覚めないまま

Category : 捕獲作業
長崎猫の会.HPです
野良猫さんの避妊手術代・保護猫さんの医療費等
ご支援頂けたら助かります。
長崎猫の会.

楽天 保護猫さんのご飯や猫砂、ケージ、サプリなど購入させて頂いてます!

楽天でのお買い物はこちらのバナーから!





保護猫さんたちに使わせて頂いています




フェイスブックページ作りました!良かったらいいね!して下さいな
facebookページ

レビューありがとうですっ

こはる日和 うちのおしゃべり4にゃんず 販売中です^^

楽天
【送料無料】こはる日和 [ ろーずまりー ]

【送料無料】こはる日和 [ ろーずまりー ]
価格:998円(税込、送料込)



大女優こはる かみちゅくわよジャパンツアー2013のツアーレポートありがとうございます^^


「ボランティア募集のお知らせです!」

☆ 野良猫さんのTNRのボランティアさん

捕獲以外でも大丈夫です!搬送や捕獲器の回収などお手伝い頂いたら助かります!

☆ 預かりボランティアさん

成猫さんの預かりさん急募!もちろん子猫さんの預かりさんも募集中です^^

長崎市内 佐世保市内の方 よろしくお願いします!



★猫譲渡会のお知らせ 長崎猫の会★
下記の日程で譲渡会を開催します^^
良かったら保護猫たちに逢いに来て下さいね!
日時 12月11日(日曜日)
 13時半から17時半

場所 佐世保市島瀬公園交番横

昨日の投稿に沢山のコメントありがとうございました。

23日に避妊手術を受けた6匹中

麻酔から覚めて元気になった子たち5匹を

今日の夜6時に

Hさんとるーさん、puupuuさんと私で

現場まで搬送して

1_201611250031285f1.jpg


2_20161125003130675.jpg



この子達に関わってる方に立ちあいをしてもらい

リリースしました。


立ちあいの方に許可を貰い

捕獲の際に使ったカリカリを食べさせてもらいました



5_20161125003656e0f.jpg

今日のお昼にはHさんがウェットをあげて下さったそうです

みなガツガツ食べていたそうです

無事リリース出来て良かったです。

それから

病院へ

麻酔から覚めない子の引き取りに行きました

残念ながらお昼に亡くなってしまいました。

るーさんとHさんで明日火葬して下さる事になりました

2016112500255300.jpg
(るーさんが預かり、食べたかっただろうご飯を沢山お供えしてくれました)

捕獲に関しましては

人間側の都合をこの子達に押し付ける結果になり

申し訳ない事をしました

もっと上手く周りや本人を説得出来て

この子達の環境を変えてあげる事が出来れば良かったのですが

今以上に増えれば

ここでご飯を貰う事が出来なくなる危険性が大きく

増やさない事を優先して

この沢山の子たちが身を寄せ合って暮している

この居場所を追われないようにしないとと

私自身も追い詰められていました。

また

今まで1000頭以上避妊してきて

麻酔から覚めなかった事が無かったから

慢心がありました。

(覚めが遅くて病院がすぐに対応してくれて助かったケースもありました)

この子の死は、この子を捕獲した私に責任があります

私の力不足で人間側の都合を押し付けた結果です

この子には本当に申し訳ない事をしてしまいました。

詫びても詫びきれません

この子を応援して下さった皆様

こんな結果になってしまい申し訳ありませんでした。

Comment

11/1以来のコメントです

ろーずさん大変でしたね・・・・

でも、あまり落ち込まないでください天国のこはるちゃんにも「ちょっとろーず!あんたそんなに脆いやつだったの!?」と怒られますよ。

ミキちゃんの時も言いましたがろーずさんは悪くありません

どうか自分を責めないでください

それともう一つ

批判的なコメントしている人は死んだ三毛猫ちゃんになにかしてあげられたんですか?

何も知らないで言葉だけとか自分勝手だとか言ってるんなら卑怯ですよ?

私みたいな子供が言ったら生意気だろうですが

もう少し発言に気をつけてください

ろーずさん最後の最後でこんなコメントしてしまい申し訳ありません

批判なんかに負けないでください!

野良猫を作った人間も悪い。 安易に餌をやるだけの無責任な人間も悪い。 そして、自分は何もせず、外野から何もせずに批判するだけの人間が1番悪い。

ローズさん、今までこの様なことがなかったこと自体とてもとても幸運だったと思います。
100パーセント安心な手術などないのですから。

私は今まで200頭ちょっとくらいですが、3頭、やはり覚醒しないまま亡くなってしまいました。
初めての時はショックのあまり、寝込んでしまいました。
けれど、それでも、TNRをしないわけにはいかない…。
亡くなった仔たちのことを思うと今でも申し訳ない気持ちで胸が張り裂けそうです。
ローズさんの思いはいかばかりかと我が事のように泣けてたまりません…。

No title

ローズマリーさん信じて待っています。

 『こはる日和』の読者なら、日頃のローズさん達の活動を見て、
 知っているはず、「ろーじゅはそんなにヤワじゃない」と。
 長崎猫の会の皆さんの「不幸な猫さん」を何としても助けたいと言う思いと  覚悟を。

 今はとっても辛い思いをなさっていると思いますが、
 今回の事をきちんと受け止め、厳しい批判もしっかりと受け止め、
 ローズさんは、よりいっそう猫さん達を守る方法をお考えになると思います。

 
 助けたいと思って助けることが出来なかった、小さな命と同じ大切な命が、
 年間何万頭も、処分という名目で助けられようともせず殺されている。
 
 その事にたいして、自分は鈍感だったなと思いました、
 今回の記事によって数字が現実になった気がします、
 私に何が出来るのか考えて行きたいと思います。


 今はきっと、天国の大女優、同志、こはるさんと、
 いろいろお話しなさっていらっしゃるでしょう。


No title

いちばん悲しんでいるのはろーずさん。
ずっとブログを読んできた方ならわかると思います。

今日は神社に行って、三毛さんのご冥福と、犬猫殺処分0と、お外の猫さんたちに飼い主さんが見つかるようにお祈りしてきました。
私はろーずさんたちを応援し続けます。
遠すぎて手伝いにいくことができません。ごめんなさい。
でも気持ちはいつでもろーずさんたちとともにあります。

自分を責めないでください。

どなたかも書かれていましたが、こはるちゃんと、こちくんが虹の橋を渡った時以来の、書き込です。
ローズさんがこんなに更新されないなんて…。

今回の件、黙っていようと思えば、報告することなく、捕獲された方たちの中だけで収めることもできたと思うんです。
でも、ローズさんはそうしなかった。
炎上すること、責められることを分かりながら、ウソをつかずに、誤魔化さずに報告してくださった。
どれだけ、ローズさんが自分を責めているか、罪を背負おうとされているか、想像に有り余るほどです。
悔しくて悲しくて申し訳なくて、自分自身に突き立てたナイフを、心ない人の無責任な発言が押している。そんな気がしてなりません。
もしかしたら、私達の応援の言葉も、今のローズさんには辛いのかもしれない…。

目が覚めなかった子は、悲しいけど、きっと目を覚ませる程の体力がもう残っていなかっという事でしょう。
ローズさん達が捕獲しなくても、そう遠くない未来に虹の橋を渡っていたんだと思います。
急に冷え込んできた寒空の下で。
たらればを言っても仕方ないんですが、その子への色々な想いを、
外野の勝手な期待や想いを、ローズさん一人で背負わないでください。
ローズさんに救われた子、人、たくさんいます。
どうか、幸せになった子達、これから幸せになる子達を忘れないでください。

まとまってなくて申し訳ない限りなんですが
拙い言葉でも、ローズさんの目に止まれば良いな。
どうか。これ以上自分を責めないでください。

ろーじゅ、好きです❗

ろーずさん、あなたはいつも猫達のために全力で頑張ってらっしゃるではないですか。
ろーずさんはじめ、皆様の大変さは私も身をもって分かります。
自分を責めてはいけないですよ。

お仕事が終わってからとか、休みの日とかに、わざわざ、野良ちゃんを少しでも生きやすくするために、活動を、されてる、長崎猫の会の方たちには、頭が、さがります。

人間でも、全身麻酔による死亡や、後遺症が残る場合もあります。


何も、ローズさんが、せきにんを感じる必要は、全くないと、みんな思ってますよ。

もし、どこかに、今回の悲しい出来事の原因があるとしたら、野良猫を不幸にも増やしてる、社会全体にあると思いますよ。

No title

ろーずまりさん
お仕事をして、家事をして、そして 野良ねこさんたちの活動をして、
ちまたんとこうめちゃんのお世話をして、そしてさとぴーさんの奥様。
ご自分の為の時間が1日に何時間あるのでしょうか?
ただただ頭が下がります。
長崎猫の会の皆様、ねこさんたちの為のご活動 本当に頭が下がります。
ねこ好きの一個人として、何もできない人間として 
長崎猫の会のご活動を陰ながら・ささやかながら応援しています。

No title

こんばんは。今回のことではいろいろな意見があるようですね。亡くなった猫さんのことは本当に残念ですが、殺処分のようにひどい方法で命を奪われている猫達もいっぱいいます。
元を正せば、野良猫という存在を作ってしまった人間が悪いのであって、誰か一人の責任とかではないように思います。
保護活動をしてくださっている人達がいるから、助かった命もたくさんあるのです。
ろーずまりーさん、今までされてきた活動に自信を持って前進していただきたいと思います。大丈夫です。あなたに助けられた猫達が見守ってくれていますよ。自分を信じてください。

No title

結果は悲しいですが、もっと悲しいのは、誰よりも深く悲しんでいるローズさんの心に安易にナイフを刺すようなコメントの方がおられること。その人こそ酷い人間ですね。そして特定の病院を責めるコメントがあることもいい気分ではありません。
この世で、どれだけの人間が薬害で亡くなっていると思いますか?多くの人に効く薬でも、万に一人アレルギーで亡くなる方おられるのですよ。看護婦さんならよくご存じ。今回も、獣医さんが多くの経験の中から判断したこと。結果は悲しくても、次に悲しいことが起こらないように学ぶのが人間ではないですか?
こうやって炎上を覚悟でブログを書かれたローズさん。現実を普及するために覚悟の上で書かれたのでしょう。本当に頭が下がります。
批判して責めた方。これからもたくさんの子猫ちゃんが救われなければいけないのに、その活動に水を差す気ですか?本当も可哀そうな子猫ちゃんを救いたい気があるのですか?私には到底そうは思えません。

No title

ローズマリーさん どうか元気になってくださいね。
ほんとにあなたは優しい人です。これ以上に優しい人には会ったことがありません。

頑張って。

また会えますよ

長崎猫の会のカレンダーの制作意図は「今年、幸せになった子達が来年の命を繋ぎます」ですが、私は幸せになった子達だけでなく、ミケちゃんのような子も未来の命を繋ぐために大役を果たしていると思っています。
大丈夫ですよ。ろーずさん達の思いはミケちゃんに伝わっています。あちらでゆっくりして元気になったら、またろーずさん達のところに戻ってきますよ。絶対に!その時は、しっかり抱きしめてあげてくださいね。
私、死んだら歴代の飼い犬&飼い猫に会えると信じてるんですよ。現世で会えるともっとうれしいんですけどね。

ろずまりさん、何にも負けず進んで下さい!!
貴方達のしている事は、何も間違って無く、感謝の念しかありません。
御礼申し上げます。m(_ _)m
ゆっくり休んでから、立ち上がって下さいね!!
偉そうな事を言って、済みません。
ろずまりさんの、元気になる事を、トライアル待ちの、しおん氏も待ってますよ!
頑張っている人に「頑張れ!」は禁句!と、言われてますが…あえて「元気出して!頑張れ!!」
自分も……そうだった?どん底まで落ちたなって思った時、此じゃない!底はこれじゃ無い!!と、今がある。って…旦那が亡くなってからの、私の偽れざる気持ちです。
人でも、他の生き物も同じ!?

猫の欠片は猫で埋める?
私の場合は、年で埋める事も叶わず……今は、姪のニャンズで猫充電してます。
取り留めが無くなり、乱文失礼致します。m(_ _)m

ろずまりさん、ガンバ!!
休んでいたら動きたくなりますよ!そしたら、動けます。

待ってるネコ様がいるよ〜

ローズマリーさん、お疲れ様です。
毎度、読み逃げばかり、申し訳ありません
m(_ _)m

今回で3回目のお邪魔になります
こはるちゃん…
にゃんこせんせい…
そして…

ローズマリーさん、あなたを、待ってるネコ様がたくさん沢山たくさん、います‼️

辛く悲しいかと思いますが、何卒、よろしくお願い致します
寒い冬が目の前ですよ〜!

尚、
先日、11月7日に、義援金ゆうちょに振り込まさせて頂いております (tmです)
これは、ローズマリーさんの酎ハイ代です‼️
少なくすみません…

いっぱい泣いていっぱい呑んで、大至急、復帰お願いします
。・°°・(>_<)・°°・。


ロズマリさんファイト。

毎日ブログを楽しみにしています。
これまでのろーずさん、長崎猫の会の皆さんの活動をブログで読んできました。
ミケちゃんは今頃お空でお腹いっぱいごはんを食べて、みんなと楽しく遊んでいますよ!
ミケちゃんもきっと、大丈夫だからもう笑ってよって心配していますよ。
我が家のチビ達が眠るペット霊園の住職さんの言葉です。
悲しい顔ばかりしていると、心配でお空へ行けないそうです。
私はこの言葉を聞いて前向きにこれまで頑張ってこれました。
今はお空にいるチビ達のおかげで、3チビ姉弟と暮らしています。
命はつながっているんだなぁと思います。

No title

なにが最善で、どこに責任の所在があるのか。
判断が難しいものだと思います。
優先すべきことはケースbyケースで。

ワタシは仔猫を保護したことをきっかけに
ろずまりさんやその他多数のTNRをされてる方のブログに勇気を頂き
親猫やほか近所の雌2匹、計4匹を避妊しました。
近所の方からいろんなことを言われましたが
今年は子猫の声を聞いてませんので
それでよかったのだと思っています。

もちろん、麻酔についてはいろんな意見があると思います。
どんなに痩せているコでも大丈夫だったり、
どんなに健康体でも死に至るケースだってあるのです。

こうやってよい事も最悪のケースも勇気をもって発信してくださっていることに
感謝の念しかありません。

猫のためにという思いはみな同じではないのでしょうか?
批判的ご意見にしろ、擁護のご意見にしろ思いは同じなのだと思います。

ただ。
無事に帰ってきて着て欲しいと願っていた子が帰ってくることが無かった現状において。
悲しみのどん底にいる方へかける言葉を「人」として選びませんか?
自分が最善だと思った方法で、今回のような状況に置かれたとしたら・・・
そう考えることはできませんか?


今回の件だけではなく、様々な場面において。
できることだけでも手を差し伸べるだけで状況を変えることができるかもしれません。
反して、良かれと思って動いた結果が最悪になるケースだってあります。
ですが最悪のケースを批判してばかりでは何も生まれないように思います。

たった4匹を避妊して、たった7匹を譲渡して大変だったと思ったワタシからすれば
年間たくさんの猫を避妊去勢し、たくさんの猫を譲渡し、
しかもえさやりさんの相談に応じたり、
えさやりさん他との交渉ごとを行っている保護団体の方たちは尊敬に値します。

全てがすべて幸せになることが目標であったとしても
そこは神のみぞ知るの領域で。
ですから、ろずまりさん。
今は自分の気持ちのままに。
外野が何を言っても悲しいときは悲しいですし。

時が解決してくれましたら・・・
気が向いたときで結構です。
また、ブログに戻ってきていただけたら幸いです。
勝手ではありますが、貴女のブログに元気と勇気を頂いているものがおりますゆえ。

今はゆっくりなさってください。

残念な結果になってしまいましたが、ろずまりさんがどれだけ大変な活動をしているか、、ろずまりさんのブログで地域猫の活動を知り、地元の里親会で里親になりました。ろずまりさんが直接が関わってない所でも、ブログを通じて沢山の猫ちゃんを助けていると思います。ブログでは楽しい文章ですが、実際はやるせない事が多いと思います。とにかく応援してます!

何度もすみません。

ろずまり様

 ブログが更新されて無いのが気になって、何度も来てしまいます。
私もろずまりさんのブログで、猫ちゃんの事をいろいろと勉強させて戴いてます。
恥ずかしながら、保護活動の事も初めて知りました。
皆さんの活動を手伝いたくても遠方ゆえ出来ず、カレンダーだけは毎年購入させて戴いて、いつも楽しみにしています。
こうして少しでも参加させてもらえる事に感謝です。


今は暫し休息を取って…
どうかご自愛くださいね。

ブログ、気長に待っています。







ろーずさん、気持ちはみんな一緒ですよ。

すとんと猫にはまって猫好きなり、そのうちおうちのない猫もかわいくて可哀想でTNRを始めた人はみんな、普通に暮らすひとよりも何倍も多く、この世界の許しがたく理不尽なことに直面しながら乗り越えてきていると思います。そこにいる猫を守るために、とんでもないない人間を説得しようとする努力と忍耐はいかほどか。すべて猫のことを想ってのこと。

三毛ちゃんはあのお花とごはんの山のある暖かいおうちで可愛がられて暮らせなかったのが可哀想で、あの痩せこけた体に涙が止まりません。ろーずさんが一番そう思っているのだから、どんなにお辛いでしょうね。

色んな不運が重なって起きてしまったこと。三毛ちゃんが身をもって教えてくれたのは、この世界にちっぽけな生命などひとつもないということ。

ろーずさんの責任ではないです。それぞれの状況でできる限りの最善が、今だから言えるあの時の最善とは同じではありません。

三毛ちゃんに敬意を表し、沸々する感情は伏せておきます。

三毛ちゃん、今度生まれてくるときは、チョーかわいいオンナのコになって、お金持ちの優しい家庭で大切に可愛がられて、アイドルになってテレビで顔を見せてください。本当に本当に、ごめんね。

初コメさせて頂きます。いつもロズマリさんのブログを見て泣いたり、クスッと笑ったり、いつも元気を頂いてます。実は家でも2月に虹を渡たらせた子が居ます。前の夜から絶食させて朝、ハグして頑張っ来てね。明日お迎えに行くからねと送り出したらその日の夕方に麻酔から覚醒しない…人口呼吸器は付けてあるから早く来てあげてと言われ信じられないまま、病院に行きました。声を掛けても反応がなく、呼吸器を外してもらったらそのまま息を引き取りました。コンビニの入り口で人の顔を覗き込み人を探してるようにも見えて…しばらくは様子を見てました。でもこのままでは虐待に合うのではと思い家に連れて帰るとまるでずっと居た子のようにくつろぎ初め、膝の上でゴロゴロと大音響で甘え初め、本当に可愛い女の子でした。亡くなった事からショックで立ち直れなくて毎日泣いていました。あるアニマルセラピーの方にお話をしたら寝てる間の事は分かんないけど、ママに逢えたことは嬉しかったよと言われました。だからロズマリさん、皆さんに逢えたことは嬉しかったと思いますよ。あの過酷な所に居て、ご飯のお腹いっぱい食べたことは無かったし、暖かいところで安心してグッスリ寝たことも無かったと思います。だから暖かいところで安心してグッスリ眠ったと思います。虹の向こうでご飯もいっぱい食べてる事でしょう。だからロズマリさん、自分達を責めないで下さい。少しゆっくり休んでまたブログ再開してくれれば嬉しいです。

どうか元気を出してください

おつらいことと思いますが、どうぞどうぞ元気を出してください。

ろーずさんと長崎ねこの会の皆様のことを心から応援しています。


二度目です^^;

そっとしておいてあげてと言う意見もありますが…
ネットの上で書き込むしか出来なくて、
無責任で申し訳ありませんが、、
ろーずさん、どうかブログをやめないでほしいと思います。
このブログを通して苦しい環境の中で暮らす猫さんたちの
ことを知りました。
私の無知さを知りました。
この先も、誰にも気づかれることなく
消えていく命のことを世の中の人に伝えてほしいと
思います。

勝手なことを言ってすみません。
毎日、”自分の暮らしに余裕が出来たら”、
”自分がちゃんと生きられるようになってから”
と言い訳をして行動に移せません。
野良猫さんの事を知って、
行動できることが本当の愛情だと
思います。
ローズさんたち長崎猫の会の方々、
行動されている方々を尊敬しています。

私は4にゃんを拾いました。
でも、雪の降る日に拾って帰ることを
出来なかったことを今でも
後悔しています。
可愛い子で、甘えん坊で、人によくなついていました。
元々は飼い猫で捨てられたのかもしれません。
足にすり寄ってきました。
撫でたら幸せそうに手に顔をこすりつけました。
家に連れて帰ったらなんていわれるかわからない。
でも、保護出来たら、、里親を探していたら、、、
あの子は死んでしまったと思います。
とても寒い日で、お腹もすかしていたから…
今でも、きっと、一生後悔すると思います。
ローズさんも忘れられない辛いことが沢山
あると思います。
それでも、前を向いてほしい。
心からそう思いコメントさせて頂きました。

長文失礼しました。

いつも読み逃げですが
毎晩楽しみにしています。
更新がないので心配しています。
様々な意見があるかと思いますが、
今回の事を糧に前に進んで頂きたいです。
応援しています。

ブログ更新されていない…。
ろーずまりーさん 大丈夫ですか?
心配です…。

No title

ローズさん大丈夫ですか?
ローズさんのブログを毎日拝見して泣いたり笑ったりしながら
自分もノラちゃんを保護したり・・で、何か不遇な猫ちゃんを助けるボランティアに
参加したいと思い始めています。
今回の事は私のやろうとしている事は楽しい事ばかりではないと教えてくれました。
お辛いでしょうがローズさんを目指す私たちの為にまた1匹でも幸せになれる様に
宜しくお願いします。
長崎猫の会の皆様・・遠くて譲渡会にも行けず何の手助けも出来ませんが
全国に応援団が居ます!
変わりなく宜しくお願いします。

No title

この子は目覚めたくなかったんじゃないかなぁ・・・
またあの過酷な場所に戻りたくなかったのかもね
初めて手足伸ばしてゆっくり寝れたんだよ・・・
いつになったらこんな小さな弱者にも優しい世の中になるのでしょうね・・・

初めてです

初コメです。
いつも猫さまの全てを愛している素敵なブログ、拝見しています。

意見するわけではないですが、きっとその猫ちゃんはそうなる運命だったのだと思います。

ご自身を責めずどうか乗り越えていただきたく思いました。

三毛さんの冥福を心から祈ります。ろーずさん。いつもねこちゃんたちのことを考えて誠実に行動されている姿に頭が下がります。ちゃんと、伝わっています。

No title

いつも応援しています。

また、頑張りましょう。

色んな考えの人がいると思います。

でも野良猫さん達を助けたいと思っても、ご近所の目が気になったり、なかなか勇気が出なくて切ない思いをしている私は、ろーずまりーさんを尊敬しています。
今は静かに休んで下さい。みんな待ってますよ。

三度目です^^;

マカロニサラダを拾い喰いしている写真勝手にコピーさせていただきました。

友達も読者もいないFB(ひよこ先達)ですが黙って何もしないのが辛くて貼り付けさせて戴きました。

無断盗用お許しくださいm(_ _)m   

ろーずさん、大丈夫ですか?
今回は辛い思いされましたね…。
ろーずさんの気持ちを思うと何て言ったらいいのか言葉が見つかりません。
でも、ろーずさん達が頑張ってるから助かった命も沢山ある。ろーずさん達の発信で知らなかった保護活動の現実を知る事が出来た人も多いと思います。
私もその一人ですし、ろーずさん達のブログを読んで、保護猫と暮らすようになったり、具体的に活動はできなくてもせめて小さな支援をさせていただくようになりました。
今回の事は本当に悲しい事でしたが、又前を向いていただけたらと思います。もちろん応援しますし、こういうしんどい時も何もできないけど、何か力になりたいなって思っています。

毎日ブログを読ませていただいてます。文章からにじみでるローズさんの優しく愛情深いお人柄。野良猫の厳しい現実を少しでも良くしようと限られた時間の中行動されていて頭がさがります。
今回のことも私達には計り知れないいろんな状況の中での苦渋の決断だったと思われます。
寒さと飢えの毎日の猫ちゃんを少しでも良くしようと行動したみなさん。悲しい結果にはなったとはいえ安らかで苦痛のない最期だったのは救われますね。
ローズさんブログ再開してください。心優しい人が心を痛めていると思うと苦しいです。

鳥取大学農学部附属動物医療センターのホームページから、「小動物臨床における麻酔のリスク」という研究まとめのページが見られます。

同まとめによると、全身麻酔による猫の死亡率は0.26%、健康な猫で0.11%、疾患のある猫で1.4%と記載があります。

仮に、TNRの麻酔事故が1/1000=0.1%だとすると、データの死亡率と大きなかい離はなく、素人目にはローズさんが慢心していたとか、大きく責任を感じることはないのではないかと考えてしまいますが。。。

初めてコメント書かせて頂きます。
こはる日和いつも愛読してます。
ろずまりさん今は心も体も、ゆっくり休めて下さい。
今回のことは色々な不幸が重なった結果だと
そして亡くなった猫ちゃんの寿命だったとも思います
いいことばかり書いてるブログより真実を教えてくれる、ろずまりさんに感謝してます
どうか、ご自分を攻めないで下さい
これからも応援してます

理不尽なこと

最初から全て読ませて頂いてきた者として。

ローズマリーさんが書いていること、載せて下さっていることが事実の全てでは
無いと言うことは、言うまでもなく皆さんも理解していることでしょう。

一つの組織として、保健所からも近在の人々からも猫さんに関わる全ての人々から
信頼を得て、行動に繋げるのは並大抵の努力では出来ないことだと思います。

非情だと側の人間が思おうと、この場合くらい特別にいいじゃ無いかと思っても
一度決めた保護依頼など一切受け付けませんなど、決まり事をその都度を変えて
いては信頼関係は築けない、結局は人間対人間の問題だからです。

今回の件だけを取り上げても、色々全て状況把握の上、このように行動するしか
なかった結果だと思います。浅はかな考えで行動をするような方ではないでしょう。

他の方も書いていますが、後から「・・・だったら、・・・ならば」は言うべき
言葉では無いと思います。

増して「有名ブロガーだから」とか「儲かるから・・・」とか、なんと言う
さもしい根性でしょう。言葉の汚さは心の汚さに通じます。

辛い内容を書いて下さったことに感謝して、自分だったらどう行動したのだろう
かと自問自答を繰り返し、改めて全ての命を大事に生きていきたいと思いました。

ろーずさん、お気持ちを考えますととても辛くなります。どうかお気落としなさらぬように…
みなさんが仰っているように、ねこさんを愛するが故の厳しい意見、温かい言葉さまざまなコメントが寄せられることはそれだけ「長崎ねこの会」の活動が注目されているのだと感じましたよ。

生きとし生けるものの死は、鋼鉄のハートを
持っていたとしても大変哀しいものです。
今回の件は、亡くなってしまったねこさんか
らのメッセージだったと私なりに受け止めています。

劣悪な環境で人知れずひっそりと亡くなっていくねこさんが多数存在する中、綺麗なお花やご飯を供えてもらい、火葬してもらえて幸せだったと思います。

ろーずさん。今はゆっくり休んでください。
ろーずさん達の決断は英断でした。
今回の件を勇気をもってブログで報告してく
れたことを亡くなったねこさんも充分に理解していると思います。

これからも毎日ブログを覗きにうかがいます。マイペースでの更新でもいいと思いますよ(^-^)
初コメントの上、長文にて失礼しましたm(_ _)m

亡くなった猫ちゃんへ

ごめんね。

ろーずさんの責任だと責めたひとも、ろーずさんの責任ではないと憤ったひとも

みんな、猫ちゃんには生きてて欲しかったんだよ。

生きてほしいと願ってたんだよ。

こんな結果になって、ごめんね。

これからはみんなで知恵を出し合って、こんなことが無いようにしていくからね。

許してとは言わない、でも見てて。

お空から見守ってて。

ごめんね。





ろーずさん。私は、保護した子猫ちゃんと一緒に生活を始めてまだ2年目の者です。猫ちゃんに関してはど素人で、最初は抱き上げることすらどうしてよいかわからない状態でした。ですが、猫のことをもっと知りたいとネットで検索するうちこちらのブログや長崎猫の会の皆さんのブログにたどり着き、毎日楽しみに覗かせていただいています。思わず笑顔になり、涙を流し、たくさんのことを教えていただいています。
地域猫の存在を知り、自分の住まいの近くにも地域猫さんがいて、その保護活動をなさっている猫の会の方が居ることを知り、今では、ルールや注意点などを教えていただいた上で、私も毎晩ごはんを持って餌場へ様子を見に行っています。
ろーずさんをはじめ、長崎猫の会の皆さんのブログでは、小さな命の愛しさ、儚さ、そしてただただ生きようとする真っ直ぐさ、人間に寄り添わなければ生きては行けない現実、たくさん教えられています。

これだけたくさんの皆さんが毎日の更新を楽しみにしているブログですから、どなたかが仰ったように、ろーずさんは確かに「名ブロガー」です。
ですが、この大人気のブログは、私達読者には到底想像も出来ないような厳しい現場でも、ろーずさんをはじめ長崎猫の会の皆さんが、地道に、誠実に続けてこられた保護活動の賜物です。そしてブログから溢れ出るほどに読み取ることが出来るろーずさんの人柄によるものです。
こんなにたくさんの応援団がいます。

長崎から遠く離れた北陸の地ですが、私も、地域猫さんのために微力ながら出来ることを少しでも長く続けていきたいと思います。


長文失礼しましたm(__)m





No title

皆さん、もういいでしょう?

ろーずさん、少しは何か召し上がりましたか?

眠れなくても横になって下さい。

皆さん、ローズさんはものすごいショックを受けています。

休ませてあげましょうよ!
コメントは少しお休みにしてあげてはいかがですか?

皆さんでミケさんのご冥福を祈って、あとはろーずさんの心の傷が
癒えるようにと願って、しばらくそっとしてあげましょう!!

毎日楽しみにこはる日和を見てます。
この度の猫ちゃんの事大変残念な結果になり、ろーずさんの心中を思うと心配でなりません。
ろーずさん達の活動は、誰にでも真似出来るものではありません。
全てのコメント読ませていただきましたが、批判的な意見をされてる方々言葉は使い方によって人の心を切り裂く刃物になる事わかってコメントされていますか?
自分を責めて責めて苦しまれているろーずさんを今以上に傷つけて欲しくないです。

ブログを通して活動を知り、色々勉強させて貰いました。我が家にも愛護団体から譲渡を受けた3匹の猫が居ます。
ろーずさんのブログを読んでなければ、私はきっとペットショップで猫を購入していたと思います。

ろーずさんあまり自分を責めていると、にゃんこ先生に怒られますよ!
ゆっくり時間をかけて心も身体も休めて下さい。
いつも応援しています。

No title

無料の避妊手術というところで、その個体の健康状態を無視した麻酔方法が問題だったのではないでしょうか?ガリガリに痩せていたら、せめて呼気麻酔で状態をみながら麻酔して、すぐ抜けるようにとか、方法はあったかと思いますが、「無料」手術の子にそんなめんどくさいことはしない、という病院側の事情。

呼気麻酔でさえこの子の体力ではだめだったかもしれない。
獣医師ならわかったのではないでしょうか?
危なそうだと思ったら、医者であれば手術拒否をすべきだと思います。

医療ミス以外の何物でもない気がします。

元はといえば餌だけあげて増やしてしまった人間の責任ですから、ろーずさんはご自身を責めないで
ください。

でも竜之介動物病院に猫を手術に連れて行くのは、たとえのらさんでもやめてください。
病院口コミがひどいです。

ろずまりさん

お心お体大丈夫ですか?

今回の件は、いろいろな意見があっていいと思います。
人は一人一人違うので、考えもそれぞれ。
自分の意見を押し付けるのではなく、提案し話し合う。
猫ちゃんのことを思っての意見でしょうが、相手を傷つけるような言い方や、苛立たせるような言い方をしていては話し合いにならないと思います。
うまく言えませんが…

不幸な猫ちゃんが一匹でも多く救えますようにろずまりさん達の活動を応援しています。
今はゆっくり休んでください。

ろずまりさんは悪くない!絶対に!だから、自分を責めないでください。ろずまりさんの想いはちゃんと、あの猫ちゃんに伝わっていますから。

真実をそのままブログにアップしたら、もしかしたら多くの人から批判されるかもしれなかったのに…。それでもアップされたろずまりさんの誠実さに心打たれました。これからも応援してます!

ローズさん

どうかどうかご自身を責めないでください。
ローズさんのおかげで、本当は愛されなかった猫さん達が沢山いることをどうか思い出しいてください( ; ; )
いつも読み逃げで申し訳ないのですが、本当に素晴らしい活動をされていると思います。

どうかご自愛ください。そしてまたHPで投稿を読むのを楽しみにしています。

No title

加速しながらずーっと走り続けて来られてきたろーずさん達。
仕事の後の捕獲、休日の譲渡会とか、
保護猫さんもたくさんいて、
中にはすごく大変な現場もあり、
活動の幅も広がればその分嫌なこともいっぱいあるだろうに
本当にいつ休んでおられるんだろう、無理されてるんじゃないかと思っておりました。

三毛ちゃんだけのことを考えるとかわいそうしかないから、
批判があるのも分かるけど、
これだけ今まで献身的に猫のために尽くしてきたろーずさん達に
辛い思いや後悔をさせるためだけに三毛ちゃんが存在したとは思えません。
もしかしたら、三毛ちゃんが、ここでちょっと立ち止まったほうがいいよと教えてくれているのかもしれないと思いました。
少し休んで、いろいろ話し合って、そしてまた進んで行ってくださったら
三毛ちゃんの存在意義は大きいと思います。

落ち着いたら

初めてコメントさせてて頂きます。
色々落ち着いたら、またブログ更新してください。
いつまでも待ってます!
初めて猫と暮らし、色々調べていてこのブログに辿り着いたのは数年前。
カワイイカワイイだけで何も知らなかった野良猫ちゃん達の過酷な人生を教えて頂きました。
そして、ローズさんのようなボランティアで頑張っている人達がいることを。
知らないって、怖いことだと思いました。
だから、ローズさんのような活動は出来ないけど、私がローズさんたちに教えて頂いたことを、知らない人に伝えてます。

待ってます!
無理はなさらず、ローズさんはローズさんらしくいてください。
無責任に失礼しました。

こはる日和、画面の前で泣いたり笑ったり怒ったりしながら、もう何年も読ませていただいてます。

野良猫に関して全く無知、無関心だったわたしが、
野良の子猫を保護し里親にだし、
母親の避妊手術をしたり
側溝に落ちてた300gの子猫を育てたり
できました。
病院に行ったり、地元のボランティアの方に
捕獲器を借りに行って相談したりしながら、、

そんなときふと思ったんです。
わたしがこうできてるのは
こはる日和のおかげだなと。
楽しく読んでるうちに、ローズさんから
勇気と知識をいただいていたんですよね。

ローズさんが、今回のように
書くのも辛いような
ことまで書いて下さることによって、

経験の少ないわたしは、
ああいう可能性もあるから注意しないと!
と考えることができます。
家の子や今後出会うかもしれない子達に
ローズさんが経験して教えて下さったこと
を生かすことができます。

幸せなことも辛いことも
ローズさんが上手に教えて下さる
このブログは
わたしの楽しみでもありますし
教科書でもあります。

今回亡くなってしまったネコちゃんの
写真をみると涙がでますが、
当たり前ですが、ローズさん方を
責める気持ちなんて微塵もわきません。

こはる日和があるおかげで、
長崎だけではなくて、多くのニャンコが
救われてると思いますよ。

これからもずっと応援しています!



休んでください。

疲れもピークに達していると思います。
どうか、今は身体を安めてください。
心の傷は、なかなか癒えないと思いますが…

言いたいことは、皆さまがたくさん話して下さっているので、応援者の一人として、一言だけ

ろずまりさん、心身共に、ご自分を大切にしてください。

実際に行動してくださる方が、最前線にいて辛い思いをされる。愛ある方々ばかり辛い思いをされる。
動物愛護センターで講習を受けましたが、猫の収用数、とりわけ子猫の収用数が凄かった。つまり、致死処分数も凄いということ。猫は産まれて半年もすれば妊娠可能になること、一度の出産数、生涯出産数の多さ、ネズミ算式に増えること、そしてその影に猫の生態に詳しくない餌やりがいること。沢山学んできました。
こんなことをしたくて獣医師になったんじゃないと涙した愛護センター職員の姿が忘れられない。死なせてしまったとご自身を責めるローズマリーさんと重なる。命を思い、命を救いたいと願い、ネズミ算式に増えることをストップしようと私生活を削ってまで頑張る方に、批判する人の神経が分からないし、分かりたくもない。
目が覚めずに天に帰ったその子の命に誰か責任があるとしたら、何もしない私だと思う。私の無知、無行動だと思う。たとえ100円の募金でも、たとえ友達との何気ない会話の中で話題に出すだけでも、行動しなきゃ。今回のブログでそう感じました。
炎上させたら申し訳ないけど、ローズマリーさんを批判するコメント入れた方。1000匹以上の命を救ってから言いやがれ!…失礼しましたm(__)m
ローズマリーさん、どうかご自身を責めないでください。

NO TITLE

ろずまりさん、バナー外されていますね

責任は捕獲した私にあります・・・って
それは違うと思いますよ
三毛ちゃんがガリガリの体と命と引き換えに、こんなに多くの人達に無責任な餌やりがどんな事になるのか、身体をはって伝えてくれたと思っています。

ろずまりさん達がそこの現場に行ってなければ、三毛ちゃんだけでなくみんな
ただ、いつの間にか知らないうちにいなくなっていたのだから。

私もTNRのネコにせっせとご飯運んでいます
あげている最中に人から声を掛けられたりもしますが、その時は、
この子は避妊手術してます、耳カットしてるでしょう、だからこの子は一代限りなんですよ
子供は産まないんですよ・・・って。

ろずまりさんのブログを知ってから、他の方たちのブログを読むようになってからです。
私にこんなことを言える様にしてくれたんですよ。

だから、ここに集う皆さんの言うように
お願いですから、自分たちばかりを責めないで下さいね。



No title

.ローズさん、ひどいコメントに負けないでくださいね。
皆さんのようにうまく書けないのですが。過去にさかのぼり全部読み、今も更新を楽しみにしています。コメント欄とじたほうがいいのでは、こちらまで不快な気持ちになり、一日がブルーです

いつもブログ拝見しています。
いつもFacebookの方でいいね!を押しているのですが、昨夜は更新がなく心配しています。
私はろーずさんのブログを知り、野良猫について考えるようになりました。
ろーずさんの活動は素晴らしいことです。
みんなができることではないです。
気を落とさずにこれからもたくさんの猫さんを救ってください。
応援しています。

犬飼いです。
私は1匹の生涯に向き合うだけで、
毎日いっぱいいっぱいです。


多数の猫達と向き合っているあなたには


ただただ頭が下がる思いです。

ろずまりさん。きっと今もご自身を責めていらっしゃる事でしょう…。
ろずまりさんの責任じゃないですよ、と申し上げても、心が晴れる事はないと思います。
ですが…
この猫ちゃんが教えてくれた事…
餌だけあげて増やす事がどれだけ不幸に繋がるか、改めて教えてくれたのではないでしょうか。

ろずまりさんがどんなにご自身を責めても、これだけは言いたい。
「ろずまりさんは間違っていない。たくさんの想いを抱えながら日々ありがとうございます」

また気持ちが落ち着かれてたら、更新お待ちしていますね。

No title

ろーずさま

いつもいつも猫さん達の幸せを願って活動されているろーずさん 人一倍 辛い思い 悲しい思い 悔しい思いをなさっていると思います. どうぞご自分を責めずに 早くお元気になってくださいね 外で暮らす猫さん達の状態が少しでも改善するよう 応援しています (そう気づかせてくれたのは ろーずさんです) 

亡くなった猫ちゃんに できればお名前をつけて送ってあげてください. どうぞ安らかに.. 天国で 他の猫さん達を見守ってあげてください 

野良さんの生涯が過酷でも、何とも感じない人がいる。見ないふりをする人もいる。

なにもしなければ、死を見なくても済む。
批判もされずに済む。
でも眠る時間を削り、神経をすり減らしても命を助けようとしてくださっている。

野良さんの生涯が過酷なのだと知るようになっても、実際には何も行動できない自分を冷たいと思っています。

ろーずさん、ごめんなさい。助けられて幸せになった記事を見ていつもありがたくて嬉しいです。
いつもありがとうございます。

無理はしないで。

いつも更新ありがとうございます。
毎日楽しく拝見しています。
でも、ろずまりさんも生身の人間です。
がんばれない時があってもいいのです。
自分の気持ち最優先だっていいのです。
そして、ろずまりさんがこのブログの中で
誰かに謝らなければばらないことなんて
ひとつもないのです。
いろんな考え方がある・・・それだけです。
ご自分に優しくしてあげてください。

最後に亡くなった猫ちゃんが天国で楽しく暮らせるよう祈ります。

こんにちは
二日前から感情的な批判や『名ブロガー』とか『責任をとれ』などの言葉に心がざわざわして
とにかくローズさんが心配で心配で書きたい気持ちがあっても上手く言葉にできませんでした。
長く読んでいますがこのブログは日々の猫さんとの暮らしと里親を探すためのものでした。
多くの人に読んでほしいと『くすっと笑える』楽しい記事がほとんどで、たまに現状を伝えるものでした。
それでも過酷な現状と会の皆さんの献身的な努力は痛いほど伝わっています。
会の方々が保健所から引き取り治療して人なれさせ幸せを願いながら里親様に送り出してきましたが、救える命はほんの極々わずかで多くのそれも子猫が亡くなってしまっている
だからその蛇口を止めるためにTNRをされ、他の保護活動をされていらっしゃる方もその方法をとられていらっしゃいます。
コメントの中にもボランティアの方々や医療従事者の方がそれぞれのお考えを述べられ何も知らない私には大変参考になりました。
感情的に批判していてもそれが猫さんたちになんの得があるのでしょうか。ご自分の気持ちがすっきりするだけではありませんか?十分謝らせたじゃないですか。もういいでしょう。実際公衆の面前でここまで言えますか?
ここはローズさんのブログです。コメントもマナーがあると思うのですがいかがでしょうか。お互い匿名なのがいいところですが本当には何をされているのかわからないですよね。
せめてどんな活動そしているのかサイトを教えてください。
薬も副作用があります。TNRもまだ問題は山積みなんだと思います。どうしたらいいのか皆で前向きに考え話すことが大事なのではないでしょうか。

ローズさん、眠れてますか?人一倍責任感の強い方だからとても心配しています。

ただただ猫ちゃんの冥福を祈ります

人間の罪をローズさんが一人で背負うことないと思ってます。私もせめて猫ちゃんの冥福を祈って涙し、ローズさんを励ましたい。ローズさん、長崎猫の会の皆さん、最前線でご活動頂き本当にありがとうございます。
幸せ、思いやり、そして愛がいつも皆さんと共にありますように。
心無い誹謗中傷に対してせめて私も防衛にくわえさせていただきます。私は長崎猫の会の活動を応援しています。感謝してます。
寒くなりますので皆さんご自愛ください。

大阪から愛を込めて 

部外者の感想です。個人の勝手な意見です。的外れですみません。

私は他の地方在住ですが、竜之介動物病院さんは以前情熱大陸で見て知っています。こはる日和は猫ブログの検索をしたら一番に見つかるような有名ブログ。この二つが関わって今回のことが起きたのは、神様から問題提起をされたように感じてしまいます。

竜之介動物病院のブログに対するコメントがあったので見に行くと、写真や本日の避妊手術頭数300匹!と書かれていました。無料で手術、善良な考えからの行いを大きな動きとして実行していくなかで、ひとつの命への軽視が起こってしまったように感じました。麻酔の危険性も理解していますし、もちろん不慮の事故です。

ですが、ローズさんが記事にしなければ、多くの人に知られなかったでしょう。悪い結果もきちんと報告するローズさんの誠実さが好きです。

避妊手術での死があるのも事実なので、それも含めて保護活動への理解がより深まるきっかけをくれたのではないでしょうか。

どうか、気持ちが落ち着いたら、ブログを再開してください。シオン君が幸せになっていくのを楽しみにしてます。

苦渋の判断をされたこととお察しします。

ろーずまりー様、長崎猫の会のみなさま

今回の「残飯」の現場のお話、ブログに書くことができないことの方が多いのだとお察しします。
特に「捕獲」の日のブログには、ろーずさんの不安な気持ち、なんとか皆無事に手術を受けて戻ってきてほしい、という気持ちがあふれていました。
「不安」が現実のものとなってしまい、ご心労・ご心痛はいかばかりかと思います。

今回の現場も、猫さんたちが何とか生きていけるように、餌やりさんご本人、
ご近所の方々に対し、かなりの説得・交渉をなさったことと思います。
(リリース時に、立ち合いの方に許可を得て、カリカリをあげていらしたところなどからも、慎重かつ丁寧な交渉をされていたことが感じられました。)

でも、普段(猫用フードを買うことをせず)残飯をあげているような方が、不妊施術費用の一部を負担することを承知するはずもなし、だからと言って、全額長崎猫の会で負担することもできない
(地域猫活動のことはなかなか浸透しないのに、「○○さんの時は無料でやったらしいじゃないか。」という情報だけはなぜか広まる・・・)

度重なる説得の結果、やっとご本人が搬送してもいい気持ちになった(気が変わっては困る)、竜之介動物病院の無料手術期間は限られている、そんな中で急遽捕獲なさったように読み取れました。

すべて「人間側の事情」と言ってしまえばそれまでですけれど、文字にすることのできない、たくさんの苦難・葛藤を経たうえでの、苦渋のご判断だったとお察しします。

いちばん大変なのは「人間相手」の交渉・説得ですよね。
「すべては猫さんのために」 
いつも一生懸命ありがとうございます。
私も今回の猫ちゃんのことは忘れません。
胸に刻んでこれから活動していきます。

寒さに向かいますので、心身共にご自愛ください。

ろーずさんの苦しさ、悲しみは計り知れないものだと想います。
ほっておくことができなかった想い、それが真実です。
応援しています。応援することしかできなくて、すみません。

ろずまりさん、大丈夫ですか?

更新もないし、今回の投稿には「ポチしてください」も設置されてない。

相当堪えていらっしゃる事と思います。

お仕事終わってから、家事に家猫さん、保護猫さんのお世話にブログと。

毎日更新が夜中なのでそれだけでもお身体心配していました。

長崎ねこの会行きつけの獣医師では餌やりさんは費用がかかるから

避妊されなかったと思います。

麻酔の覚めが悪くて獣医さんから「点滴しましょう」と言われても「また来れないから」と

連れて帰られたのだし、苦渋の選択でされた結果を責めたりできません。

どんどん捕獲依頼も増える中、ろずまりさんはじめ、会の皆さんの肩にのしかかる量も

限界を超えていると傍からみても感じます。

心無い言葉を投げつけられて現場で頑張っていらっしゃるろずまりさん。

どうかどうかご自分のお身体も大事にされて下さい。

こうめたん、ちまたん、あ、ご主人にとっても唯一無二の存在です。

この際、ブログ更新は暫くお休みされてゆっくり心と体をいたわられて下さい。


は?何言ってるの?

批判してる人。何言ってんの?

ろずまりさん他、長崎猫の会の人達が今までどれだけ苦労して来たか知ってるの?
ぬくぬく暖かい部屋でパソコンいじってる間に、寒い中何時間もかけて保護して
無理な出産で不幸な子が増えないように、人間のせいで猫が嫌われないように
何年も頑張ってるんですよ。

100%絶対なんてことはないんです。
人間だって麻酔で悪い結果になる人はいると聞いています。
その子の体質だってあるんだから。

亡くなっていいとは言いませんよ。
でも、ほんとに悲しいことだけど、こういうことだって起きると思います。
私達にできることはこの子の冥福を真剣に祈り、これからもろずまりさん達の
活動を支えることです。

No title

ろずまりさま。ちゃんと眠れてますか?
たくさんの人が心配しています。
たくさんの猫があなたが元気になって助けてくれるのを待っています。
早く元気になってくださいね。ブログでまたお会いしたいです。
今日という日を大切に。
いつも応援しています。
こうめちゃんのファンより。

頑張って

長崎猫の会の皆様お疲れ様です。
私はこの会の活動を知ることができて、多くのことを知りました。
そして、皆さまがアップされているブログの背面には多くの大変さがあることもわかります。
現実を目にすることがどれほど心を痛めることかを想像してしまいます。
ほんの一つの事さえも目をそらしたくなることも多いと思います。

100%確実なんてありません。
何をするにもリスクは存在します。

その時々を精一杯考え判断して行動した結果が完ぺきなはずもありません。

結果を責めることは簡単です。
責めても何も生まれません。
辛い思いは直面している方々が私たち以上に感じているのです。
私たちはそれを見守り、受け止め、私たちができることを考えていくことのほうが大切だともいます。

辛い環境で生きている動物はとても多いです。
そこから目をそむけ、見捨てている人も多いです。
手を差し伸べても差し伸べてもきりがないです。

やせほそった猫の姿
この子の姿がいろんなことを私たちに教えてくれていると思います。
せめてこの子の死を意味のあるものにしてあげることができたなら
せめてこの子の供養になるのではと思います。

猫の会の皆様、獣医さん、お手伝いしている方々
応援しています。
そしてこれからもたくさんのこと私たちに教えてくださいm(__)m

いつも応援しています
いつも見させてもらっています
辛い現実を、きちんとブログに載せてくれてありがとうございます。

ローズさんの今回のブログを読んで、同じように心を痛め悲しんでいる方々たくさんいますよ。

お願いですから、ご自分を責めないでください。
残念ながら悲しいことになってしまう猫ちゃんもいますが、今までどれだけの猫ちゃんと出会えた飼い主さんが幸せになれたことでしょう。
猫大好きでありながら、何もしてない私から見るとろーずまりーさんは素晴らしい方だし、全ての猫たちは感謝していると思います(猫はスピリチャルな生き物らしいし、猫間の情報網は広がるのが早いらしいですよ!)
今回残念ながら亡くなった猫ちゃんも、ろーずまりーさんが見なかったら、いずれ寒いところで震えながら寂しく、一生を終えたんじゃないかと思います。
それが、病院の檻の中ではあるけど、人々に気遣ってもらい、暖かな気持ちで外でよりはホッとして「寒い中に帰るよりは…このまま眠ったままで…」という自分の意思で身体を離れたのかもしれません。猫はそういう選択ができるといいますから。
ろーずまりーさんも頑張りすぎです。自分のこともいっぱい幸せにしてあげてください。そのほうが、こはるちゃんもにゃんこ先生も、こうめちゃんちまきちゃんも安心すると思います。
どうかご自分を責めないでくださいませ。

いつも楽しく読まさせたいただいております。初めて書き込みをさせて頂きます。

つまづいたり、ころんだり、喜んだり、泣いたり。成功したり、失敗したり。何か行動を起こすと、そんな事の繰り返し、と私は思います。

亡くなった子が天国でお腹いっぱい食べれて、綺麗な場所で、暖かい場所で、誰かに愛されながら、安らかに暮らせれるよう、心からお祈りします。

寒い冬が来るたび、外で生活している子達が不憫でなりません。うちの子達は、こんな暖かい場所で安心して眠れているのに。やはり、過酷な生活環境で暮らす子を増やさない活動が最善だと私も思います。

ローズマリーさん達の活動に賛同です。これからも、頑張っていただけたらと思います。

こはるさんに喝をいれられちゃいますよ

いれんなことを言う人がいます。
何も知らないで、何もしないで、無責任な事を言うだけの人が…
いいことばかりじゃありません。
猫の会のみなさん、楽しげにアップしてくれてますが、本当は、もっと悲惨な事があたりまえなんですよね。
手術は、元気な子でも麻酔は危険です。
あの子は、身体がボロボロだったのでしょう。
とても残念でしたが、きっと、寒さや飢えで長生きできず、まだまだ苦しい思いをして、亡くなったであろう事を思うと…カリカリを食べて、暖かい場所で、みんなの思いと一緒に、火葬してもらえて…
長崎猫の会のメンバーさんの事を知ってたら、誹謗中傷なんていえませんよね。

No title

再度お邪魔します。
こうやってみんなに注目されて可哀そう、と言ってもらえる子はまだまだよいのだと思います。
この子たちの陰で人知れず殺されたり車にひかれたり、飢え死にする子を少しでも減らしたいと、ローズマリーさんは活動なさっているのだと思います。その姿勢に共感し何とか協力したい!と皆さん毎日ブログを見てポチッとして、カレンダーを買ったり、ショッピングするのだと思います。私もその一人です。
自分ができないことをやっている人を、責めるのは簡単です。
一番悪いのは自分のエゴで、餌だけをやる無責任な人です。
どうか元気出してください。落ち込んだらこはるさんに叱られますよ

昨夜更新がなかったので気になってしまい、二度目のコメントです。

ろーずさん、ちゃんと眠れていますか?お食事されていますか?
責任感がとても強いろーずさんのことですから、ずっとご自分を責めていらっしゃるのではと案じています。
今回のことはとても悲しい結果になってしまいましたが、ろーずさんたちだけのせいではもちろんなく、我々自分勝手な人間全体の責任だと痛感しています。
そして、このような形でお知らせくださいました勇気に心から拍手します。

このことを糧にして、長崎猫の会の皆さまの活動がさらにきめ細やかなものとなっていくのだろうと思います。
ろーずさんたちを待っている猫さんたち、そしてご家族のさとぴー、こうめたん、ちまたんのためにも、ろーずさんが早く元気になりますようお祈り申し上げます。

ごめんなさい、どうして竜之介動物病院さんの批判までここで出てこなくちゃいけないんですか?

今年の震災で、こちらの先生方が動物連れの被災者のためにどのような活動をなさったか、普段からどういった姿勢で動物医療にのぞんでいらっしゃるか、知りもせず批判はやめてください。熊本県民でこちらの先生方に感謝している人間は私も含めてたくさんいます。



いつもの長崎の病院でやればよかったのに等の書き込みは普通に理解できますが、熊本県民として竜之介動物病院さんを簡単に批判されると本当に悲しい。

こちらの地域は、冬は、雪に埋もれ、数日前は、1日氷点下でした。


そのせいか、野良猫の数も、多分暖かい地方よりは、少ないと思います…



長崎は、私が想像する以上に、野良さんの数も、多いのは、辛い現実ですよね。


それゆえに、無料の手術も必要なことなのでしょうね…

私は、無料だから、粗悪に手術してるとは思えないのですが…




テレビでは、女医さんが、私失敗しないので…と、人気ですが、現実には100%成功なんて、ほとんどあり得ないのは、皆さん知ってますよね?

辛いけど、それが現実ですよね?





私の勝手なイメージですが、ロズマリさんは、白鳥みたいだと思います。




明るく、楽しくブログにはかかれていますが、ブログに書かない部分には、辛い現実に、やりきれない思いが、多分、一杯有るかと思います。



聡明なロズマリさんですから、辛い現実も、糧にして、今後も、ブログも保護活動も、続けて頂けると願っています。



こんなに、何を言いたいの?な文章で、すみません!



とにかく、今日も、寒い北の地方より、応援しています!



毎日拝見しています
私が、暖かい家でテレビを見ているときも、寒い外で猫さんたちの環境整備のために、誰に言われるでもなく無償で自分の時間を費やす会の皆様、本当に真似できるものではありません。ただただ、その行動に尊敬の気持ちで一杯です。私達人間だけの地球ではないのに、なんで猫さんたちが好き勝手に生きれないのでしょう そこかしこで自由に走り回りたいでしょうね でも野良ちゃんは、じゃまにされ通報され捕まって殺されてしまう そんな悲劇を減らすため日夜活動されているローズさん、会の皆様、本当にありがとうございます。私はその尊い活動を何も出来ないままですが、唯一友人や職場で猫さんを迎える予定の方に、選択肢の候補にしていただくよう保護猫さんの事を伝えています。保護猫カレンダーを職場に飾ると、質問されますので話がしやすいです。ファンも増えてきましたので、来年度のカレンダーも早速飾りたいと思います。ローズさん、会の皆様 これからも大変なご苦労が多いと思いますが、多くの読者が同じ志を持とうと励まされています。ありがとうございます。m(_ _)m

ろずまりさん、長崎猫の会の皆さまが、
何年も何年も、外猫さんのために愛情いっぱい尽くしてきた事、みなさん、よーくわかってますよ。
避妊、去勢しないとどういう結果になるのか、
外猫さんが外で生きる事が、どれだけ過酷な事なのか、もっともっと世間に伝わってほしい。
ろずまりさん、元気出してください。
たくさんの人達が応援してますよ。

おはようございます

誰でもその時は最善だったと
思います。
経験して進歩すればいい
負けないで!
落ち込まないで!
応援してる人はたくさんいるよ!

落ち着いたらプログ再開して下さい
心よりお待ちしております。

No title

ローズさん、長崎猫の会の皆さま、いつも本当に本当にありがとうございます。
ミケちゃんは、最期に暖かい場所で、暖かいお心にふれて幸せを感じていたかもしれませんね。
最終的な手術の判断は獣医師によるものです。急を要する状況では、医学的に素人の人間よりも獣医師の判断に委ねるのが当然のことです。
どのような結果であれ、この世の常として万人に支持されることは難しいです。
ローズさんと長崎猫の会の皆さんの保護活動に、改めて感謝を致します。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです!!

この避妊手術を行った熊本のお医者様のブログ、あまり心地よいものではありませんでした。診察台の上で麻酔をかけられた猫の後ろでヘラヘラ笑う人間達の画像…キャンペーンで件数が増えた、通常は行わない注射麻酔、もし私の愛娘で同じことが起こったなら恨まずにはいられないと思います。

ろずまりさん!!
大丈夫ですか?
猫さんが大好きで心の優しいろずまりさん。
自分を責めないでくださいね。

捕獲後、猫さんが怖がって暴れて怪我をしないようにと毛布を掛けてあげたりと優しい気配り…
保護してもらえたネコさん達にその優しい心は伝わっています。

普通のカリカリで捕獲できたとありましたが、人間の残飯しか食べた事ないのでしょうね…
はじめて口にしたカリカリ…さぞかし美味しかったでしょうね。
亡くなった子も最後に口にしたのは残飯ではなくカリカリですよね。
はじめて食べるカリカリ…美味しくって幸せだったはずです。
お外のネコさんは冷たい場所で人知れず亡くなってしまいます。
飼い猫さんには当たり前なお供えに火葬…この子には特別ですよ。
ろずまりさん達に保護されて、ろずまりさんが悲しく辛い気持ちになりながらブログに隠さず書いて下さったおかげでたくさんの人が哀悼しています。

もう虹の橋には到着したかな?
虹の橋には私の大好きな子達もいます。
最後に食べた美味しいご馳走の話、はじめて触れた温かい気持ちの話をこの子はニコニコしながら話しているに違いありません。
猫神様もそんな幸せな顔を見て、猫好きな家庭に送り届けてくれます。
ろずまりさんが捕獲したおかげでこの子は知れた幸せです。
この子は亡くなってしまって不幸ではないですよ。
最後になっちゃったけど私は幸せになれたよってそう言ってます。

優しい優しいろずまりさん。
元気をだしてくださいね。

No title

ローズさん
元気になって下さい。
今回の事は、仕方なかったです。皆さんの判断ミスでは無いよ。
どんなに疲れててもブログ更新していたのに、と思って、ローズさんの心を思い動揺してます。
ブログやめないで下さいね。

ろーずさん…

この三毛さんがいた場所は、なんとしても改善したい現場だったはずです。断片的に見ている私でも難しい現場なのだろうと心配する程に。もう少し三毛さんに食べさせて体力をつけてからの方が…なんていうのはお医者様の判断です。無理そうであれば手術を拒否されたはずです。デメリットしかありませんから。
私自身も三年前と十年前の二度手術しましたが、一度目には起こらなかった麻痺が二度目の術後に起きました。治りはしましたが、先生にも予測は出来なかったとのことでした。
人間でも100%安全な麻酔はありえないのです。
やるせないのは現場の方々も、ブログを読んでいる方々もお医者様も、みんな一緒です。

どうか、楽しくも考えさせられるブログをまた見られますように。
応援しています。

いつもいつも目覚めと共にろずまりさんの猫愛をのぞき見させていただいています!
死=悲しいことでないかもしれません。
彼女にとったら解放だったのかもしれません。
どれも、かもしれない。だけど、猫さんを愛して憂いてこその行動。私はろずまりさんを尊敬しています。

願い

三毛ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

いつもは、既読スルーですが、今回はあまりにもせつないです。
根本的なものが解決しないまま、関わっていない人が批判し、
当事者が傷つく・・・。
悲しいです。
長崎猫の会の立派な献身的な活動が後退しませんように・・・。
誰もができることではないですから。

ろーずさん応援してします。

No title

ろーずまりーさん

何年も前からブログを読ませていただいてます。私は九州出身の海外在住です。こちらの時間では朝に「こはる日和」が更新されるので、朝起きるとニュースやメールをチェックする前に何よりも先にこはる日和を読みます。(今日こそは保護猫さんに里親さんが決まったかな~とか思いながらドキドキしながらブログをチェックしてますw)
ろーずまりーさんの活動に100%信頼と尊敬をいだいてます。これからも陰ながら、応援させてくださいね。

更新されるのを楽しみに待っています。


No title

『なんの為の保護活動してますか?』の言葉がとてもとても悲しいです。

ろーずさんのブログがきっかけで、個人で保護活動されているそうで。
本当に凄いな、偉いなと思います。
猫さん達の為にありがとうございます。

私なんてカレンダー買ったりポチッたり、楽天のお買い物する位しか出来ていません。
街頭募金に小銭を入れることしか出来ません。
そんな私に言われたくないと思われるかもしれませんが、どうしても気になってしまって…。
すみません。

初めてコメントします。
「こはる日和」更新される時間はいつも夢の中ですが何故かその後目が覚めて夜な夜なスマホを開いて一人クスッと笑って再度眠りにつくのが日課です。
更新がないとやっぱり寂しい😣⤵
私50代で今まで5回手術で麻酔してます。毎回執刀医の説明の前に麻酔医の説明も有ります。当然麻酔にリスクは付き物で必ず手術以外に承諾のサインを求められます。
手術と同じく麻酔でも目が覚めずそのまま…と言う事はあり得るのです。
だからローズマリーさん自分を責めないで下さい!
待ってます‼
必ず復活してください\(^-^)/

お疲れ様でした

初めて コメントします。

私も 野良猫親子を保護して 母猫は避妊手術して 子猫は里親探ししてと 初めての経験をして 野良猫に安易に餌やりしては いけない事が判ると 同時に保護活動するって 生半可な気持ちでは 出来ないって思いました。
だからこそ、ろずまりさん はじめ沢山の方々で頑張って活動されてる長崎猫の会を
これからも 応援していきたいと思っています。

こはる日和を読んで 1日が終わって 今日も ほっこりしたなぁ〜と 眠りについているので ブログやめー !なんて ろずまりさんが 思わない事を 願っています。
今は 心身共に 疲れていると 思いますが 又
あの 楽しいアフレコ付き猫記事 待っています。
シー君の その後の 報告もまだですもんね
復活されて 元気なシー君見せて下さいね。

こうめたん、ちまたん、スミレさん、いわと君、ぶっち君も ろずまりさんを 応援していると思います。

バナーが外されていました、そこまでしなくても・・・

昨夜ベッドに入って 誰かの名ブロガーで一位で、という嫌味なコメを思い出し自分がポチしてなかったことを思い出し今朝ポチしにきましたら、いくら探してもバナーがありません。
 
 ろずまりさん、自分を責めないで下さい!

 改めてろずまりさんの猫への愛の大きさ、深さに、そして今回の痛手の深さを思い知り涙が溢れました。

 ろずまりさん、ろずまりさん、泣かないで、三毛ちゃんはのたれ死んだんじゃなくちゃんと人の手を経て亡くなりました。

 残念で仕様がないでしょうが、最後に人の手の暖かみを瞬間でも受け止めてくれたと信じましょうよ。
三毛ちゃんが世に言われる虹の橋とやらに無事たどりついて、着替えとやらを済ませたら猫神様はきっと次は猫が好きで好きで猫の為なら何でも出来る人、猫馬鹿ですけど何か?と猫に冷たい人たちを睥睨できる裕福なおうちに送り出して下さる様にと祈りましょう。

  ね、元気出して下さい。

応援しています

お辛かったですね。
少しずつ、少しずつ、元気をとりもどしてくださいね。

猫ちゃんのご冥福を祈っています。

ありがとう

ロズマリさん。ありがとうございます。大好きです。
応援しています。

更新待ってますヾ(^^ )

初コメです

いつもローズさんのブログを楽しく時に考えさせられながら見ています。

普段からブログを見るだけで何もしていない私。出来る事は、ローズさんが心と身体をゆっくり休まれるよう祈るだけです。
三毛さん、とっても幸せものです。きっと、ありがとうって言ってます。

ろーずさん、長崎猫の会のみなさん、またこの記事を読んで涙を流してくれたみなさん、ありがとう〜
みなさんの温かい涙のお陰で今はとても暖かいところにいるよ!
いつもお腹がペコペコだったんだけど、今はお腹がペコペコってならないんだけど、でも美味しいご飯が目の前にたくさんあるんだよ!
もう少しここに居てから、次は猫バカさんの所に絶対に行くよ〜
私の死が今後の猫達に役に立てると思うから、ろーずさん〜悲しまないで!

どうかご自身を責め過ぎませんように。
猫たちの為に時間も体も心も削っておられ、本当に尊敬いたします。

No title

過ぎてしまったことを責めるのは、人として卑怯です。
批判めいた言葉は人を傷つけます。
例え間違っていても、攻め口調ではいけません。
猫だけではなく、人にも思いやりを持ちましょう。
ろーずさんの立場に立った考え方をできない方は、大人とは言えません。

こはる日和のファンとして、言わせていただきました。

「ベルどうぶつクリニックのブログ」の「麻酔のリスク」(2013年9月2日)という動物病院のサイトの医師の解説では、動物の麻酔死亡率は1000分の1との記載があります。

あまり詳細なバックデータについて知見はないのですが、1000匹麻酔を実施して1匹事故が起きることついて、ローズさんに過失があったのか判断するのはかなり難しいと思います。

No title

たくさんの人がそれぞれの意見を言われていますね。
誰かの責任などと言い出したら、TNRに限らず社会的な活動は皆が二の足を踏む危ない活動になってしまいます。

純粋に猫達のために身を削って活動されてきたことは昔からの読者はよく知っています。
今回の悲しい結果はもう変えられませんが、次の機会に生かされてこそ存在意義があったのだと、そう考えるしかないと思います。

ご自分を追い詰められませんように。そこからは何も生まれません。
くれぐれもご自愛ください。

今回、ひとつの命が結果的に失われてしまったことを誰よりも悲しまれているのはローズマリーさんだと思います。
広い視野を持ち長いスパンで猫様の幸せを考え奔走されているローズマリーさん。そのお考えは深く、その愛情は大きなものだと尊敬しています。

三毛ちゃんは現世での命は無くしましたが、他の猫様たちが救われることにより、その命の中で生き続けていくのではないでしょうか。
ローズマリーさんたちの活動に甘えてばかりで心苦しいですが、私も寄付という形で応援させていただこうと思います。
早くお元気になっていただきたいですが、どうぞどうぞご無理はなさいませんように。

ろーずまりーさま、長崎猫の会の皆さま

心身ともに本当にお疲れの事と思います。
亡くなってしまった猫ちゃんは確かに可哀想な結果でした。
でもこれは手術における麻酔と言う人間でも危険を伴うものが悪い方に出てしまった事なのでは。
この子の為を思っての手術は間違いでは無かったと思います。

お仕事もご家庭もある方々が猫ちゃんの為にこんなに活動してくださっている長崎猫の会。
心から尊敬します。
そして虹の橋に逝ってしまった猫ちゃんのご冥福をお祈りしています。

意味

この世に起こることに偶然はなく、必ず意味があると思います。

今回の悲しい事故が、ろーずさんと長崎猫の会の皆さんの活動の中で起こったことにも、とても大きな意味があると思います。
人気ブログですから、普段このブログを見ていない人たちもこの事故を知ることになると思います。それが野良猫、餌やり、地域猫、TNR活動、麻酔のリスクやアレルギー、ボランティアさんへの感謝や寄付などなど、多くのことをいつものブログ読者だけでなくもっと大勢の人たちが考えるきっかけになっていきますし、野良猫・地域猫・餌やりの問題解決に大きく前進していくと思います。それが亡くなった猫ちゃんへの一番の供養になりますよね。

私自身は他の方も書いていましたが、現実的なサポートとして寄付させていただこうと思いました。野良猫の去勢手術が無料でできるように県や国にも頑張って欲しいです。海外では多くの先進国で実現しているようですしね。。。

ろーずまりーさんと長崎猫の会の皆さんがどんなに辛いお気持ちでいるかとお察しします。あまり思い詰められませんように。寒い季節ですしよく睡眠を取って、どうぞご自愛くださいますように。

今回亡くなった猫ちゃんの冥福をお祈りすると同時に、お外の猫ちゃんたちを取り巻く環境が少しでもよくなることを願って止みません。

ローズマリーさんのblogからは
笑いあり、泣きもあり、大好きです!
猫への愛情がたっぷりです
どうか元気になって下さい
お願いです!

結果が出た後だからこそ、「こうすれば良かった」と言えるのでは?
今回はこれが最善の方法だったのではないでしょうか?

体力をつけてからの手術だったら良かったかもしれませんが、そうしたら、キャンペーンはなく、金銭負担が大きいからと餌やりさんは病院に行ってくれないままだったと思います。

ローズさん達が保護したり手術代負担など手を貸し過ぎたら、次の依頼者からの要求が増えて、ローズさん達の活動が立ち行かなくなります。
そうすると、救えるはずのニャンコにしわ寄せが行くでしょう。

麻酔は、健康な猫だって人間だって、同じことが起こる可能性はあります。
一つ前の記事では「なぜ同行しなかったのか」という意見もありましたが、なぜ同行できない理由があったと考えられないのか・・・
ローズさんを責めるのは筋違いです。

断片的に見て批判するのはどうかと思います。
今回亡くなった猫さんは本当に残念ですが、いつもたくさんの猫を救ってくれて、感謝しています。

そして、世の中が小さな命にもっともっと優しい世界になっていくことを祈っています。

長崎猫の会のブログを見て、地域の野良猫の避妊去勢、里親募集を個人でささやかにしているものです。
初めてコメントします。
少しのゴハンを食べながら、それでも生きていたにゃん。
お腹ぺこぺこで避妊の為に捕獲されて。
ただの手術だから連れて行かれて。
長崎ねこの会の行きつけの病院に初めから手術して欲しかったです。ただの手術だから危険も想像出来たはずです。
なんの為の保護活動してますか?
個人でいっぱい保護活動してる人間もいますよ。
避妊の為に捕獲されなかったら、生きてたかもしれない。
長崎ねこの会の行きつけの病院だったら、生きてたかもしれない。そんな費用は出せないんですか?
悲しいです。

三毛ちゃん 逝ってしまったんですね…。

厳しい状況の中で、自分の身を削って命を繋いできたんですね。
精一杯生きていたんだね。
こんな生き方が、自分に出来るだろうか…。

意見交換は大切な事だと思う。
いろんな考え方があるから。
どれも間違っていないし、正解もない。

意見を押し付けず、意見に耳を傾け、受け止め、恨まず、反省し、それを心がけなければいけないんだと思う。
なかなかできないんだけど…。

でも、そうでなければ、ただの喧嘩になってしまう。

この炎上が 全ての人の、きっかけになればいいなぁ。

偉そうにすみません。

三毛ちゃん 安らかに。

ローズさん、自分をそんなに責めないでください。ほんとに辛い事です。かわいそうなことをしました。でもそれは人もネコも乗り越えなくてはいけないと思います。ローズさんのブログから私は死にかけていた子猫を保護しました。今では彼(少しでっぷりしてる猫様)がわたしの心の支えであり全てです。ローズさんは壊れかけてた私の命の恩人です。亡くした命は多くの命を救うと私は思います。

No title

保護猫さんたちのお世話だけでも大変なのに、TNR活動までご苦労さまです!
なんか気になって、元気になるといいなと祈ってたんだけど、残念でした。
でも、(不謹慎かも、と思ったので昨日のブログにはコメしなかったのですが)
ミケさん、穏やかなお顔でしたよ? まぁ、麻酔効いてるわけですが、
温かい保温機?の中で、やわらかい布引いてもらった上で、
大きな音にドキドキしない環境で...初めてだったんじゃないかなー?
後悔する余地なんて、ひとかけらもないと思いますよ^^

こはる日和.を、拝見するようになり、ロズマリさんの、保護活動が、段々と、より大変になっているのを、感じています。



無記名で、上から目線のコメントの方は、ご自分が、ロズマリさんより、大変な活動をされていという自信が、あるからなんでしょうか?



私のように、自宅の猫に手一杯な立場の者にとって、自分の私生活の時間を削ってまで、保護活動されているロズマリさんのような方々には、感謝してもしきれないです。



これから寒くなりますので、ご自愛くださいね!!


教えてくれた事

かんがえてみました。
飢えの中、野良は頑張っていました。
そんな野良の事を大事に思ってくれた人たちがいました。
それをみているだけの私がいました。
ごめんなさい。
謝るのはわたしです。
そして、誰も責めたり出来ない。
長崎猫の会の方々、苦労おかけします。
ありがとうございます。

今こそ

ローズさんを力一杯応援します!

長崎ねこの会のみなさま、猫さんの命のために、いつも本当にありがとうございます。

No title

ろーずさん、心から応援しています。

何て言っていいか

わかりません。

ただただ泣けてきます。

次に生まれてくる時は
幸せな子になって欲しいですね。


野良ちゃん達の問題は
一個人では解決できない根深い
先行きが不透明な問題だと思います。
国レベルで取組むべきことです。



だから
ローズマリーさんの責任じゃないです。

亡くなった猫ちゃんの為にも、同じ失敗を二度としないようにする!それが大事だと思います。
私は賃貸契約上飼えるのは一匹までだし、経済的にも一匹が限度ですが、今飼っている猫を最期まで大事にしよう!と改めて思いました。

毎日ブログ見てます

ろーずまりーさん、遅くまでお疲れ様です。
いつも『長崎猫の会』皆様の活動を見て、頭が下がります。
上手くお伝えできなくてごめんなさい…
関西からいつも応援してます。

No title

初めてコメントします。

ろーずまりーさん、ご自分を責めないで下さいね。

何がいけなかったのか、もっといい方法があったのでは・・・
あとから後悔があふれてくるかもしれません。

ただ、過酷な環境にいた子、手術をしなくてもこの冬を越せたでしょうか。
最期は暖かな場所で見守られながら亡くなった事は、せめてもの安らぎであったと思います。

人として、出来る事には限界があります。
ろーずまりーさん、どうかご自愛下さいますように。

今回は書かずにはいられませんでした。

責任は人間全員にあると思います。

人間より弱い動物達を守れるのは、それもまた人間です。
保護活動の中で一喜一憂したり、活動している人を眺めているだけの人もいたり、動物を虐待したり・・・。
この件も含めて社会全体でどうやったら外にいる飼い主のいない猫ちゃんやわんちゃんを助ける事が出来るのか、一人一人が考えて思いやりのある社会になってほしいです。
決してローズさんや長崎猫の会の皆さん達だけの責任ではありません。
社会全体の問題・人間の思いやりの問題だと思います。


ろーずさんが、どんなに辛い気持ちでこのブログを書かれたのか…。
ご報告、ありがとうございます。

三毛ちゃん、頑張って生きたね。
本当に人間の勝手で、ごめんなさい。

三毛ちゃんの命が、たくさんの人に大事なことを教えてくれたと思います。
他の仲間猫さん達が、少しでも幸せに生きていってくれたら、きっと喜んでくれる気がします。

ろーずさん、辛い思いは、これからも私たちに伝えてください!
いつでも応援しています!

思いがけない辛い現実になってしまい、本当にお悔やみ申し上げます。

いろいろなご意見があるのも理解できますが、
そんな批判を覚悟の上、記事をUPされたろーずまりーさんのお気持ちをお考えいただけたらと思います。
私は、現実を、カワイイだけでは済まされない現実を見ることが出来ています。
そして、人間としてどんなことが必要か、どんなことをしてはいけないか、改めて考え直しています。
トップブロガーだからこそ、多くの人に現実を知っていただけるんだと思います。
ろーずまりーさんはいつだってご自身のことは二の次です。
この活動、お辛くて辞めたくなられたこともあったんじゃないかなと思ったりします。

一生懸命やっていれば良い訳ではないことってたくさんありますが、その時その時最善を尽くされている方を責めないでいただきたいです。
ろーずまりーさんを一番責めているのはろーずまりーさんご自身だと思いますから。

頑張って生き抜いてきた猫様へ

ローズマリーさま
いつもブログありがとうございます。猫ちゃん、最後まで頑張ってくれたんじゃないかなと思います。残念でしたね。

虹の橋を渡ったねこさまへ
このブログを通して貴猫様を知りました。やせ細った身体で最後まで頑張って生き抜いたのですね。お疲れ様です。貴猫様の骨の浮いたお体は、隠せない厳しい猫生を語っているようです。その過酷な猫生を生き抜いてきた強い貴猫様も麻酔には勝てなかった。かける言葉もございません。過酷な猫生お疲れ様でした。貴猫様の眠りが安らかでありますように。

なんと言葉にしていいのかわからず、
コメントできずにいました。

私がこのブログを読んで知ることのできる情報以上のもっともっとたくさんのことと、ろーずさん達は闘っていらっしゃるのだと思います。
裏では本当にいろんなことがあり、いろんな人がいて、いろんな選択があって。

正直、ご自身を責めないことも、自分のどこかの何かの行動を悔やまずにいることも、いまはすごく難しいことなのではないかなと思います。。
読んでいても、ものすごく心苦しいです。。

三毛猫ちゃんが、
みんなと同じように目覚めて、立ち上がって、みんなと一緒に、いつもの場所に帰ることができなかったこと。みんなでご飯を食べられなかったこと。
胸がしめつけられます。
三毛猫ちゃんが、幸せだったのか、楽しかったのか、いまなにを思うかは、誰にもわかりません。

ろーずさんのことはブログの中でしかわからないのですが、、
猫が好き、その思いを、目の前の猫だけでなく
たっくさんの猫さんに向けて、行動して、たくさんの愛を注いでいるろーずさんを、ただ、尊敬しています。
無理しないでくださいね。

無記名の#82471さん

あなたはろーずさんにどんな責任をとって貰いたいのですか?
ろーずさんは言葉だけじゃなく行動しますよ。

あなたなら確実に三毛猫さんを救えたのでしょうか?
あなたは全ての外猫さんを救っていますか?

ろーずさんは名ブロガーとして色々伝え教えてくれ、我々に十分考えさせて下さっています。

三毛猫さんに合掌する心がおありでしたら、猫を思う者同士もう少し歩み寄りませんか?

せつないね

同じ猫として生まれ、寒空に凍える子もいれば飼い主の布団でぬくぬくの子もいる理不尽さ・・・・。
わたしたち人間のせいです。

こんな理不尽なことの犠牲となった猫たちに救いの手を差し伸べているのが、ロズマリさんや長崎猫の会をはじめとする皆さんです。

麻酔については、飼い猫だってリスクゼロではない。健康状態の良くないノラちゃんたちなら、尚更なこと・・・・・。
ですからTNRはきわどい選択だと思いますが、こうしなければ状況は良い方向に向かわないと思います。
今回は悲しい現実を突きつけられてしまいましたが、虹の橋を渡った猫ちゃんのためにも、どうか、気を落とさず、これからも多くの猫さんを救ってあげてください。



ろずまりさん個人の責任ではなく、人間全員の責任だと思います。

ローズマリーさんの責任では、決してありません。
人間だって、麻酔をするとショックがおきることがあります。ショックが大きいと、呼吸が困難になるこもも。
それくらい、麻酔というものはそれ自体にリスクを伴うものです。

小さな体の子猫ならなおさら、です。
その子の体質も大きく関係しますから
今まで何も起きなかった子たちがむしろ奇跡的にスゴいのです。

決してご自身を責めないでください。
これからも応援しています。

ろーずさん

いつも尊敬し、感謝いたしております。

私は数ヶ月前からTNRに参加したいと思っていました。しかし、今回の件のようにベターな選択をしたと思っても、(ネット上でとはいえ)こういう非難やお叱りを受けてしまうことに、私なんかは耐えられないし、そもそもそんな弱気じゃTNRに参加したいと思ってはいけないなと思いました。
ローズさんのたちの活動には頭が上がらないです…色々な人はいるけど、自己満足かもしれないけど、私は応援します。

ろーずまりーさん、猫の会。の皆さま、日々の活動本当にお疲れさまです。
カレンダーを買うくらいしか出来ない私よりも、ご自身の生活を捧げて猫さんのために活動してくださる人がいつも、より辛い思いをされる…
私も初めて念願の猫との生活を始めてからろーずまりーさんのブログに出会い、考えたこともなかった事実を知り、今もたくさん勉強させて頂いております。

お辛いことを記事にしてくださり、ありがとうございます。そのおかげさまでたくさんの方に読まれ、ろーずまりーさんと長崎猫の会。の皆さまの意志が広がり、旅立った猫ちゃんの命も報われると思います。
ただただ頭が下がります。
ありがとうございました。

子猫を保護して2年、猫の事を知るためにいろいろなブログを読んで勉強しました。ろーずまりーさんに限らず、みなさんのブログからはいつも猫に対する愛情が溢れていて、形は違えど想いはみんな一緒なんだと思っています。日々、自分には何ができるのかと、問いかけていますが…
ろーずまりーさんの温かい文章が好きです。
いつも応援しております。

難しい問題

ですが、あまりご自分を責めないで下さい。
ロズマリさんが、悪いわけでもないですよ。
来世は、お腹がポンポコリンになるまでいっぱい食べれる幸せな家猫として産まれ変われる事を祈ります。

今回は、亡くなってしまいましたがロズマリさん達猫の会の皆様のお陰で助かった仔達がいっぱい居ます。そしてそれは、こらからも続くでしょう!!
私も、寄付といった形でしか参加出来ませんが応援してますので

ねこさんへの思い

昨日もコメントさせて頂いた、野良母猫を避妊手術で死なせてしまった者です。
今回はみんなの願いが叶いませんでしたが、こんなにも大勢のコメントが寄せられた事は、いのちについて真剣に向き合っている証拠ではないでしょうか。
言葉は様々ですが、ここに集まる想いはひとつだと私は考えます。

私の妻は、三年前から昨年に掛けて庭に遊びに来る8匹にTNRを個人で行いました。
初回にいきなりいのちをおとされたショックを抱えたまま保健所と連絡を取りながら、ご近所にも足を運んで説得し
ました。
ここ1年間近隣でこねこは見掛けません。
ただ、悲しいことにリリースして数日後に車にはねられた2匹がいます。
手術で痛い思いをさせて、やっと平穏な猫生が始まったら…
リリースして一年経たない内に病気で行き倒れたこもいます。
そんな運命だったねこさん達がいます。
もし避妊手術していなければ…
私達は後悔しながらも前を向いて供養のこころを忘れてはいません。
私はねこさんとの暮らしはたったの4年ですが悲喜交々、いきものやいのちに対して考える時間が増えました。
人間の奢れるエゴと人様から非難されようとも私はねこさんが大好きです。
目指す理想と希望が猫の会さんに感じます。

長々失礼しました

低栄養で、体重も少なく、脱水に近い猫に、麻酔かけるのは、かなりのリスクがあります。吸気麻酔よりも、局所麻酔を使ったのは、判断としては悪くないです。これ以上飢餓状態の猫さんたちを、放置できなかったローズマリーさんも、間違っていないと思います。くじけないで頑張って下さい

No title

ろーずまりーさん

いつもブログ楽しみにしています。

動物を家族に持つ身としては、
飼い主である自分が、家族の命をこの手に持っていて
後手にまわって後悔することや、
その重さについて打ちのめされることがあります。
気軽に「頑張って」とは言えませんが
応援しています。
ずっと応援しています。

ろーずさん、猫の会のみなさん
いつもありがとうございます。
上手く言葉にできず、
書いては消し、書いては消しの繰り返しです。

三毛猫さん、残念でした。
三毛猫さんの御冥福を御祈りしております。

ろーずさんのネコさん達に対する気持ち
いつも愛に溢れたこのブログが大好きです。
寒くなりました。御自愛下さいませ。

この子は楽しい思いを少しでも経験したんでしょうか?
これ以上増やしてはいけない。人間のエゴと今の環境に生まれてとても可哀想な事をしました。
次に生まれる時は猫ではなく人に生まれてきてね

責めないで

ろずまりさんは慢心なんかじゃないですよ。
そして誰にもその責任について、ろずまりさんを責める権利は無いのです。
画面の向こうで好き勝手に言っている人なんて、何もしないくせにただの身勝手。
口先だけのヤツの言い分なんてスルーですよ~。

いつもろずまりさんの活動に感動しています。
頭が下がる思いです。
これからもずっとずっと応援しています。
元々、犬派だった私がここまで猫好きになったのは、ろずまりさんのブログでした。

ローズマリーさん
遠方からカレンダーを買うぐらいしかお手伝いできなくて申し訳ないです。
これからも応援し続けます。

No title

私はTNRには賛成ですが、中にはお腹の傷が化膿してお外で死んでしまう子や麻酔の影響なのか食事が摂れなくなって死んでしまう子がいることを知り、とても複雑な気持ちになりました。術前の検査をしたり、数日術後の管理をしてまた外に送り出せればいいのでしょうが、そんな配慮を全ての子に行えるわけもなく。難しい問題ですね。・・・。

No title

ろずまりさんのブログで保護活動やTNRというものを知りました。
猫ブームの中、このような過酷な環境で暮らす猫さんはクローズアップされないのかな。
私は2ぽちとカレンダーを買う事くらいしかできません。
うまく書けませんが、応援しています!

医療従事者ですが。

手術できるかどうかは獣医の判断です。栄養状態が悪かったようですが、それでもいけるという判断だったのでしょう。麻酔の量は計算されていたはずです。健常状態でも、リスクあるんですから。100%安全なんてことはないんです。
ろーずさんは何も悪くない。猫ちゃんたちの未来を案じての行動。
ろーずさん胸張ってください。

みんなで・・・。

ろずまりさんへ
隠したりせず現実を丁寧に書いてくださりありがとうございます。
決してご自身を責めることはしないでほしいです。
何がいけなかったのか、どうしたら一番良い結果になったのか・・・。

みんなで考えたいです。

永眠してしまった子は、ろずまりさん達の温かな心に包まれて
温かな気持ちで逝ったと思います。

No title

ろーずさんつらいですね。でもろーずさんのせいでは決してないです。
どうかどうかご自身を責めないでください。

このこが次に生まれてくるときには毎日ごはんが食べれて冬は暖かく夏は涼しくすごせて幸せになることを祈ります。

みなさん いっぱい書いてくださっているので、私はうまく言えなくて。。

これからも応援しています!

No title

この子のことを忘れられるはずないですよね。
思い出すたびに自分を責めてしまう

この子の様子をブログに載せなければ
誰ともわからない人に責められることも
ありませんでした。
でも、同時に多くの人が、頑張っているろーずさんたちを
応援してくれていることも
わかったと思います。
私も初めてコメントしています。

うちに毎日ごはんを食べに来ていた猫ちゃんを
最近、事故で亡くしてしまいました。
去年、避妊の手術もしたのに…車にはねられたようです。
見つけた時は、もう…今は、うちの庭に眠っています。
眠ってなんか、いませんけどね^^;

ろーずさんには、虹の橋でたくさんの猫ちゃんたちの
「がんばれろーず♪ゆーっくり待ってるよ♫」
って、声が聞こえるよね

誰よりも猫ちゃんたちが知っているんだから^^

No title

ローズさんはじめ猫の会に関わる皆さんのやさしさ、それに加えて、心から発するからこそ伝わってくるコメントする方々のやさしさに、いつも胸が熱くなります。生き物と関わっていれば命の問題は避けられませんよね。いろんな事を教えてもらえます。皆さんと同じ、唯々いつもありがとうございますという思いです。上手く言えませんが、誠実なとても素晴らしいブログだと思ってます。

いつもありがとうございます

ろーずさん、本当にお疲れ様です。
お仕事をしながら家事をしながらの保護活動、いつもいつも頭の下がる思いで見ております。
今回の事、とてもとてもお辛いと思います、どうか自分を責めないようにお願いします。

No title

いつも読ませてもらっています。

残念な結果でした…なんと言えば良いのかわかりません。
わたしも麻酔からはさめたものの、予後が悪く、猫をなくした経験があります。
なぐさめられても後悔が消えることはないですね。

残った5匹の猫達の術後回復のため、今回ばかりは高栄養のドライ・缶詰を援助してあげたほうが良いのではないでしょうか?
なぜ、この餌やりにだけ…延々と要求してくるだろう…会の方針とは異なる…と矛盾はたくさんあると思いますが、あの残飯では目を覚ました猫達も死んでしまわないかと心配です。

No title

おめめの覚めなかったにゃんこちゃん
今頃はふわっふわっの雲のベッドで 
満腹ニコニコで「ローズさんのせいじゃないよ
こっちの生活はぬくぬく暖かくて幸せだよ」って
そう言ってますよ
毎日休むことなく活動しているローズさんを
体は大丈夫だろうか?ちゃんと睡眠とれてるだろうか?
そんな心配と心の底深く深くありがとうと感謝する気持ちでいます
どうかどうか自分を責めないでくださいね

ろずまりさんへ
今回の件で、初めてこのブログを見た方もいると思います。たくさん意見がきて、心が折れてどうしようもないかもと思います。
今迄の活動をみてきた者としては、そんな意見に私達も心が痛みます。
でも、ここには書けない事情もあったかと思います。
ろずまりさんの苦労は、今迄応援してきたみなさんが分かっています。頑張ってください。

みなさん考えることがあるでしょうが、今は亡くなった猫さんの冥福を祈ります。
どうか、もう、ろずまりさんの心をくんであげてください。
リンクバナーを復活させてください。


No title

三毛ちゃん、目をさましてくれる事を祈ってたんですが
お空へ登ってしまったんですね…
とっても残念ですが、でも三毛ちゃんが残してくれたもの、私たち人間に訴え、
願っていたこと、しっかり受け止めなくてはと思います。

普通は見向きもしないような残飯にむらがって行く野良ちゃん達に
心が痛みます。
このような不幸な野良ちゃん達がいなくなる日が早く来るよう願っています。
シェルターの設置とかできないものでしょうか…

ろーずさんの活動には本当に頭が下がります。
これからも力いっぱい応援します。

私も…

私は個人でTNRの活動をしています。
今回の三毛ちゃんとは状況が違いますが、手術後に命を落としました。
捕獲し避妊手術した三毛猫ちゃんが人慣れしそうだったので里親さんを募集しようと家で保護しておりました。すると手術から10日で亡くなってしまったのです。それが今年の2月。
今でもその子のことを思い出すと涙が出ます。手術しなければ長生きできたのでは。。。違う病院に行っていれば。。。自分が殺してしまった。。。そんな後悔ばかりです。よかれと思ってやってきたTNRが本当に猫たちを救うことなのか、正直今も答えがでません。
それでも増えて行き場を失った子たちが処分されるという残酷な現実があります。
日本のシステムをかえるにはなにかしら動かなきゃいけない、と思っています。

可愛いそ過ぎる…
せめて手術前にお腹一杯食べて
暖かい場所でポカポカ腹だしでねむらせたかった…
一番悪いのは無知な人間
術後ちゃんと面倒見てくれるのかな?
その残飯やりの人…

世の中 人間でも
お国によって餓えて死ぬ子がいる
たまたま生まれた環境が良かったから
私は不自由なく健康でくらしている
ニュースでは親に殺された子もいます。
ボランティアにも限界がある
それでも頑張っている方がいるから
救われる
ローズさん元気だしてね。

No title

これは辛い
避妊手術しなければもう少し生きながらえていた可能性高いし

やせ衰えてる個体はもう少し太らせて体力付けさせてから手術するのが一番良いのだろうけど、そうする余裕もないんでしょうね

この件に関して、私は安易に「あなたは悪く無い」とは言えない
もしこういう事故を避ける方法が何かあるなら、それを考えるべきだと思う
猫の保護活動をしている人達の「一匹でも多く幸せにしたい」という中に、きっとこの子だって入ってただろうから

No title

ろーずさん、大丈夫ですか?
あんまり眠れてないのではないかと心配しております。

今回のミケちゃんの事は、とても残念でしたけど
日々頑張られているローズさん達の活動で、消えそうな命を救われ
今は愛情いっぱいに可愛がられて、とっても幸せな毎日を過ごしている子達が
沢山、沢山生まれた事も見ています。

誰にも気づかれる事なく亡くなっていく野良ちゃんもいる中で
暖かいタオルに包んでもらって、お皿いっぱいのカリカリと、お皿いっぱいの
ウェットと、そしてきっと見た事もないちゅーるに
今は喜んでお腹いっぱい食べて、楽しく遊んでいると嬉しいな。

元気出して下さいね!これからも応援してます。

ろーずまりーさんの責任では無いです♡
ご自分を責めないで欲しいです♡

麻酔から目覚めない程の体力で何回も妊娠する猫さん
気の毒過ぎですね
しかし、特殊な例もあると言う事に、私も気がついた思いです。

目が覚めず虹の橋を渡った猫さんの冥福を祈りながら
次回に繋げられたらと考えました。

どうぞ、落ち込まないで下さい
ご自分を責めないで下さい、お願いします♡

No title

ふと見上げると保護ねこカレンダーがあります。今年のカレンダーの横に昨年のカレンダーの写真も飾ってあります。来年のカレンダーの表紙も飾ってあります。ねこの会の皆さんの手で救った命が沢山あることの証だと思います。感謝しか有りません。
多くの案件を抱える中での活動にいつもいつも頭が下がります。どうかローズさんの心が癒えますように。
ブログの記事にして下さらなければ、私達が知ることのできなかった現実、悲しい実情が今までもたくさんありました。目をそらさずに記事にして下さった事、多くの人達に届いているはずです。
三毛さん、今度はお腹いっぱい食べれてふっくらとした体になって暖かいベットで安心して眠れるお家に行けるよう、生まれ変わってきてね。

いま痛烈に望むのは このブログとこのコメントの全てを現場の餌やり、無責任人間達に読ませたい! 

 心が折れて凹んで ・ ・ ・なんていられませんね。
 三毛ちゃん、楽になれてほっとしているだろうと思いませんか?
 うちのお局様も避妊手術の後遺症がありますが、幸い生きてくれています。
 三毛ちゃんの分まで生きて貰うべくどうか、どうか凹まないで突き進んで下さい(_‖_)

 強いろずまりさんが好きです(あ、私に好かれてもねぇ^^: )

 うまく表現出来ませんが、心が折れて凹んでないかと心配でたまらずコメ入れました。

  ろずまりさん凹まないで!



 

No title

今回のこの子の件はとても残念ですが、ろーずさんだけの責任ではもちろんないと思います。
どうか、ご自分だけ責めませんように。
私はいつもここにきてぽちっと応援することしかできませんが、ろーずさんたちの活動によって
これからも幸せになれる猫ちゃんがたくさん増えていくことを切に願っていますし、応援しています。
そして今回亡くなったこが、次にこの世界に来る時はとびきり幸せになれるように祈るばかりです。

No title

いつも応援しているものです。

ろーずさんのお辛い気持ちを考えるといたたまれません。

確かに残念な事故ですが、決してろーずさんの
せいなんかではないです。
どうか自分を責めたりしないでください。

ろーずさんのせいではないですよ。亡くなった猫ちゃんは、麻酔が合わなかったんですね。麻酔でこういう事が起こりますと詳しく教えてくれてありがたいです。
私は長崎猫の会を応援していきます。
猫ちゃんも山盛りのエサを食べて虹の橋渡ったと思います。

No title

やっぱりだめでしたか~残念。


この子は最後何を思ったのだろうな~

批判コメント擁護コメント多々ご意見は拝見、その中で自分も次に活かそうと思う意見も散見。

こんなことでまいるローズマリー様ではないですよね?
次に活かされますように。

とにかく小さな命が少しでも住みやすい世の中になりますよう心から願います。
どの現場もホント大変だわ・・・

No title


三毛さんのご冥福を心よりお祈り致します。
何度も泣きました。
三毛さんのこと忘れません。

ローズ様、猫の会の皆様。
悲しみと後悔できっとお気を落とされていることとお察し致します。


餌やりさんを説得し、手術ができたこと。
ほんの、ほんの少しだけど前進したのではないでしょうか。。

手術をすることができたことで
不幸になるために生まれてくる命が減ったのは事実です。

餌やり様。。どうか一代かぎりの命の猫さん達に
カリカリご飯をあたえてくださいませんか。

ローズ様。。今は、とっても悲しいですよね。
けれど、天国に旅立った三毛さんのためにも、歩みを止めないでくださいませ。
猫ブームとはしゃぐ世間に、現実と真実を発信してください。

そして、赤い糸で結ばれたご縁を待つ保護猫さんのために
あたたかいおうちを見つける橋渡しをどうかお願い致します。


No title

ろーずさん、いつもいつも遅い時間まで活動お疲れ様です。

最前線で頑張るろーずさんを、いつも尊敬しています。

自分だけを責めすぎないで。。。

安らかに

山盛りのフードに胸がつまりました。

今までお腹いっぱいに食べた事なんて なかったであろうこの子。
今は食べたい時にいつでも食べられるようになって良かったね。嬉しいね。
そう声をかけてあげたいです。

ローズマリーさん そしてお仲間のボランティアさん達
本当にありがとうございます。


心無い言葉、無責任に非難する人たちのコメントは読んでるだけでも気分が悪くなります。
多分、そういう人たちは何もしない人達なんでしょう。
お外の猫の1匹の不妊手術さえもしたことがない人なんでしょう。
可哀想と言いながら、これからも何もしないで、ただ非難だけをしてる人なんでしょう。
可哀想と言いながら、リリースをした子達の為に何かしようなんて
考える事は絶対ない人達なんでしょう。

そんな人達の言葉で決して傷つかないでください。



No title

沢山の人が見るこのブログで、一番辛いことを隠さず伝える。
心から尊敬します。
きっと、酷い中傷を覚悟でされたと思います。
その場を知る人でなければ、批判なんてできません。

三毛さん、次は暖かい環境で、必ず生まれ変わってきてくれます。
長崎猫の会の皆さま、お疲れ様でした。
皆様のお陰で沢山の猫たちが救われています。
自信を持って胸張って活動を続けてください。
そして、活動の必要がなくなるような、不幸な猫がいなくなる日が来ることを願っています。

いつもブログ拝見しています。

医療事故のリスクをゼロにすることはできませんし、人間の全身麻酔でも一定の確率で事故は起こります。

本来であれば、飼い主が責任を持って、猫の健康管理をし、麻酔に耐えうるか判断をすべきと思いますが、野放しになっている状態の悪い猫を限られた人数でケアしなければならない状況で、今回の事態が起きたのは不可抗力と思えて仕方ありません。

自分が同じような状況で100パーセント正解の行動を取れるかというと全く自信がありません。

これまで、人間の身勝手で即時に殺処分予定だった猫達を救ってきたローズさんについて、誰も裁くことはできないと思います。

また、こうした記事をきっかけに動物の殺処分や多頭飼いについて、世間の認知が広まり、少しでも不幸な動物が減る社会になってくれればと思います。

ローズさんいつも保護活動ありがとうございますm(_ _)m今一番ローズさんの心と身体が心配です。更新は休んでも良いので今はゆっくり寝て身体を休めて下さい。こうめたん、チマたんに癒やしとパワーを貰って下さい。この現実を私達も心に刻みます。辛い報告ありがとうございますm(_ _)m

我が家のモモが亡くなってから3年になります。
その当事お世話になっていた獣医さんが「いいですか。もし貴女が外出している時、或いは眠っている時、とにかくこの子のそばに居られない時に亡くなってしまっても、決してご自分を責めないでください。それはこの子の運命なんです。そういう運命だったと受け入れて、決してご自分を責めないでくださいね」と言われたことが、今でも忘れられません。
愛する家族として過ごしてきた猫の臨終の時でさえ、運命に委ねるしか出来ないのが人間なんですね。
ろーずさんも、私も、長崎猫の会の皆さんも、このブログに集う皆さんも、みんな人間なんですもの。どんなに愛しいんでも、力の限り頑張っても、運命という決まりごとには抗えないのではないでしょうか?

こんなことを言っても責任感がお強いろーずさんの心の傷には、大してお役に立てないかもしれません。
でも、沢山の猫の生涯を、すべて理想通りに幸せにすることなんて不可能かと思います。
でも、ろーずさんや長崎猫の会の皆さんは、その不可能に果敢に挑戦をし続けていらっしゃいますよね。
沢山の無念、憤り、悲しみ、無力感を常に抱きながら・・・。
それでも、人間なんですもの、どうしようもない時は、本当にどうしようもないのではないかと思います。

どうぞご自分を責めないでください。
運命という神様の采配には、誰も抗えないのですから。

ろーずさん、猫の会の皆さま、
ひとつ命が失われるのに接すると、
どんなに手を尽くしたとしても
自分の親の死についてだって
痛みと後悔が残ります。
お気持ちを思うと、言葉になりませんが、
人知れずいってしまったかもしれない
このネコちゃんに、手をさしのべて
ブログで存在を知らしめて、
私なんて一読者に過ぎないけど
皆で祈って願って心を痛めて送れるのは
ひとえにろーずさんたちのお陰です。
本当にありがとうございました。
どうぞ充分にご自愛くださいね


いつも活動報告をして下さってありがとうございます。
ろずまりさんのブログで外猫さん達の生活を知ることができております。
私も他の方々がおっしゃっているように、少しの間だけでもご飯にありつけ、暖かいお部屋で過ごせたことはこの子に束の間の幸せをもたらしたのではと感じます。
ご飯ももらえず、寒さもしのげない環境の中、人知れず命を落とす子はたくさんいると思うので…

今回の時のように、栄養状態が明らかに悪いと分かっていての決断での結果は、どうしても自分を責めてしまうかもしれません。
でも、もし私がろずまりさんの立場だったら、やはり手術をさせていたと思います。
不幸な子を増やしたくない!!ブログを通してでもこの気持ちになるのですから、現場で活動されている皆様はより強く思い願いながら動かれていると思うから。
どうか今回の判断は間違いだったと思わないで下さい。

ろずまりさん、そして猫の会の皆様、毎日お疲れさまです。
いつも小さな命に目を向け手を差しのべて下さってありがとうございます。

亡くなった猫さんへのご冥福をお祈りしております。

お疲れさまです。

ろーずさん。コメントご無沙汰しすぎてごめんなさい。
辛い結果になったけど、この子(猫)の死を無駄にしないように次に繋げていきましょう。
私は、出来るか?出来ないか?と考えているよりも、やるかやらないかで行動している
ろーずさんをいつも応援しています。たとえ、それがみんなに理解してもらえなくても
私はどんな時もあなたの味方です。この反省は巡り巡って必ずいいかたちでかえってくる
と信じて一緒に頑張りましょう。微力ながら全力で応援します。
ろーずファイト!!!!

No title

人間でさえ麻酔事故は起こります。
亡くなった猫ちゃんは可哀そうでしたが天国でおいしいごはんを
たくさん食べて暖かい場所をみつけていると思います。
ローズさんたちの活動はお外で過酷な暮らしをしている猫さん達を
少しでも減らしたいという思いからですが誰にでもできる事ではありません。
本当に頭が下がります。
これからも強い信念のもと活動されますように、心から応援しています。

何よりも勇気があるのは

ろーずまりーさんのこういった事実を公開すること、これが1番勇気のある行動だと思います。

沢山の猫とのことの中で、ここにわざわざ最悪の事態を投稿する事が、最も責任感のある勇気のある行動だと思います。

何もかもうまくいった、と投稿することは簡単なはずです。
でもこういう真実を投稿せずにはいられない、それこそがろーずまりーさんの1番訴えたいことなのではないでしょうか?

人間にちゃんと定期的に餌をもらい、その餌やりさんを頼って生きてきた猫が、こんな体力のない状態になっているという事実。
餌やりとは?猫の面倒を見るとは?
無責任に気まぐれにできる時だけ餌をあげる、そんなことはしてはいけないのだと思います。
餌やりさんはこの子が栄養状態が悪くもし逝ってしまっても、来なくなったことにさえ気も止めなかったのではないでしょうか。
そうでなければもっと沢山の餌をあげるはずだから。

遅かれ早かれこの子は逝ってしまう運命だったのだろうと思います。

野良猫でも、人から定期的に餌を貰っている限り、人に飼われている猫です。
最後に人の手で送ってあげられたことが、救いです。
ろーずまりーさん、本当に貴方がたの活動には頭が下がります。



No title

私も近所の猫さんたちを20匹近く去勢避妊して、その後面倒を見ています。やはり、手術の際は祈るような気持ちです。たまたま自分の担当の猫さんたちは大丈夫でしたが、健全な猫さんの手術でも、100%成功はありません。この事例は全くろーずさんの責任は問われるべきでないと思います。
問われるべきは、この子をこの立場に追い込んだ者たちで、ひいては私たちみんなだと思います。
ろーずさんには、これまど通り歩いていって欲しいです。
どうか落ち込まないでくださいね。

No title

いろいろな猫を救う行動をしていることが立派だと思います。
その中に助けてあげられない猫ちゃんが1000匹の中に1匹いても
他の999匹の生活が以前より改善されたのならば・・とも思います。

うまくは言えないですが、元気だしてください。

No title

ろーずさん
沢山の励ましコメント嬉しいですね

これだけ沢山の方々が読んで下さって
ランキングも1位で
ここに来て下さってる人達は
皆保護活動について地域猫について
殺処分について深く考えてるのに

何故まだそのほかの人が多いんでしょうか・・・
この子達が何をしたんでしょう・・


ご自分を責めないで下さいとはいいません
皆で謝ります
次に生まれ変わって来る時は
少しでもいい世の中になってる事
約束しましょうね・・・

No title

ろーずさん

いつも拝見しております

微々たる応援しかできませんが

応援しています!

今も

これからも

2016-11-25 11:16 の文字化けは私です。タブレットから投稿しましたが、不具合のようです。こちらはスマホから投稿しています。
お騒がせしまして申し訳ありません。

ローズマリーさんと長崎猫の会を何があっても応援します。

三毛さんは気の毒でしたが、彼女に謝るべきは人間全部でしょう。

高みの見物を決め込んでる連中の言うことはスルーでOK!

美味しいお酒と実子ーズに癒してもらってくださいね。

今度はちゃんと投稿できますように…

亡くなったことは残念ですが、橋のたもとで本当の飼い主さんを探すのですね。
そしてきっといつか会えることでしょう。
いまは、合掌。

No title

残念です。
それでも、暖かいところで逝けた事だけが
救いです。
食事も満足にできない場所で、寒さにふるえながらながら
人知れず逝ってしまうよりは、何倍も良かったと思います。

今度は、元気いっぱいのあなたに会いたいな。

ろーずさん、公表された あなたの勇気に敬服いたします。

お辛いですね

心をつくし、労力を使い、信条に従って選択した行動がこのような結果になってしまったことは、どんなにかお辛いでしょう。
慢心、油断、浅慮、ご自分たちを責められていらっしゃるでしょう。
お察しいたします。
ですが、これまでの経験から決して安易なお気持ちでTNRされてきたのではない、と、知っています。
現場は伝えきれないほど悲惨です。
このような事故が起こると、これ以上苦しい思いをしたくないために活動から離れてしまわれる方が多い中、これまでさまざまな苦境を乗り切って来られた『長崎猫の会』のみなさまです。
どうか挫けないでください。
最善を目指して、お互いを励まし合い、助け合って活動を続けて下さい。
それが私の願いです。

今回の事はとても残念で、悲しくて 涙しましたが ブログを読んでいるだけで 何もできない私には ローズさん達の事を 責める事はできません。

色々、良く言われない方々もいる様ですが、私は ローズさん達を尊敬していますし、これからも陰ながら応援していきたいと、思ってます。

ローズさんが、いつものローズさんに戻れますよう、そして、今回亡くなった猫ちゃんの ご冥福をお祈りします。


目覚めてくれること祈ってました。

地域猫、保護活動していればあってほしくはないですが
あることなのかもしれませんね。

ろずまりさん、みなさんお疲れ様でした。

猫さんのご冥福お祈りします。。

何とか目を覚まして欲しいと思っていましたが、悲しい結果となってしまいましたね

きのうもコメントさせていただきましたが、どなたも思いはただ一つのはずです
そこへたどり着く道は無数に存在します。どなたのお考えも正解であり不正解でもあると思います。どの選択肢にも悲しい結末が訪れる可能性を秘めているからです。
今回のことで色々な思いがおありかとは思いますが、非難するのではなく、次に繋げていくように私も含め皆様が行動していけるのが今できる最善であると思います

ろーずさんをはじめとする長崎猫の会の皆様、どうかお気を落とされませんように…

ご冥福をお祈り申し上げます

No title

私もできることがあるなら、この子にしてあげたかったです。
何かをしてあげようと、実際に行動された、ローズさんや皆様は私よりずっと尊い存在だと思います。

一日も、家のない犬猫がいなくなるように祈ってやみません。

ありがとうございました

ろずまり様

 猫ちゃん、虹の橋を渡ってしまったんですね。
今は空腹やいろんな痛みから解かれて、きっと幸せに過ごしていることでしょう。
今回の事はろずまりさんや猫の会の皆さんのせいではありません。
保護活動をしていくなかで、救おうとしても救えない命があるのは仕方の無いこと。
それでも前を向いて出来ることをやっていく。
そうして長年様々な猫さん達を助けてくださっているろずまりさん達に、心から感謝しています。

良いとか悪いとかジャッジする権利は誰にもありません。

これからもずっと応援していきますね。

猫ちゃんを看取ってくださって、ありがとうございました。




荳?′荳?縺ョ莠九′窶ヲ

縺ッ縺倥a縺セ縺励※

繝ュ繝シ繧コ繝槭Μ繝シ縺輔s縺ィ髟キ蟠守賢縺ョ莨壹?逧?ァ倥↓縺ッ
縺?▽繧ょケウ莨上@縺、縺、縲√b縺?シ暦ス橸シ伜ケエ蜑堺ス阪°繧
縺、縺九★髮「繧後★ROM蟆ゅ@縺ヲ縺阪∪縺励◆縲

荳画ッ帷賢縺輔s縲∝?縲???、顔憾諷九b謔ェ縺九▲縺溘@縲
荳?遞ョ蜊ア髯コ縺ェ雉ュ縺代〒縺励◆縺ュ縲

縺ァ繧ゅ?∫嚀讒倥?豎コ譁ュ縺ッ髢馴&縺?〒縺ッ縺ェ縺九▲縺溘→
諤昴>縺セ縺吶?
遘√?菴輔′縺ゅ▲縺ヲ繧ょソ懈抄縺励∪縺吶?

讓ェ繝ャ繧ケ縺ォ縺ェ繧翫∪縺吶′縲?016-11-25 10:50 #82541縺ョ蜷咲┌縺励&繧薙?√Ο繝シ繧コ繝槭Μ繝シ縺輔s縺
蠢倥l繧九o縺代↑縺?〒縺励g?
縺ゅ↑縺溘↓險?繧上l繧九∪縺ァ繧ゅ≠繧翫∪縺帙s?
縺昴≧縺?≧縺ゅ↑縺溘?逕溘∪繧後※縺薙?譁ケ荳?蠎ヲ繧ょ、ア謨
縺励◆縺薙→縺ェ縺??縺ァ縺吶h縺ュ?

繧ケ繝ォ繝シ縺励◆縺サ縺?′濶ッ縺九▲縺溘°繧ら衍繧後∪縺帙s縺
譖ク縺九★縺ォ縺?i繧後∪縺帙s縺ァ縺励◆縲

縺斐a繧薙↑縺輔>

他の方もおっしゃってますが、束の間ご飯を食べられて暖かいところで眠ったまま逝ったのは神様の配慮かもしれません。
どうかご自分を責めないで!

No title

かわいそうな三毛さん、、ひとつの命が消えたのは事実です。

決して忘れないでください。

合掌

ありがとう

日頃からの活動本当にありがとうございます。我が家に犬を迎えてから、不幸な犬猫さんたちがたくさんいる事を知りました。我が仔に愛情を注げば注ぐほど、不幸な犬猫さん達の事を考えずにはいられません。人間は一体何なのでしょうか。淘汰されるべきは人の方、、、そう思えて仕方ありません。
愛しい命に愛を注いでくださって、本当にありがとうございます。どうか、あなた様の尊い心が壊れる事がございませんように。

No title

目覚めなかった子に謝るのはろーずさんだけではなく
私たち人間全員だと思います。

ろーずさん達のように保護活動をしてくださっている方々は
このサイトを見ている保護活動に理解や興味がある私たちですら
目をそむけたくなる状況や辛い現実、理解のない人たちとの不毛なやりとり
全ての辛い事、むごい事、を一手にひきうけてくださっていると
常々思っています。

言葉では言い表せない位辛い事やもどかしい事が毎日沢山あるとお察しします。

今回の子はきっと体力が元々限界だったのかもしれません。
元気な子でも時々はやはり麻酔事故はあるとききます。

何度も申し上げますが
ろーずさんの責任ではなく、私たち人間全員の責任です。

ここを見られている全員の方の記憶にきっとあの子の事は残ると思います。

本当に、心より申し上げたいです。
ありがとうございます、と。

このような悲しい結果になってしまってとても残念ですが、ろーずさんは色々と苦悩されながらの決断だったと思います。

責められるべきは無責任な餌やりです。自己満足でまともな餌を与えることなく
猫たちをひどい環境にさらし続けた餌やりに全責任があると思います。

ちょっと事情は違いますが、私も同じような経験がありますのでろーずさんのお気持ち分かります。
だからどうかあまりご自分を責めたりしないでくださいね。

短く過酷な猫生だったけど、たくさんのおいしそうなゴハンや、きれいなお花も供えてもらって喜んでるでしょう。
虹の橋でもう飢えることなく、のんびりと自由気ままに過ごすことができますね。

リリースされた猫たちがこの冬を無事に乗り切ってくれことと、餌やりが安くてもいいから
キャットフードをあげてくれることを心から切に願います。

No title

私個人の考えですが、責任 ということならば

猫の会の活動を応援している私たち
餌をあげていた方
猫たちの近くに住んでいて野良猫いるなぁと思いながら何もしなかった人々
みんなに少しずつあるんです。
一人で背負込まないよう、責任はみんなで分け合うものです。

責任のある立場から、猫さんのご冥福をお祈りします。

ただ、直接目にした猫の会の皆様の心痛はいかばかりかと思います。
無責任なことしか言えませんが、他の方も言っているように
暖かい場所で眠りにつけた猫さんはある意味幸せだったのかもしれません。

No title

ローズさん亡くなった子の為にもご自分を責めないでくださいね。
ローズさんはじめ長崎猫の会・この子の為に悲しみ涙した方の思いはきっとこの子に届いていますよ。
今まで頑張りまくってきたからこそ、今はみんなが温かく迎えてくれているはずです!!
いっぱいいっぱいお祈りしておきます。

お外の子は地域猫とするという事が常識になれば、お外で暮らす子の立場ももっと変わると信じ行動します。

ろーずまりーさん達の日頃の活動に、心から感謝と尊敬をしています。
どうか、ご自分を責めないでくださいね。
どうかこの猫さんが安らかに眠られますように。

No title

完全無欠でいられるのは神様だけで、
私たち人間は神様になれない、
だから失敗やまちがいをときどき犯してしまう。
でも、自分の不完全さを目の当たりにしても
へこたれないでまた歩き出すところに
人間の強さと尊さがあります。
その他大勢の人々の無責任のしわ寄せを食らい
でも活動し続けるネコの会さんのご苦労いかばかりと
思いますが、打ちひしがれて涙にくれたら
また立ち上がって走り始めてください。
こはる姉さんも発破かけてると思います!

No title

ろーずまりーさん、お辛いと思いますが、ご自分を責めないでください。
最後は、温かく看取られて幸せだったのでは?と思います。
ミケちゃん、次は優しい家族がいるところに生まれ変わるんだよ。
一日でも早く、不幸な猫さんが幸せな猫さんになりますように・・・。

No title

ろずまりさん、猫の会の皆さん、お疲れ様です。
この仔猫さんに出会い、触れ、お世話をされた皆さんのお気持ちを思うと
胸が詰まります。
保護活動の中で、無責任な餌やりさん等から暴言を吐かれたりすることもあるでしょう。
それでも、年中ねこ達の為に尽力されていること、それは紛れもない事実で実績です。
この仔猫さんは、残念な結果になりましたが、今は空でのんびり穏やかに過ごしてほしいなとそれだけを願います。
きっと、こはるさんやにゃんこ先生達が、お迎えしてくれているんじゃないかなと思います。
急に寒くなりましたので、皆様おからだご自愛ください。

No title

ろーずまりーさん。
あなたの行動は誰にも真似出来ることではありません。

口先だけの理想論より、遥かに素晴らしいと思います。

心からあなたを応援する事しか出来ません。
疲れておられるだろうに、いつもいつもありがとうございますと同時に、申し訳ありません、ご免なさいとしか言えません。

No title

ああ!朝から涙が出ました。こんなガリガリな子では手術は耐えられなかったでしょう。体力がないし、抵抗力も無かったでしょうからね・・・・
でも、良かれと思ってローズさんたちがされて、結果が悪い方へいってしまい、残念としか言えませんが、三毛猫さんは最後に少しでも人に優しくされて虹の橋へと逝きました。
今頃は暖かい所で先に逝った仲間と美味しいご飯を食べてくれてるでしょう。
保護活動は、すべてがうまくいくとは限らない、今回それが良く分かったのですから、二度とこのような悲しい事が起こらないように、慎重になさったら、それがこのミケさんへのご供養になると思います。
ご自分を責めず、同じ失敗を繰り返さないことが大事だと思います。ミケさん、今度は沢山食べられる所に、生まれてくるんだよ。
一番、腹立たしいのは餌やりさんですね。
いい加減で、本当にネコを思ったら、キャットフードをあげるべきで、残飯などとは言語道断です!!
それも、餌やりを始めたら、毎日どんな日でもネコは期待して待っていますから、あげるべきなんです。
それをやらず、ローズさんたちにお願いでは、ネコが好きとは思えないですね。
せめて、今後ずっとカリカリだけでもいいですから、継続してあげて欲しいです。出来ないのなら、会の皆様の中で出来る方にお願いします。毎日食べさせてあげて下さい。折角生き残った命をつないであげて欲しいですね・・・・・・
本当に会の皆様、お疲れ様でした!

No title

なんと言っていいか、分からないけど。
お疲れ様でした。
色々ありがとうございました。
これからも、ずっと応援してる、これだけは確かです。

初めてコメントさせていただきます

責めないで……
ろずまりサン、どうかご自分を責めないでください(T_T)
こおいう活動をなさってる以上、避けられない“現実”ですよね……
そして、どの子達も決してろずまりサン方を責めてはいないと思います
「最善の方法」はあるのでしょう
だけど、誰にも完璧な答えは分からないし、それを考え追及し出したら、せっかくの歩みが止まってしまいます……
きっといつも“どれが最善か”を考えて活動されていますよね?
“救ってあげたい” “幸せになってほしい”と願いながら……。
だから、ご自分を責めないでください…… (>_<)

守れる命、救ってあげられる命は沢山たくさんあると思います
人間の勝手さやエゴに振り回される“命”もたくさん……
そんな中で、ろずまりサン方の活動にはホントに頭が下がります
どれだけの命が救われてきたことか……
どれだけの子達が幸せになれたことか……
私も感謝しながら投稿を読んでいます

今回、結果は悲しいものになってしまったけど、ろずまりサン方に出会えた事で、この子はきっと安心して虹の橋を渡れたんではないかなと私は思います(^ー^)

No title

初めてコメントさせていただきます。
ブログはいつも楽しみに拝見させていただいていました。
私も餌やりをしています。二人で1週間交代でしていますが、餌を与えるだけで何も出来ません。
「私たちのしている事は良いことではない」ともう一人の方と言いながら行っています。
人が住んでいるプレハブに住み着いているので、余り過剰な干渉が出来ませんが無力です。
最近、家の周囲に猫の親子がうろつくようになりました。これ以上増えるといけないと思い捕獲し
避妊手術を受けさせました。放してから1姿を見なくなり心配しました。
自分のしたことは、果たして良いことだったのかと責めました。
12日振りに姿を現してくれてほっとしましたが、自身これで良かったのか分かりません。

何時もご苦労様です。
残飯の現場に生きている猫たち!
せめてカリカリだけでも貰えて飢えを凌げたらと思います。
色んな現場がありますね。
考えさせられるケースでした。
猫ちゃん、虹の橋を渡り幸せになっていると思います。
ご自身を責めないで下さい。

この子は、痛い、こわい、寒い、ひもじいなどではなく、最後を過ごしたことは幸せだったのかもと思います。ご飯やお花もお供えしてもらって。
ろーずさん達は何一つ責められる理由はありません、無責任な人達が悪いのです。
少しゆっくり過ごされますように。ご自愛ください。

この子には可哀想な結果になってしまいましたが、行動すれば全てが上手く行くこともなく、それを恐れて誰も行動しなくなってしまったら悲しい現実が変わらない。
大好きだからお辛いと思いますが、この子のことがあったから助けられる命があるのかもしれません。元気を出して。

No title

どうかご自分を責めないでください。

お供えしてくださっているたくさんのごはんに涙が止まりません。

今度はお腹一杯ご飯が食べられるお家に生まれ変わっておいでね。

ガンバ!!

先の事は誰にもわからない事です。
あの時ああしなければ、あの時こうしてればと思いますよね。
誰も悪い結果が解っていて活動しないもの。
ろずまりさん、一日だけいっぱい、いっぱい後悔して、いっぱい、いっぱい反省して、
またネコ様達のために頑張りましょ。
亡くなったネコさんだってろずまりさん達の気持ち分かってると思うよ。
今日もガンバじゃ。

No title

ローズさん、ご自分を責めないでください。
いろいろな制約がある中でできる限りのことをされたと思います。

亡くなった猫さんのことを思うと私も本当に涙が出てつらいですし、
人間の都合を押し付けてしまったという気持ちも同じです。
でも、ご自分のされたことを後悔したり責めたりしないでください。
こうして状況をシェアする中で今後もっとよい方法や協力の仕方も
でてくると思います。

ローズさんご自身もお体に気を付けてくださいね。
ブログを通じて応援しています。

No title

麻酔をかける以上、リスクはつきものです。私の友人の愛猫も麻酔が原因で亡くなりました。
栄養たっぷりの健康な猫だったのですが。
今回の猫ちゃんはいろいろ悪条件が重なっていて、仕方がないことだと思います。
どうかご自分を責めないで。
今回の子は、生まれ変わって、ろずまりさんに保護されるかもしれません。
愛の手を待っている子たちがたくさんいます。
私もできる限りサポートさせていただきます。

ろずまりさんのせいではありません!

おはようございます。ご無沙汰しております。
今回の件はとても残念ではありますが、ロズマリさんのせいでは決してありません。一番はただ何も考えず餌やりをされた方(私も偉そうなことは言えません。庭に現れたコに煮干しをやったり、おかかをやったりしたことが何度もあります)、そして、無責任な飼い方をしている人間に非があるのだと思います。
可哀想と思いながら見て見ぬふりをしている私も最低な人間です。
たくさんの猫犬のために活動されているボランティアの皆様に感謝です。
ロズマリさん、風邪などお召しになりませんように。

ろずまりさん。
どうかご自分を責めないで下さい。
力は尽くされたはずです。
最期は温かく送ってくださったのですから。

どうか次は、優しいご家族の元に生まれ変われますように…

No title

ろーずさん、いつもお疲れ様です。

今回の結果はとても残念でしたが、ろーずさんの責任ではちっともないと思います。
もしろーずさんの責任だと言うなら、私たち人間すべての責任ではないでしょうか。

きっと今頃、虹の橋にこはるちゃんとニャンコ先生が迎えに来てくれていて、
空腹や寒さから解放され、美味しいご飯をたくさん食べていると思います。

次に生まれ変わった時には、全ての猫たちが幸せな世界でありますように。

こんばんは

私もろーずまりーさんと同じ気持ちです。
冬の間に始まる繁殖期、また餌やりさんの餌ストップの脅威を前に焦る気持ち、よくわかります。

この猫さんに対しても皆さん、十分に誠意を尽くされたと思います。
その上でこの結果になってしまったのなら、それは仕方ないことだったんだと思います。

死んでも誰も悲しんでくれない野良猫です。

最後にこんなに助けたいと思われ、悲しいと泣かれ、愛情を分けてもらえて、彼女は人間の温かさを知って亡くなることができたのだと思いますよ。

ですから、ろずまりさん達のなさっていることは、この子に対しても意義深いことだったんですよ。

どうぞ…。
落ち込んだ後は、また前を向いていけますように、また、この猫ちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。


きっとこのような悲惨な現場はどこにでもあるのでしょう。
この寒空の下、餌やりを信じて待ち続けている猫たちが身近にもたくさんいるはずです。
今回は本当に悲しいことになってしまいましたが、虹の橋を渡っていった三毛さんが身をもって教えてくれたのだと思います。
何もしていない私は、ろーずさんたちをはじめ全国で活動されている皆さまをただただ応援することしかできず、本当に申し訳なく思います。

初めてコメントします。三毛ちゃんのことは残念ですが誰の責任でもないですよ。このままの環境でもいい結果はなかったと思います。三毛ちゃん自身も頑張ったと思います。

ろーずさんたち、長崎猫の会の皆さまの活動には、本当に頭が下がります。そして感謝の気持ちでいっぱいです。
過酷な環境で、お腹いっぱいご飯を食べたこともなく、痩せて状態が悪い中でまたみんなが出産することになったら、そして、これから寒い寒い冬がきて、ますます状況は悪くなるばかりです。
せめて今の状況を維持するためにも、決断は正しかったと思います。
このまま放置されていたら、矛先は罪のない猫たちに向けられてしまう。そんな状況を救ってくださった。三毛ちゃん、みんなにお祈りしてもらって、お花もごはんもおやつももらって、お空でこんなに食べたことないよーって言ってると思います。
お見送りもしてもらって。。
私たち人間が、こんな現状にしてしまったのですよね😭一生懸命説得してくださり、ここまでしていただいた。私からも感謝申し上げるとともに、みんなみんなに知って欲しいと思います。

No title

この度はネコさん残念でした。
先日の横向きの写真も体が薄っぺらくてお外で暮らすネコさんたちの現実を思い知らされました。ろーずさんはいつもそんな現実に直面し、頑張っていらっしゃるのですね。
今回のネコさんの命を今後のために生かしてあげてください。
今後もご活躍遠くから応援しています。

お疲れ様でした。

初めてコメントいたします。
いつも、楽しみにblogを拝見しております。

今回のblogを読んで、長崎猫の会の皆さんの優しい気持ちに、思わず涙が出ました。
いつも、辛い思いをするのは、問題を押し付けられ解決に奔走するボランティアの方々です。
どうか、ご自分を責めないでくださいね、命に優しい社会に、一日も早くなりますよう祈るばかりです。

これからも応援しています、寒くなりますのでご自愛ください。

みけちゃん お疲れ様です

最後まで よく頑張ってくれて有難う!


ろーずさんやお世話の皆さんも
いつも ねこさんたちを助けてくれて有難う!

ろずまりさん、今までもこれからもずっと応援しています。

誰にも責任を問う資格があるなんて思いません。
この子が命を賭して教えてくれたことを
人間は心に刻むべきだと思います。
こんな環境で暮らさなくてはいけない子達が
いるのはどうしてなのか。
異常な「猫ブーム」の中で人間はどうしたらいいのか。

ミケさん、ごめんなさい。

今はろーずさんのお心が心配です。

ご自分たちの生活を犠牲になさりながら
ただただ不幸な環境にいる猫さん達を
助けたいという一心で奔走していらっしゃる
長崎猫の会の皆様をこれからも応援し続けます。

悲しいですが

ローズさん、残念な結果になってしまったけれど
どうぞ自分を責めないようにしてください
結果は残念でしたけれど、ほかのネコさんたちが
救われたのだから、.
手術をしなければまた不幸な猫さんが増えてしまう
其れを防ぐために行ったことなのだから
この残酷な現場のネコさんたちが少しでも今の状況から
良くなるために頑張られたのだから
きっと今はルーさんにお供えしてrもらったご飯を
おなか一杯食べて虹の国で幸せに過ごしてくれることでしょう
いつも残酷な現場に立ち向かわれている
ローズさんたちに本当にありがたい気持ちでいっぱいです
又、次の現場があることでしょう
ネコさんたちのことをいつも一番に考えてくれて活動されているのだから
落ち込まずに・・遠くから応援しています

ミケちゃん、辛い猫生だったね。でも最後は猫の会の皆さんが虹の橋まで見送ってくれるから、今度は幸せなお家に生まれてくるんだよ。
他の方も言われてましたが、できればこの子に名前を付けていだだけないでしょうか。この子が私たちに伝えたことを覚えておくためにも。

いつもありがとうございます

今回のこと、含めどれだけ外の猫ちゃんの環境が悪いのか思い知らされました。
他の猫ちゃんを少しでも救ってくださいって言ってるんじゃないかな。痩せてても出産させられるというひどい環境。餌やりさんもきちんとこの状況知って欲しいです

何故こんなにもこの世の物事全てが人間中心なのかと悲しくなりました。
痩せ細った子に麻酔をかければ死ぬのは当たり前です、写真に写っているどの猫より状態が悪いことが解ります。
この子が最期に感じたのは恐怖でしかありません。

一方的に自分の感情をぶつけてしまい申し訳ございません。以前からこちらは拝見しており、とても愛情深いかただと尊敬しております。

No title

ブログで拝見するのは、普段ろーずさんが経験しているほんの一コマでしょうね。
見えない部分にどれだけの苦労が隠れているのか、私には想像も出来ません。
言葉の通じない餌やりさんへの根気強い説得、周辺住民の方へのお願いなど精神的な負担はどれ程かと思います。
お仕事もしているのに色んな事をされていて、いつ休んでいるのか心配な位です。

今回はとても残念な結果でしたが、医療行為に絶対大丈夫はありません。
もし、健康状態の良い猫さんであっても、100%安全とは限りません。
どうか必要以上にご自分を責めたりしないで下さいね。

こはるさん、にゃんこ先生、お空で三毛さんをよろしくね。

いつも、ローズさん達の保護活動頭が下がる思いで拝見しています。多くの人が、保護したい気持ちがあるものの実行出来ないでいるのに、ローズさん達の活動は素晴らしいです。
この亡くなった子も、お外で自由に暮らしながらも、人間に御飯を貰えて幸せだっただろうし、ローズさん達のように自分を救おうとした人間がいた事理解してくれていると思います。
ニャンコちゃんの御冥府お祈りいたします。

No title

初めてコメント寄せます。
悲しいですね。やせ細った子猫ちゃんのために涙を流しました。
子猫ちゃんも今は、虹の橋を渡って、苦しみも飢えもない世界にいることでしょう。
そのことが唯一の慰めです。

ろーずさんは、ご自分の精一杯をなさったのですから、
誰もそのろーずさんを責めることなどできないはずです。
どうぞこれ以上ご自分を苦しめないでください。
リンクバナー、貼ってください。
私にできる精一杯として、ポチッとしたいです。

No title

ろーずさんの責任ではない。

誰も手を差し伸べてやらなかったこの子たちに手を差し伸べたのはローズさんたちです。

三毛猫ちゃんの冥福を祈ります。

残された子達が無事に無事に無事に過ごせますように。

私はこの悲しい出来事をきっかけに、もっと支援をしようと思いました。

ろーずさん
お疲れ様でした。

残念な結果になってしまい
涙が止まりません

きっとみんなが
虹の橋の向こうで
迎えてくれていると思います。

ろーずさん、
ろーずさんのないすなセンスで
せめて名前だけでも
つけてあげて下さいませんか?
そしたら
名前を呼びながら
この子の旅立ちを
送ってやることが
できます。

どうかよろしくお願いします。

ローズさん、いつも読んでばかりですが今日はコメントを。
とても辛いお気持ちだと思います。
でも、他のねこさんが助かることも確かです。
亡くなったねこさんは残念でしたが、無事に虹の橋を渡り、天国でくつろいでいると信じたいです。
いつもたくさんのねこさんの為に、ありがとうございます。

避妊手術

ローズさん麻酔が覚めないまま亡くなったこの子…でもやらずに増えてしまう…ジレンマの中での決断お辛いですがどうかご自身を責めないで下さい…残された5匹の子達が少しでも環境が改善されていきますように(´ー`)

事故は起きるのです。

いつも楽しく、時には悲しくなりながら
ローズマリーさん達を応援する気持ちで拝見しています。
今回の事は悲しいですが、人間の様な猫に比べて大きい動物でも、麻酔による事故は起きるのです。
どうか自分を責めないでください。

どうか、ローズマリーさんが元気を取り戻します様に。

No title

ろーずさん、

どうしてろーずさんだけが責めを負わなければならないのでしょうか?
ろーずさんはこの三毛ちゃんを助けようとしたんです。
責められる理由は全くありません。
三毛ちゃんも亡くなって悲しんでくれるろーずさんたちに会えて短い猫生の最後だけでも幸せだったと思います。

これからもガンバ!です。

どうしたらいいのか…

いつも読み逃げしています。
今回の事には驚きました。
こんなに体力が無くても
妊娠してしまう…
手術をしなくても
辛い現実がまっていたと思うと
言葉になりません。
どんな言葉を並べても、
現実に活動する方には
頭があがりません。
何も出来ない自分がもどかしいです。
寒いなか、猫さんたちは
どこで過ごすのでしょう。

一番辛いのはローズさん達だと
思います。

No title

ろーずまりーさま
何よりもまず、睡眠を十分にとって下さいね。
ろーずさんが身体を酷使しているのは、私たちは気づいています。
そして身体がこわばると気持ちもこわばったままになります。

ローズ様たちが最高善に尽くしてこのような結果になってしまい、一番おこころを痛めていると思います。
最後にICUで暖をとり治療をしていただきました、人事を尽くした結果は
すべての方が享受すべき残念なものです。
うちにも元地域猫さんがいますが、生き物を捨ててしまうということを何故できるのかわかりません。
責められるべきは その方たちです。
今はご冥福を祈りいたします。

ろーずさまと皆様 大変おつかれさまでした。

文句たらたら言ってる人は何匹の猫を救ってるんやろね?
そう言うのならば、自分の家の回りの外猫を全部自分の家の中で飼ってみるがいい
できもしない事を言うもんやない

めげずに頑張って下さいね

TNRの怖さ

私は他県で地域猫推進の猫ボラをしています。
今回のことに驚いています。
亡くなってしまった命は戻らないけれど、このような状態の悪い猫たちの現場ではまずボランティアが給餌に通い体力をつけさせ太らせる事が最優先だからです。
TNRの怖さは、飼い猫と違い予後が診れないことです。
リリース後に2度と戻らない子もいます。
傷口が開いた子もいます。
だからこそ慎重に慎重を重ねて捕獲作業に入ります。

ろーずさんもおっしゃるように、止むを得ない事情があったのでしょう。
ブログには書けない苦しみもたくさんあると思います。

麻酔の負担は大きいです。
覚醒する段階でパニックを起こし亡くなる子もいます。

でも、責めるべきはこの餌やりです。
猫たちを劣悪な環境におき、おそらくその自覚すらないと思います。
どうかこの子の死を無駄にせず、ろーずさんたちはこれからも不幸なたくさんの命を救ってほしいです。

そして、どうかこの猫たちにフードの支援をしてあげてください。
餌やりに責任を持ってもらうことも もちろん大切ですが、それすら理解できない人間は多いのです。
猫に罪はありません。
亡くなった三毛ちゃんの分まで、この現場の子たちがいつもお腹いっぱいでいられるように、質の良いキャットフードを届けてあげてください。
そして重要なのはこの餌やりがきちんと食べさせているか継続して見守ることだと思います。

三毛ちゃんのご冥福をお祈りしています。

安らかに

残念でしたね。
でもこの猫さんは、命の尊さを教えてくれたと思います。
厳しい環境の中、一生懸命に必死に生きてきたからこそ、最後に温もりのある手を差し伸べられて身を委ねた。
結果、亡くなってしまったけど最期に愛を知ったと思いますよ。
何でも行動には責任がつきものですが、ご自分を責める事だけが責任の取り方として正しいとは思いません。
小さな命が教えてくれた経験に感謝する事も大事ではないでしょうか…。
ローズさんの経験を通し、私はこの件で大切な事を教えてくれた猫さんに感謝し、冥福を祈りたいと思います。

そしてローズさん、毎日お疲れ様です。

先日、私の周りでも同じように
麻酔から覚めず逝ってしまった子がいました。
特に痩せていたとかそういう訳ではなく。
その方も何百頭もTNRをしてきて
初めてだととてもショックを
受けてらっしゃいました。

なので
誰よりも心を痛めているのは
他ならぬローズマリーさんだと思います。

麻酔の事故というのは残念ながら
0%ではありません。
TNR件数が多くなれば事故に当たる確率も
上がります。

他の子達は大丈夫だったように
痩せているとかは関係ないのかもしれません。

これだけのブログになれば書けることより
書けない事の方が多いと思いますので
私達読者が全ての事情を知る事はありません。

そもそもTNR自体が人間都合である。
というのは百も承知の活動です。

負の連鎖を止めるべく
歯を食いしばっての活動です。

後出しジャンケンのように
餌場の環境や餌やりさんとのやり取りを
詳しく知らぬ部外者の方が
こうすればよかったのに
ああすればよかったのに
はいかがなものでしょう?

ローズマリーさんだけの責任では
ないと思いますが…
こういうこともあるのだと
深く心に刻み活かし
活動を続けるのが責任の取り方だと思いますが…

ろーずさん、そして長崎猫の会の皆様の日々のご尽力に頭の下がる思いをしております。
読者であるだけで何もしていない私達には責める事など出来ません。私達より、もっともっと長崎の現場の皆様は悲しく辛く苦しんでらっしゃるはずです。
この度の事は悲しい結果ではありましたが、手術は専門医が判断し、施術される事です。手の施しようが無いことも起こるときもあるでしょう。どうかご自分を責めないで下さい。これからも応援します。幸せになる猫さんをこのブログで見守らせて下さい。

ろーずさん、いつも長崎猫の会の活動を拝見してます。いつもいつも地域の猫ちゃんのためにあんなに精力を尽くされて、頭が下がります。

今回の件はびっくりしました。私も自分の地域の猫のことを少しお手伝いしていますので、猫の避妊手術は日常的に見てきていますが、麻酔から覚めなかった子は初めてです。また、注射麻酔も初めてです。
今回はろーずさんたちの所為ではなく、たまたま不運が重なったのだと思います。活動をしていればどんなに細心の注意を払っていても、不測の事態は起きますよ。私たちは人間ですし、猫も生き物。どちらも完璧ではありません。

どうか、ご自分を責めないで、次の子のために今まで通り活動なさってくださいね。三毛ちゃんも最期を見送ってもらえて嬉しかったと思います。ご冥福をお祈りします。

お辛いですね。
いつもブログを読ませていただいている私達も辛いですが、一番辛いのはその死を目の当たりにした、現場でTNR活動をしている皆さんだと思います。
胸はいつまでも痛みますが、TNRしない方がもっと不幸な猫が増えていくでしょう。

私はこのブログに出合ってTNRを知り、自分でも出来る範囲でTNRするようになりました。
麻酔からは覚めるものと思っていましたが、こういう事が起こりうるのだと、私も肝に銘じておきます。

この度はまことに御愁傷様でした。亡くなった猫さんの御冥福をお祈りいたします。

ろーずさんのブログを三年前から拝見しています
明るく楽しく、厳しい現実を誠実に 伝えてくれました

ろーずさんの考え方に 私も励まされたり 涙したり 笑ったり…

全く知らなかった野良猫さんの現実も知り
この春は、仔猫の保護を初めてして
ドキドキしながら
ろーずさんのブログでの知識で 自分を励ましながら 里親さんまでパスしました

今回の出来事は残念で悲しいですが 猫の会の皆さんの判断や決断を私は応援しています

どんなに忙しくても 悲しくても 未来の希望を信じて 人を責めることなく
毎日ブログを更新していく誠実さ 本当に大好きです

応援しています‼︎




お疲れさまです…m(__)m
三毛ちゃん猫の神様のところでゆっくり休んでくださいね…。

No title

わたしは、このブログを見ているだけで、
実際にこの現場に足を踏み入れることもなく、寒空の中、捕獲を手伝うことも無く、餌ヤリさんを説得することもなく、安全な暖かい部屋から励ましたり、可哀想がっているだけでした。
そして、今日は一匹の猫さんが天に召され、ローズマリーさんを謝らせてしまいました。
ローズマリーさんは苦しんで後悔して悲しんでいらっしゃるのに、結局私は何のお力にもなれませんでした。
私もきっと何かをするべきでした。
この猫さんにも他の野良猫さんにも、ローズマリーさんたちへも。
それがひいては軽く扱われる命を大事にすることに繋がる道だったのに。
この猫さんのお陰で気づくことができました。
猫さん、手を差し伸べることが出来なくてごめんなさい。そしてありがとう。


起きてしまったことを責めるのは簡単ですが、大事なのは次にどうするかだと思います。
ローズマリーさんたちは今はお辛いでしょうが自分を責めすぎないでください。
出来れば、心を少し休ませてあげてください。

猫さんのご冥福をお祈りします。

悲しいですが

ろーずさん、お疲れさまでした。
ここの現場は、ブログに載せて頂いた中でもかなり酷い環境でしたよね。
マカロニサラダの残飯で生き抜かざるを得ない子達、、 本当に涙が止まりません。

もしかしたら、初めての暖かい、愛のある場所で生涯を閉じたこの子は、ある意味幸せかも知れません。

もっと人間が1人1人愛を持ってくれれば、このような不幸な環境に置かれた子達がいなくなるはず、と強く思います。

先ずはろーずさん、どうかご自分を責めないで下さい。
長崎から遠く離れたところに住む私にとっても、何も出来なかった、と責任感じてます。

何とか、、こういう現場がなくなる世の中にしたいものです。

どうか、ここの現場のエサやりさんが責任感を持ってくれることを祈ります。

どうか自分を責めないでください。
なんてあたしが書いてローズさんの心に届くでしょうか。
自分に出来ない事をしているローズさんをいつも応援、尊敬しています。
今回のことはとても残念でした。
でもあなたの活動は間違ってなどいないと思います。
これからも頑張ってください。
亡くなった猫ちゃんの冥福を心からお祈りします。

悲しいですが

初コメです。

ろーず様どうかご自分を責めないでください。

仕事をされながら捕獲作業や餌やりさんとの交渉、週末は譲渡会。その他にも保護猫さんのお世話にお届け、チャリティーカレンダーの販売発送。
猫さん達に明日を、と身を粉にご尽力されていらっしゃり頭が下がります。

この子には避妊、無理な妊娠の危険な二択しかなかったと思います。
最期に人の温かさに身を委ねられ幸せを願われ、辛い猫生が少しでも報われたのではないでしょうか。

寒くなって来ました。お外の猫さんも心配ですが、ろーず様もどうかご自愛ください。

No title

ローズさんは私達に謝っているのではなく、
私達人間を代表して猫達に謝ってくださっています。

人間はこの世の全ての動物の中で一番残酷で身勝手で愚かだと思います。
でもその中で猫や犬に対して最良の出来る事を、
矢面に立ち、辛い思いをしながらそれでも行動してくださっています。
本当にありがとうございます。

せめて一緒に昨日のあの子に謝らせてください。
本当にごめんね、私達人間がただ至らないために苦しい思いをさせたね、
早く生まれ変わってきて、今度は絶対幸せになろう!
ありがとう、愛してるよ!

ローズさん、御自分を責めないで下さい。
ブログ読んで、カレンダー買うぐらいしかしてない遠くに住んでる私 辛いです。
私も何かしないと
自分でできることはじめます
その子の写真見て思いました

No title

タイトルみて「えっ」と思いました。
案の定、つらいお知らせでした。
批判される方もいらっしゃいますが、何もできないで
見ているだけの私には、仕事後に捕獲・説得と辛い
仕事を一手に引き受けて下さっているローズさんはじめ
長崎ネコの会の皆さんに頭が下がります。
本当なら全頭幸せにしてあげたい、自分たちで引き取りたい位
だと思いますが、どう考えてもキャパを超えて手を出せないのが
辛い現状だと思います。
亡くなった仔のご冥福をお祈りします。
天国で沢山ご飯食べてへそ天で寝れます様に。

亡くなった子はきっと、自分の身に何が起こったのか何もわからないまま、このようなことになってしまったのだと思うと、涙が止まりません。
ですが、辛い決断をせざるをえなかったローズマリーさんを始め長崎猫の会の皆さま、最後までこの子の為に手を尽くしてあげてくださって本当にありがとうございました。
とても辛く悲しい出来事ですが、ここに立ち止まったままではいられない厳しい現実が、まだまだ沢山目の前にあるのだと思います。

これから本格的な冬を迎えます。
どうか皆さま、お身体を大切になさってください。

ろーずさん、ご自分を責めないでください。
私は今食事の世話をしている三匹のコたちの手術を、8年半前に地域のボランティアと協力して行いました。
その時捕獲できた8匹のなかに彼らの母猫もいたのですが、彼女は戻ってきませんでした。
ボランティアは「リリースした」と言っていましたが、今から考えると、とても栄養状態が悪かったので多分手術に耐えられなかったのだろうと思います。
痩せた身体で年何回もお産をしていたのを見かねての捕獲でもあったのですが、彼女に楽な生活をさせてあげられなかったことを忘れないようにしています。
そして、彼女が最後に育てた子どもたちであるクロベエ、オネエチャン、鈴に長生きしてもらいたくて頑張ってきました。
栄養に恵まれなかった生まれなのに今までのところ8年以上も元気に食べに来ています。
あの時手術しなければ、鈴もオネエチャンも母猫と同じになっていたでしょう。私はそう理解して、母猫の分もオネエチャンたちに生きてほしいと願いながら世話しています。

今回の捕獲で救われたコも、きっといるはずですよね。目が覚めなかったコのことを胸のなかに大事に納めて、どうぞ自分を責めないでください。

No title

気持ちは伝わってますよ、きっと。
100%があるのならだれも心配しませんから。

タオルにくるまれて、お供え物も貰えてそれだけでも良かったって思ってますから、きっと。

いつも拝見させてもらっています。
遠方でありながら、仕事に家庭に猫さんたちのことにと全力で動いておられる様子がブログから具に伝わってきます。
どうか、自分をそう責めないで。
ろーずさんは、現状から最善と思われる手段をとられたのでございましょう。
虹の橋を渡ってしまったこの子も、きっとろーずさんや猫の会の皆さんが良かれと思って動かれていたこと、わかってくれていたはずですよ。
今頃はきっと虹の橋でニャンコ先生やこはるさんやみんなと誰に追われることもない場所で安心しきって眠っていることでしょう。
どうか自分を責めないでくださいね。
部外者の私では計り知れない悲しみがろーずさんや猫の会の皆さんの胸中に渦巻いていることと思います。優しすぎる皆さんのことが心配で思わず書き込んでしまいました。

慢心
で、あなたはどう責任をとるの?
言葉だけ?

名ブロガーとしてのご自分の影響力を鑑みて、もっと慎重に行動するべきでしたね

人間の勝手な都合を押し付けられ、命を奪われた三毛猫さんが可哀想です

三毛猫さんのご冥福をお祈りします

合掌

No title

この状態で妊娠したら、その時もまた命にかかわったでしょう。
みんなを保護できればいいのはもちろんわかっていますが
団地住まいの私や猫アレルギーの母もそれは出来ずもどかしい日々です。
TNRは出来る限りやっていますが。

この子はいろんなことを教えてくれました。
ろーずさんたちはご自分を責めないでください。
寒くなりましたので、ご自愛くださいね。

ろーずさん、辛い出来事でしたね。今日のように寒い日は、おそとのネコさんさんたちが、どうしているだろうか、冬がちゃんと越せるだろうかと思ってしまいます。
私は貴女のブログをもうずっと長い事、欠かさず読ませてもらっています。貴女が、決して生半可な気持ちで、猫の活動をなさっているわけではない事も、時には無責任な餌やりさんと、粘り強く説得を続けながら、一匹でも多くのネコさんが、安心して暮らせるように奔走しておられる事も、よく知っているつもりです。
決してご自分を責めないでください。貴女はひとつも悪くありません。うまく言えませんが、小さくやせ細った亡骸を見て、今夜は私も胸が潰れそうに悲しいです。

No title

かわいそうに。
きつかったね、がんばったね。

次に生まれてくるときは、幸せになれますように。

亡くなった猫さんに声をかけてあげたい気持ちで祈りました。

(非難とかじゃなくて、ただ悲しかったのです)

ローズさんお疲れさまです。亡くなった猫ちゃん本当に残念ですが、今回の件をきっかけに次は同じ事を起こさないようにするしかないですよね。。
そしてごはん食べてる猫ちゃんたち本当に痩せてますね。。。これから寒くなっていくので心配ですよね。こういう子達が全国にたくさんいるとおもうと辛いです。
ローズさん達が行っている活動は本当に素晴らしいと思います。誰にでも真似できるような事ではないです。どうか気をおとさずに、、、

謝らないでください。
全頭を保護して里親を探せない以上は最善を尽くすしかないのですから。

そして、まだ避妊が済んでいない子がいるのですから
亡くなった子を言い訳に避妊を拒絶されないように、頑張って下さい。

No title

手術に耐えきれないほど体力が落ちていても、妊娠はする。
この現場で、この子だけの命を危険にさらすのか、集団を危うくするのか。

たとえ手術のリスクについての認識が甘かったのだとしても、
この子が死んでしまったことは辛いですが、
手術を急がなくてはいけないジレンマの中で、
ろーずさんも苦渋の決断だったのだと思います。

確かに、何かしらの医療行為をする以上、リスクは必ずあります。
ですが、今回の事情は特殊だと思います。
どうかどうか、ろーずさん、お気を落としすぎないで下さい。
次の現場でこの子のことを忘れずにいて下されば、それで十分だと思います。
非公開コメント

プロフィール

ろーずまりー。

Author:ろーずまりー。
長崎県佐世保市在住です

●こはる日和へのメールはこちら↓●

chibiumeharu777☆yahoo.co.jp

☆を@に変更して下さいね!

(大変申し訳ありませんが

保護依頼は一切受けておりません

子猫の育児相談・野良猫相談等は

時間的体力的に無理なので

全てのメールに対応出来ない場合がありますので

予めご了承下さいね^^)

医療相談は素人ですから

無責任になりますので相談は受けていません

こうめたんの角膜炎から角膜潰瘍

角膜穿孔の

治療等(フラップ手術)の経緯については

こちらを参考にされて下さい↓

http://daijyoyuukoharu.blog62.fc2.com/blog-entry-516.html

http://daijyoyuukoharu.blog62.fc2.com/blog-entry-481.html

●こはる日和はランキングに参加しています●
4ニャンへ応援クリックお願いします↓
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 猫ブログへ

●著作権について●

こはる日和内の文章及び写真の著作権は
管理人ろーずまりーにあります。
他のブログ・HP・掲示板等への転載を一切禁止します。
画像の使用に関しては
個人のパソコン内に限らせて頂きます。


●出演猫紹介●

kochibikun.jpg
こちび君ことニャンコ先生♂
1995年5月4日、目が開いたばかりの頃に
ろーずまりー家の庭に捨てられる。
里親募集をしたが問い合わせがなく
そのままろーずまりー家の一員へ
性格はおっとりで面倒見がよく優しいので
みんなから好かれるニャンコ先生だが
本当は年上好き♪
2015年3月21日午後12時05分
慢性腎不全の為
19歳11カ月で旅立ちました。

koharusama.jpg
こはるちゃん(こはる姐さん)♀
2002年4月の中旬
ろーずまりーの勤務先のドアの前で
行き倒れていた所を保護(成猫)
虐待によると思われるパニック症状があった為
里親募集はせずにそのままろーずまりー家へ
コチ君が大好きなのだが
素直になれないキレキャラ
2012年9月1日午前1時天国からのオファーが来て
大女優こはるは潔く旅立ちました。
11歳 
病名は 消化器系LGLリンパ腫



koumetan.jpg
こうめちゃん(こうめたん)♀
2006年7月8日ろーずまりーの勤務先の
ビルの中で保護(生後2ヶ月)
保護当時猫風邪がひどくブチャイクだったので
里親募集はせずにそのまま
ろーずまりー家の一員へ
甘えたさんで世話好きさんの保母キャラ
chimakisan.jpg
ちまきちゃん(ちまたん)♀
2007年7月5日道路の真ん中を歩いている所を
保護され(生後2ヶ月半)
里親募集をする為にろーずまりー家で
預かる事に…しかし車酔いがひどく募集を断念
そのままろーずまりー家の一員へ
世話好きなこうめ保母とニャンコ先生のお陰で
伸び伸びと育っています。

長崎猫の会.HPです
長崎猫の会.

こはる屋.です

こはる屋.f

全国犬猫助成金リスト

ぜんこく犬猫助成金リスト


インスタグラム

こはすたぐらむ

twitterやってます

こはる日和._twitter.jpg

mixiページ
猫様のお世話係のつぶやき

mixi.jpg

facebook

fecebook

皆様のお陰で
こうめたんがYou tube Video Awards jp2011の
ペット動物部門大賞を受賞しました^^



猫のお世話係検定フォトムービーです^^




こはるちゃん達が出てます^^



長崎猫の会.保護猫さんたち掲載の

児童書です。

長崎猫の会.編著



こはるちゃんがインタビューを受けました^^

アイリスペットどっとコム





猫用湯たんぽなどを購入しています^^







乾燥性敏感肌の方に是非お奨め



真冬の肌にはコレが欠かせません
めちゃ効きますよ




保護猫用お奨めの殺菌剤です


お奨めペットキャリーです




巨大結腸症のコチ君はコレ↓(ペット健康便さん)

2010年秋からコレを食べています




いつまでも美しくいて欲しいから

こはる姐さんはコレ




保護猫用猫砂はコレを使っています^^










時々ブログに出てくる
我が家の猫さん全員が大好きな猫缶です↓






乳飲み子保護したら





哺乳瓶はコレ





子猫用フードはコレ



美味しいらしい





中猫さんはコレ




若い猫さんはコレ



男子用




女子用



保護猫トイレはケージに入るから

やっぱりこれ↓



女子はこのサイズでも快適みたいです





多頭飼いや大きい子は








我が家の最新のキャットタワーです

高齢猫さんでも登れる低い段差が素敵です^^

コチ君お気に入りです!




トフカスサンドならココがお買い得
税込み3150円で送料無料
爽快ドラッグさん↓



いぬたま&ねこたまのMKひのきの紙砂↓


いぬたま&ねこたまのMKトフカス森の香↓



ペッツビレッジクロス↓



完全有機栽培猫草ニャッパ↓猫用品のゴロにゃん






松波動物病院です↓
保護猫のお薬でお世話になっています






我が家で使用しているカメラです




2015年からはコレ







コレ↓




安く買いたいならまずは検索↓




個人的に照明器具マニアなので


旅行行くなら


アジアン雑貨屋さんです










ネコまるでご紹介して頂きました^^



猫生活7月号に掲載して頂きました





こはるちゃんが出ています




吉川景都先生とのコラボ企画で

我が家の4にゃんずが漫画で登場しています^^

帯コメントを書かせて頂きました!

































イイ歌です↓





☆ペットを愛する人たちの為の
コミュニティサイトで
こはる日和を紹介して頂きました☆
サイトはこちら↓
E-petwebへGO!

☆女性にとって「残したい・伝えたい」、
価値ある情報をみんなでノートしよう!☆
サイトはこちら↓
B-noteへGО!

WebSpace 無料レンタル掲示板・日記

障害者スポーツ応援クリック募金



☆トラバックについてのお知らせ☆
スパムが多くてトラバックを承認制にしています。

☆ブログの内容に関係のないコメント
(スパム・宣伝目的と思しき内容)
または嫌がらせ・言いがかり・不愉快な内容など悪質コメントと
管理人が判断した場合は予告なく
削除させて頂きますので予めご了承下さい。

また他のサイトへのリンクもご遠慮下さいませ。

☆ただ今コメントのお返事はお休みさせて頂いて
いますが、いつも楽しく読ませて頂いています^^
コメレスしなくて大変心苦しいのですが
それでもいいよと…
コメントを残して下さると大変嬉しいです!☆

コメント頂きました!
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
Powered By FC2ブログ
skyticket 無料blog 無料・レンタル・掲示板 アフィリエイト カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
70匹の里親募集
河原猫ブログへ"
リンク