻酔を極力使わない先生だったのでできたのか
本当にただの夏の暑い中遊び過ぎでの口呼吸だったのか
手術をした今となってはナゾです(-_-;)
涼しくなっても口呼吸するか気をつけてみてようと思います。
ちまちゃんも良い先生に会えますように!

避妊手術の代りに

 はじめまして。毎日拝見させていただいています。
ちまちゃんの心疾患、心配ですね。
 避妊手術の代りに、インプラントの手術はいかがですか?
我が家にもにゃんこ(メス・3歳)がおりまして、心疾患まではいかないんですが、元気なネコちゃんに比べて肺が小さいと診断されました。そのため、全身麻酔の避妊手術よりも部分麻酔のインプラント手術の方が負担が少ないと勧めてくださいました。インプラントの手術はまだそれほど普及はしていないようですが、猫ちゃんへの負担が少ないのでこれから普及するだろうと先生はおっしゃってました。
 インプラントは避妊手術と同じ効果がありますが、1年半から2年おきに取り換えなければいけないのですが、手術自体は15分程度で終わりますので、入院する必要もありません。
 もしよかったら、ろーずまりーさんのところのかかりつけの先生に相談されてみてはいかがですしょうか?
 ネット越しですが、応援してます。

ハッとしました

こんにちは。いつも拝見させていただいてます。
我が家にもすぐに口呼吸になってしまう子猫がいます。6月末に保護した推定4ヶ月半の♂です。
この子は走り出すとすぐゼェゼェと呼吸音がしてしまって。
夏の暑い時期に病院へ行き「今は気温も湿度も高いから」と言われ様子を見ていたんですが、
涼しくなっても症状に変化はありません。
そして今回の記事を拝見し…
猫さんの事すべてに全力で立ち向かっているローズマリーさん・さとぴーさんを見て、アタシも自分に渇を入れ直しました。
うちもいずれは去勢の手術をする。♀の猫さんより負担は軽いとは言え、やはり心配。
小さな体で苦しさに耐えている子猫のために、詳しく調べてくれる病院を探してみます。
本当はローズマリーさんと同じ病院へ行きたいのですが、うちは千葉県なので…
でも、アタシがいつも「コチ君・こはるちゃん・こうめちゃん・ちまちゃんは、ローズマリーさんとさとぴーさんちの子で本当に良かったね!」と思っているように、うちの子達もアタシんちの子で良かったね!と思えるようがんばります。
ローズマリーさん、ありがとう。ご自身のお体も大切にしながら、がんばってください!
…長々と失礼いたしました。

そうですか・・・
いろんな子がいますね・・・それでもちまちゃんは一生懸命遊んで・・・
いじらしいです。
いろんなハンディを持った子がいますが、決して不幸せなわけではないとおもいます。ろーずまりーさんやさとぴーさんと出会えたんだもの・・・
良い方向に向くことをお祈りしています。

きっと大丈夫!

ちまちゃん、優しいおかあさんとおとうさんで良かったね。(^-^)
次は良いお医者さんもきっと出会えるはず。
避妊手術は必ずしなければならないものでもありませんが
発情期のストレスはつらいものみたいです。
ちまたんに一番良い方法が見つかりますように!
でも今元気に過ごしているちまちゃんですから
大丈夫だと信じています。

絶句しました

ろーずまりーさん、もう充分お疲れだろうに、その上なぜ…と
神様を呪いたくなりました。

でも、さとぴーさんも他の方もおっしゃっているように、ろーずまりーさんで良かった。
ろーずまりーさんだからこそ、気づいてあげられたんですね。
ちまちゃんも、呼吸が苦しくて辛い思いをしても、こち君やこうめちゃんと楽しく過ごせるこの生活を、絶対幸せと思っているはずです。
こうめちゃんだって、何度も入院しても、やっぱりろーずまりーさんが大好きで、おうちが一番i-80と思っているでしょうし。

ちまちゃん、大したことないといいですね。
いい報告が聞けるのを期待して、祈ってますe-267

ちまたん

そうですか・・・避妊手術は無理やりやらなくてもよいとも思います。
もともと麻酔も手術も猫の体にとっては負担だと聞いています。
自然なままの体でずっとすごせることはまた幸せなこと。
ちまちゃんもちゃんと自分の体のことはわかって生活するから、大丈夫だとおもいますよ。
まだはっきりとはわからないにしても、もし病気だったとしたら「病気=悪いもの」と片付けてしまうのではなく(大事なちまちゃんの体の一部)「そっか、守ってあげるから大丈夫だよ。」とやさしく受け止めたらいいと思います。
どんなに泣いても落ち込んでもちゃんと前向きに前進するろーずまりーさんのことだから、きっとまたいい結果を引き出していきますよ。
車は長時間ですからこのさいコチ君にもつきあってもらってはいかがですか?
ちまちゃんが少しでも楽になる方法をとってあげることも、よいですよ。

強運の持ち主はろーずまりーさんじゃないかな

万事良い方向に行く気がします。 祈ってますよv-254
職場より

ローズマリーさんで本当に良かった。

と、切に思いました。

私なら気が付いても大した事はないと思ってしまったと思います。

何か、次から次へと難題がふりかかって、心身ともにお疲れだと思います。
でも、猫たちにとっては、ろーずまりーさんのおうちの子で良かった。
この子達への難をろーずまりーさんが除いてくれるから。。。。

ただ、こはる日和を見てるだけで。。。。
何も出来ず申し訳ありません。

本当にいっぱい、いっぱい頑張ってるんですね。

おはようございます

ちまたん 心臓が弱いんですか・・・
でもほんとに早く気づいてあげることができて
よかったですね
避妊手術しなくてもなんとかならないですかね?
ほかのにゃんこが手術していたら妊娠の危険もないですし
私は前は女の子をよく飼ってたんですが
発情期もなかなかかわいいもので
ちょっとうるさいですし態度も変ですが。。。
心臓に負担がかかるなら しないというのも選択肢の一つかも
ローズマリーさん家は立派な猫仕様の脱走防止扉もありますし
なんとか いい方向で考えてあげたいですね
いろいろ大変ですが
にゃんこはちゃんと考えてもらって
幸せだとおもいます。
がんばってくださいね

よし!ちまたん!

優しい飼い主を探してやってきたちまたん!
お小さいのにう~ん人を見る目は確かなのね
4ニャンズの穏やかな暮らしを東京から願うばかりです
なにか出来ることがあったらどど~んと書いてください!

ちまちゃん、口呼吸と車酔いをするって読んで、ずっと気になっていました。
体調異常のサインじゃないのかしらって心配してたの。
っていうのは 1歳で引き取った子なんですけど、後から 前の飼い主さんに
聞いたところ 2ケ月くらいのときに 夢中で遊んでいて口呼吸して倒れ
慌てて病院に連れて行ったら車酔いをしたって聞いていて。
そこの病院では原因がわからないけれど 子猫を夢中で遊ばせたせい
でしょうっていわれたみたいなの。
この子は14歳になってから てんかん発作を起こすようになりました。
だから この子と重なって、勝手に ちまちゃんは なんともなきゃいいなって
心配していました。

7歳で引き取った子は 健康診断に連れて行って、心臓弁膜症だってわかりました。やっぱり 遊んでいる途中、疲れそうになったら 休んで 自分で調整しています。
うちの子は先天性じゃないでしょうと言われたので ちまちゃんとは違うけれど、
猫の 生きていく力と 私達の 観察とフォローで 長生きできるからって
獣医さんにも励まして頂いています。
ちまちゃんは まだ病気って確定したわけじゃないし、ろーずまりーさんたちの
至上最強のフォローがあるんだから ちまちゃんは 大丈夫!!
ろーずまりーさん達に なににもできなくて申し訳ないけれど、気合をいれて
応援しています☆


はじめまして

はじめまして。ずいぶんと昔からブログは楽しく拝見させて戴いてましたが、コメントするのは初めてです。
なぜコメントさせて戴いているかというと、ちまたんと症状と私の飼ってる雄猫オスカーの症状が同じだからです。
オスカーは捨て猫センターから買った猫で、寒い雨の日に捨てられていたため、ひどいインフルエンザにかかっていました。そのため常に鼻が詰まっており、口で息をすることが多かったのです。
現在は生後1年で元気になっています。ただ、激しい運動をした後は口で息をしていました。でもそれは鼻が詰まっているせいだと思いこんでいたのですが・・。
先日健康診断でお医者に診てもらったとき、心音が少し弱いと言われてしまいました。その時はそれだけで特になにも治療もアドバイスもなく診断は終わってしまったのですが、ローズマリーさんの今回の記事を見て、きっとオスカーと同じ病気だと感じました。
私は現在シドニーに住んでいますが、来年の始めには日本に帰国する予定です。
ちまたんの病状をこちらで拝見させて戴けるのであれば、オスカーにとってもとても有効な情報になると思います。
これからもちまたんの情報をこちらで拝見させていただけたらと思い書き込みしました。ローズマリーさん、これからもいろいろな情報をブログを通して、世界に発信してください。よろしくお願いします。

乗り越えられない壁はやってこない
きっとろーずまりーさんとさとぴーさんなら乗り越えられると思います
もちろん病気の子を抱えるということは
大変だし気苦労も多いこととは思います
ちまたんがろーずまりー家にやってきたのも
猫の神様が仕向けたことでしょうか
おふたりと4ニャンには応援団がついていますよ
よい報告が聞けますように・・・

えっ、ちまちゃんが…びっくりです。
そういうと口で息をすると以前書いておられましたよね。
他のブログで、心臓疾患といわれたけど無事避妊手術をされた
というお話がありました。
避妊手術、どうしてもしなければいけないことはないとは
思いますが、発情のたびにちまちゃん本人も
人間もストレスになりそうですもんね。

ほんとに皆さんがおっしゃるとおり、ろーずまりーさんを
選んで神様が送りこまれたとしか思えません。
でも、ちょっと続きすぎなので、肩の力をぬいて
ろーずまりーさん自身、気持ち的に大きく構えてくださいね。
(ナタを持った時は大きく構えんといてね~)

今日は~
小梅ちゃんが無事すんだと思ったらn次はちまちゃんの問題ですか。
心配が絶えませんね~、頑張ってください。

私の飼ってた猫も心臓が悪くて口呼吸してました。
ある日、猫同士が家の中を走り回っていたら、突然バタッ!と倒れて
犬の様に口呼吸をしてました。最初はものすごくびっくりしました。調べてもらったらやはり心疾患で手術は出来ないと言われましたが、オスなのでどうしても外に出たがるし、喧嘩もするということで、虚勢の手術をしました。覚悟もしましたが無事に済んで、13才まで生きました。普通の猫と違って、外から心臓の動きに近い鼓動がはっきりと見えてました。ちまちゃんも似たような症状なんでしょうが、無理に手術をしなくても今のままでも大丈夫ならそのまま過ごされてもいいんじゃないでしょうか。

すなふ家だと口呼吸をしていても気がついてあげられなかったかもしれません。
やはり経験があったからこそ疑問に思い病院でお話を聞くことができたのでしょう。
やはり運命だったのかもしれませんね。
よそのお家の子になっていたら気がつかず たいへんな事になっていたかもしれないですし・・・
経験のある獣医さんにめぐり合えるといいのですが・・・。

そうですね

現段階では、まだ、決まった訳ではないですものね!

今年実家で保護した子猫(うちでも短期間預かったのですが)も先週遊びに行き、遊んでいたら口呼吸をしていました。
2か月程前に避妊手術も済んでいるのですが。。。手術前の精密検査やそれ以前も通院していましたが異常はなしでした。毎回、聴診器も当然当ててますが、、、でも、エコーやレントゲンを取らないと詳しくは分らないかもですね。
注意しないと、、、と思いました。

心音は成猫のコチ君と仔猫のちまちゃんでは、違って普通だと思いますが。。。
仔猫ちゃんの方が早いですものね。
そういう感じではないんでしょうか?

う~ん。どうか、とり越し苦労でありますように。。。

さとぴーさんの言葉に又、じーんとしました。
病気かもしれないとなった時、えっ、なんで。。。
と考えず、『家の子でよかった。。。』
と言えるご主人様、本当に素敵な方ですね。
ろーずまりーさん&さとぴーさんと暮らす猫ちゃん達は本当に幸せですね。

一刻も早く家にかえれ!って言うコチ君かわいい^^;
ちまちゃんの車酔いもなくなるなんて!
コチ君はみんなの癒しですね(^^)

先天性心疾患の写真を 目をすがめながら読んでみました 
疾患の種類・程度によっては短命な子もいるとか 
以前 門脈シャントで二ヶ月半の短命だった子の話を聞いているので 
五ヶ月半まで元気にそだったちまちゃん きっと長生きしますよ 
やはりちまちゃんは強運の持ち主ですね 

さとぴーさんが言われた通り ろーずまりー家だからこそ 気づいてあげられたんでしょう 
皆さんが言っておられるように 子が親を選んだんでしょうかねぇ 
   
前にコメントしておられる猫ママさんも 
長男の菊ちゃんを虹の橋へ送ったばかりなのに 
今また 次男の虎鐵君 糖尿で闘病生活をしておられます 
何度病院へ駆け込んだか そのたびに泣いたり笑ったり 
よく頑張っておられると 実は我が身に引き比べ 恥ずかしくなります 
   
家の子はもう16才になりましたが 先日の健康診断で ◎のお墨付きをいただきました 
闘病中の方には申し訳ないほどですが 
飼い主の私が頼りないものだから せいぜい元気にしていなきゃ と本猫が思っているんでしょう 
動物嫌いの旦那が居なければ我が家へ とも思いましたけど 
ちまちゃん 家に来なくて良かったねーーーーーっ 
   
発情を見るのは辛いですが 避妊手術は可能な限りの条件つきですよ 
コチ君は去勢されてるんだし 外へ出る事はないんだから 妊娠の心配はないでしょう 
命を賭けてまでやる必要はありません 
   
ろーずまりーさんは 猫さんの神さんに見込まれてるのかも知れませんね^m^ 
そんな方を何人か存じていますが みなさん立派な方たちです 
もちろん ろーずまりーさんも ね
私には応援しか出来ませんが いつもいつでも見守っています 
困難に負けずに 猫さんたちを幸せにしてあげてくださいm(_ _)m 

はじめまして

毎日読ませていただいていましたが、コメントは初めてさせていいただきます。
実は、我が家にも先天性心疾患の子がいます。
生後7ヶ月位の時に去勢手術をさせようと思い、かかりつけの病院へ事前の診断へ行き、日頃呼吸が少し荒いように感じることを何気なく伝えた所、心電図とレントゲンをとる事になったのです。
波形が正常な猫の逆。心音も雑音があり、明らかに異常が。
かかりつけの先生がすぐに大学病院へ紹介状を書いてくれ、大学病院で精密検査を受ける事になりました。
結果は「ファロー四徴症(シチョウショウ)」という人間にもある先天性心疾患でした。
なんでも悪い所が4つあって(心臓の弁が厚いとか)、でも却って4つある事でお互いに打ち消し、この病気の子は比較的長く生きられるケースがあるということでした。
人間の場合は、外科的手術をする事もあるそうですが、かなり高度な技術が必要で、できる病院も限られているとか。
猫の場合は、そんな事例はないそうです。
うちの子はノワールといって3才の男の子です。
当初、去勢手術は麻酔の影響等を考え、していませんでしたが、1才半くらいのときに部屋中にスプレーをはじめ、どうしようもなくなって去勢に踏み切りました。
かかりつけの先生は正直随分嫌がっていましたが(笑)、結果無事手術を終える事ができました。
毎日薬を飲ませ、病気の療養食を食べさせる毎日です。
先生からは、激しい運動は禁止して、ケージ等で飼う事を勧められましたが、若いノワールにはそれは可哀相で、できるだけ自然に生活させています。自分でもわかるのか、他の子より激しい運動はあまりしません。きっと自分で苦しくなるんでしょうね。ちょっと切ないです。
ちまちゃんもきっとちまちゃんに合った治療方法があるはずだと思います。
ちまちゃんが元気になる事を祈っています。
(長々すみません)

ちまちゃ~ん(ToT)/~~~

あんなに元気そうなちまたん♪が・・・♪
絵本に「神様からの贈り物」
というのがあるのですが神様がこの親にはどんな赤ちゃんがいいか?
色々な個性を与えてその親にあった赤ちゃんを授けるそうです♪
ローズマリーさん!サトピーさん!は神様が安心して授けられたんですね♪
大変でしょうけど・・・お身体を大切に頑張って下さいね<m(__)m>

こんばんわ~!
こうめちゃんの件ではほんっとほっと幸せな気分でした♪

今回の記事ですが!
実は私も先天性心疾患でした!

ローズマリーさんがかかれているような内容が
母の新聞(地方新聞に載ったんです、私の病気の件で)のインタビューで
言っていた内容と似ていたのでびっくりしました!

ローズマリーさんは本物の母親なんですね!

感動しました!

きっとちまちゃんは無事なはずですよ!
今では私なんか子供何人でも生んでくださいって言われるくらい元気ですから(^_^;)

ローズマリーさんに感謝!

そうですか・・・心配ですね。
でも軽いものであれば成長とともに治癒していくこともあるそうです。
元気なままでいてくれることを願ってます。

うちの猫ももうすぐ6ヶ月で去勢手術をしたいのですが、小さい頃から寝起きに吐くような咳を連続してすることがありました。ネットで調べると気管支喘息の症状によく似ています。今はほとんど見られないのですが、このブログを読んで心配になったので、手術前に病院で観てもらおうと思いました。

家の子の場合ですが。。。

はじめまして、「口で息をする」が気になって、コメント初参加です。

我が家のミッキー君はちょっと走るとハアハアと口で息をしてしまう状態で
ボランティアさんに保護されました。
うちの子になってからどの獣医さんも「循環器系ですねぇ」とのことで
手術は難しいという診断でしたが、思い切って大学病院の系列の
病院に行ってみた所、レントゲンで「横隔膜が破れていて腸が肺を
圧迫しているので息が充分に吸えないんですね」と。
すぐに手術となりましたが、7年たった今も元気です♪

小さい子にはない症状かもしれませんが、可能性のひとつとして
考慮いただければと思いました。

辛いですね。

ちまたん可愛い!コチ君との2ショットすごい可愛いです。
うちも昔、まなと同じ白猫のニャン助って飼っていたんですが、
猫エイズにかかり、いろいろ泣くこともたくさんありました。
湿っぽくなるけど詳細は書かないけどきっと神様がちまたんが
一番幸せに暮らせる家を探してろーずまりーさんの家を見つけ
たんだと思います!
だから、神様に守られてるはず☆彡
ろーずまりーさんとねこたんたちに幸せがいつも降り注ぐようにに祈ってます
ヽ(´▽`)/

もう大分前になりますが・・

家の子が避妊手術を受けたのはずっと大人になって
からです。
今のように早く済ませた方が良い等の情報も無く、ただ単に
必要が無かったから・・ではありますが。
でも、15歳を超えるまで病気知らずに過ごせた子達でした。

今、色々なブログを拝見させて頂いていると、やはり数ヶ月
で手術をされる方が大半で、それは良い事なのかも知れま
せんが、でも、必ずしなければならない!と、強迫観念に
とらわれる事はない様な気がします。
毎回発情した時の声はかなり悩まされましたが・・・(笑)。

もちろん早いうちに出来ればそれに越した事はありませんが、
する事にデメリットがあり、本猫や人間がそれによってストレス
になるなら、いっそ必要になったときでよいか~と、楽に構えて
いるのも一つの策では無いかと思います。

ただ心臓に疾患がある子は、将来何かしらの手術が必要に
なる可能性があり、その時麻酔で問題が出てくるかもしれま
せんね。
でも、19歳の高齢で心臓疾患だったうちの子の手術の時
は、獣医師が「麻酔かけたくないなぁ~」と苦笑いしながら
細心の注意をしてくださりながら何回も手術をしてました。
無事終えた子を連れてきてくださりながら、中々目が覚め
ないから怖かった~と言いながら。

今は昔みたいに何も知らないまま飼うのではなく、自分で
色々情報を集める事が出来、その分助けられる事もずっと
多くなりますが、でも何も知らずしていなかった昔も十分元
気に長生きをしてくれた子が一杯います。

私は知識不足でよく解らないままコメントをさせて頂いている
ので申し訳なく思いますが、避妊はリスクをおかしてまで必ず
しなければならない事だとは思わないのです・・・・。

ちまちゃんの事を思っての事だと十分伝わり承知してますが、
何だかろーずまりーさんが切羽詰っている様で心配です。
少し肩の力を抜いてみてもよろしいのではないでしょうか?。

ステキなご主人ですね

・・・・・まぁ ちまたんが・・・・・
そんな大変な中、私にまでお気遣い頂いて・・・ごめんなさい。
ご心配ですね・・・そういえばネコは口呼吸しませんものね。
ホントによくお気づきになられたと思います。
避妊手術のことを書かせていただいたのは私ですので心配していました。
専門医が何かよい案を下さると信じて、まずは伺って診察を受けるのを待ちましょうね。
さとぴーさんのおっしゃるとおり、ちまたんはろーずまりーさん家の子でよかったです。私の子ならとっくに見逃していたかもしれません。
それと、うちの♂ネコが妹によってノミ取りの薬を背中に塗られたときに身体全体に湿疹ができたようでとてもかゆがっていたので病院に連れて行ったのですが、その時に半日くらい涙を流していました。
病院の先生によると、ネコは余程のストレスがかからない限り涙を流さないそうです。
こうめさんの泣き顔をみると心配です。(ストレスとはまた違うようですが)
なみだもネコの体調を知るひとつのヒントだと思い出しましたので余計な事かもしれませんがコメントさせて頂きました。
皆さんのおかげで前向きに元気を取り戻している大阪のおばちゃんです。

ちまたんの口呼吸に気づいてあげれたのも
ローズマリーさん達だからなのだと、思います。
これからが大変なのかも知れないけれど
我が家の猫たちと応援しています。

こんばんわ!
ろーずまりーさん...。なんてお声をかけたらよいのか...。
あの元気いっぱいのちまたんなのに。
つきなみな言葉しかかけられなくて情けないのですが、頑張ってくださいね!
いつも応援しています!

ちまたんの口呼吸、治まってなかったのですね…。
7/24のコメントで、うちの子は心肥大と言われたと書かせていただきました。
これも先天性心疾患に入るのか…よくわかりませんが。
心雑音があるとも言われました。
それでもうちの子は、そう診断された病院で確か六ヶ月齢くらいで
虚勢手術をしました(今は引越したので、そこには行ってませんが)。
ただ、麻酔の量とか加減していただいたのか
手術が終わるころに麻酔が切れてしまって大暴れしたそうで
(ただでさえ骨太で力持ちなのに…)大騒ぎだったようです(-_-;)。
心疾患名も違うかもしれませんし、♀と♂の手術の違いもありますが、うちのコは今、7歳で元気にしています。
ストレスがあるとハァハァしてしまうので、なるべく穏やかに過ごせるようにとだけ気をつけて。
ろーずまりー様、ちまたんのこと、どうか気をつけてあげて下さい。
でも、あまり悲観的にはならないであげて下さいね。
ろーずまりー様とさとぴー様の愛情に包まれて、
きっと良い方向に進んでいくに違いないと思っています。

本当にサトピーさんの仰るとおり、ろーずまりーさんのおうちにいたから気づいてもらえたのかも知れない・・・と思いました。
そして皆さんがコメントされているように、身体が弱い子でも、ろーずまりーさんなら大丈夫って猫神様の猫台帳に記帳されているのかな?とも思いました。
凹んでも前向きに頑張ろうとするろーずまりーさん・・・尊敬します。
いつもいつも応援しています。

はじめまして

くーさんから教えて頂き,ずっと拝見させて頂いてました。
こうめちゃんやニャンコ先生が頑張っていること,ローズマリーさんやさとピーさんが支えていらっしゃること。。お話をきかせて貰うことで,私も頑張れます。
ちまちゃんが大変な病気をかかえてらしたんですね。
皆さんが仰る通り,導かれていると思います。
心優しいローズマリーさんのお気持ちを考えると,切なくなってしまいます。
どうぞお体大切にして下さい。ちまちゃんがよりよい治療ができるように願っております。

私はこうして何事にも屈せず、自分の出来る最善の道を
まっすぐに進めるろーずまりーさんとさとぴーさんの元へ導かれたこのニャンコさん達の“運”というのは『最強』だと信じています。

競馬では海外遠征なんかするときは“帯同馬”っていうのを
ちゃんとつけますから、コチ先生が嫌がらなかったら、
ご一緒するのも良い方法かもしれませんよ。

さとぴーさんの言葉、よかったですね、ろーずまりーさんの思いと
同じで。これからまたお二人は大変だと思いますが・・・。

ちまたんも小さい体で、がんばるのよ。

応援団の一員として、心から応援しています。

ちまたんと、我が家のしっぽは同じ5ヶ月半です。
ですが口呼吸はしていません、もしも初めて猫を飼う方でしたら
気が付かないかも知れませんね・・・。
やはりそちらの子になる運命だったのかもしれないです。
ちまたんは、ろーずまりーさんの家を選んだのです!
だからいっぱい可愛がってあげることが1番だと思います。
くよくよしたりしてると、みんな(猫たち)が心配しますよ~
前向きに!前進あるのみです!
後ろをみても仕方ないですよ。
良い結果がでるといいですね~

ちまたん頑張って~!

ちまたん、きっと大丈夫だと信じてます。
神様は、きっとちまたんの為にローズマリー家にいられるように手配してくれたのだと思います。
せっかくこうめちゃんの目が良くなってきたところに、また大変なことになり言葉がありませんが頑張ってください。
落ち込んだ時は、無理せず吐き出してくださいね。心より応援してます。

『体の弱い動物は、きちんと最後まで診てくれる飼い主を選んで その家にやって来るんですよ。 』・・・・・我が家の飼い猫(14才)の主治医が、いつもいつも病気ばかりする 我が家の猫の事で落ち込んでいた私に 贈って下さった言葉です。この言葉に 何度も救われて来ました。今日は泣こう!思いっきり泣こう!・・・そして、明日からは、前を見て歩いて行こうよ。明るい未来を信じて。私たち応援団は、いつも ろーずまりーさん&さとぴーさんを 応援してますよ。 

ちまたん、本当にサトピー家に来る運命だったような気がします。ローズマリーならきっと手助けしてくれると、神様がしむけたような・・。もしも手術が出来なくても、外ねことの接触がなければ、病気の可能性も少なくなるので、避妊が不可能=最悪な状況でもないとおもうのですが・・。(知識不足ならごめんなさい)元気だしてくださいね。

はじめまして

初めてコメントさせていただきます。
変な言い方かもしれませんが、一難去ってまた一難という感じですね。
不思議と病気を持っている子は、集まってくるような気がします。
うちにも癲癇発作を持った子、好酸球性肉芽種の子、オシメの子がいます。
そういう子を迎えるたびに、なぜこの子達がうちに来たのか考えさせられます。
きっと面倒を見てくれる人の所に自然と集まって来るんじゃないでしょうか。
こうめたん、にゃんこ先生、ちまたんもきっとローズマリーさんがちゃんと面倒を見てくれるとわかっているから、ローズマリーさんの元に来たのだと思います。
心疾患に気づいてくれて、きっとちまたんも本望じゃないかなーなんて。
とても大変な事で誰にでも出来る事ではないと思います。
だからこそ、これからもこの子達を幸せに出来るのも人次第ですよね。
これからも応援していますので、楽しいブログを宜しくお願いします(^^♪

猫の神様が

ローズマリー邸におゆきって、指差しているのかもしれない。あそこがおまえたちが一番幸せになれる場所、あそこならって。 こはるさんもこちくんもこうめさんもちまちゃんも、ほかのどんな運命より、幸せをつかんでる。それだけは間違いないと思います。

望みは

ただ 幸せに 過ごして欲しい
   それだけ・・・

ちまたんやろーずまりさん達にとって
一番良い結果・方法が待っていますように

ろーずまりーさん達ならきっと・・・

なんだか色々な運命を背負った猫さんたちが
ろーずまりーさん達なら大丈夫と
導かれるようにやってくるのでしょうか・・・
猫1匹でも病気があると大変です
こち君の浣腸通院も、大変だなーと思っていたのに
こうめたん、ちまたんまでとは・・・
また良い獣医師とめぐり合えることを祈ります。

ろーずまりーさんの猫まんが大好きです
こち君のファンです
こち君のセリフは勝手に低くてゆっくりした声を想像しています
非公開コメント

プロフィール

ろーずまりー。

Author:ろーずまりー。
長崎県佐世保市在住です

●こはる日和へのメールはこちら↓●

chibiumeharu777☆yahoo.co.jp

☆を@に変更して下さいね!

(大変申し訳ありませんが

保護依頼は一切受けておりません

子猫の育児相談・野良猫相談等は

時間的体力的に無理なので

全てのメールに対応出来ない場合がありますので

予めご了承下さいね^^)

医療相談は素人ですから

無責任になりますので相談は受けていません

こうめたんの角膜炎から角膜潰瘍

角膜穿孔の

治療等(フラップ手術)の経緯については

こちらを参考にされて下さい↓

http://daijyoyuukoharu.blog62.fc2.com/blog-entry-516.html

http://daijyoyuukoharu.blog62.fc2.com/blog-entry-481.html

●こはる日和はランキングに参加しています●
4ニャンへ応援クリックお願いします↓
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 猫ブログへ

●著作権について●

こはる日和内の文章及び写真の著作権は
管理人ろーずまりーにあります。
他のブログ・HP・掲示板等への転載を一切禁止します。
画像の使用に関しては
個人のパソコン内に限らせて頂きます。


●出演猫紹介●

kochibikun.jpg
こちび君ことニャンコ先生♂
1995年5月4日、目が開いたばかりの頃に
ろーずまりー家の庭に捨てられる。
里親募集をしたが問い合わせがなく
そのままろーずまりー家の一員へ
性格はおっとりで面倒見がよく優しいので
みんなから好かれるニャンコ先生だが
本当は年上好き♪
2015年3月21日午後12時05分
慢性腎不全の為
19歳11カ月で旅立ちました。

koharusama.jpg
こはるちゃん(こはる姐さん)♀
2002年4月の中旬
ろーずまりーの勤務先のドアの前で
行き倒れていた所を保護(成猫)
虐待によると思われるパニック症状があった為
里親募集はせずにそのままろーずまりー家へ
コチ君が大好きなのだが
素直になれないキレキャラ
2012年9月1日午前1時天国からのオファーが来て
大女優こはるは潔く旅立ちました。
11歳 
病名は 消化器系LGLリンパ腫



koumetan.jpg
こうめちゃん(こうめたん)♀
2006年7月8日ろーずまりーの勤務先の
ビルの中で保護(生後2ヶ月)
保護当時猫風邪がひどくブチャイクだったので
里親募集はせずにそのまま
ろーずまりー家の一員へ
甘えたさんで世話好きさんの保母キャラ

可愛いこうめたんは

2019年8月1日午後18時

肥大型心筋症により旅立ちました。

13歳3か月


chimakisan.jpg
ちまきちゃん(ちまたん)♀
2007年7月5日道路の真ん中を歩いている所を
保護され(生後2ヶ月半)
里親募集をする為にろーずまりー家で
預かる事に…しかし車酔いがひどく募集を断念
そのままろーずまりー家の一員へ
世話好きなこうめ保母とニャンコ先生のお陰で
伸び伸びと育っています。

長崎猫の会.HPです
長崎猫の会.

こはる屋.です

こはる屋.f

全国犬猫助成金リスト

ぜんこく犬猫助成金リスト


インスタグラム

こはすたぐらむ

twitterやってます

こはる日和._twitter.jpg


フェイスブックページ作りました!良かったらいいね!して下さいな
facebookページ



mixiページ
猫様のお世話係のつぶやき

mixi.jpg

facebook

fecebook

皆様のお陰で
こうめたんがYou tube Video Awards jp2011の
ペット動物部門大賞を受賞しました^^



猫のお世話係検定フォトムービーです^^




こはるちゃん達が出てます^^



長崎猫の会.保護猫さんたち掲載の

児童書です。

長崎猫の会.編著



こはるちゃんがインタビューを受けました^^

アイリスペットどっとコム





猫用湯たんぽなどを購入しています^^







乾燥性敏感肌の方に是非お奨め



真冬の肌にはコレが欠かせません
めちゃ効きますよ




保護猫用お奨めの殺菌剤です


お奨めペットキャリーです



お買い忘れはないですか?




巨大結腸症のコチ君はコレ↓(ペット健康便さん)

2010年秋からコレを食べています




いつまでも美しくいて欲しいから

こはる姐さんはコレ




保護猫用猫砂はコレを使っています^^










時々ブログに出てくる
我が家の猫さん全員が大好きな猫缶です↓






乳飲み子保護したら





哺乳瓶はコレ





子猫用フードはコレ



美味しいらしい





中猫さんはコレ




若い猫さんはコレ



男子用




女子用



保護猫トイレはケージに入るから

やっぱりこれ↓



女子はこのサイズでも快適みたいです





多頭飼いや大きい子は








我が家の最新のキャットタワーです

高齢猫さんでも登れる低い段差が素敵です^^

コチ君お気に入りです!




トフカスサンドならココがお買い得
税込み3150円で送料無料
爽快ドラッグさん↓



いぬたま&ねこたまのMKひのきの紙砂↓


いぬたま&ねこたまのMKトフカス森の香↓



ペッツビレッジクロス↓



完全有機栽培猫草ニャッパ↓猫用品のゴロにゃん






松波動物病院です↓
保護猫のお薬でお世話になっています






我が家で使用しているカメラです




2015年からはコレ




(これは動き回る子猫には向いてなかったので手放しました)


コレ↓



カレンダーはコレで撮影していました



その後




pentax kp


更に2017年購入




ニコン d7200


2018年購入






ニコン d500



安く買いたいならまずは検索↓




個人的に照明器具マニアなので


旅行行くなら










ネコまるでご紹介して頂きました^^



猫生活7月号に掲載して頂きました





こはるちゃんが出ています




吉川景都先生とのコラボ企画で

我が家の4にゃんずが漫画で登場しています^^

帯コメントを書かせて頂きました!

































イイ歌です↓





☆ペットを愛する人たちの為の
コミュニティサイトで
こはる日和を紹介して頂きました☆
サイトはこちら↓
E-petwebへGO!

☆女性にとって「残したい・伝えたい」、
価値ある情報をみんなでノートしよう!☆
サイトはこちら↓
B-noteへGО!

WebSpace 無料レンタル掲示板・日記

障害者スポーツ応援クリック募金



☆トラバックについてのお知らせ☆
スパムが多くてトラバックを承認制にしています。

☆ブログの内容に関係のないコメント
(スパム・宣伝目的と思しき内容)
または嫌がらせ・言いがかり・不愉快な内容など悪質コメントと
管理人が判断した場合は予告なく
削除させて頂きますので予めご了承下さい。

また他のサイトへのリンクもご遠慮下さいませ。

☆ただ今コメントのお返事はお休みさせて頂いて
いますが、いつも楽しく読ませて頂いています^^
コメレスしなくて大変心苦しいのですが
それでもいいよと…
コメントを残して下さると大変嬉しいです!☆

コメント頂きました!
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
Powered By FC2ブログ
skyticket 無料blog 無料・レンタル・掲示板 アフィリエイト カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
70匹の里親募集
河原猫ブログへ"
リンク